着物の収納と保管 桐箪笥?プラスチックケース?注意点と虫干し法
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の収納と保管 桐箪笥?プラスチックケース?注意点と虫干し法

着物の収納・保管は桐タンス?注意点と虫干し法

着物の収納といえば「桐ダンス」が一番といわれていますが、それはなぜでしょう?

 

また桐ダンス以外なら、どのような保管をするとよいでしょう。

 

大切な着物ですから「安全で安心な保管方法を」って思いますね。

 

ここでは着物の収納・保管について詳しくお話します。

 

また「虫干し」についても参考にしてくださいね。

 

  1. 桐箪笥が着物の収納に一番よいといわれるわけ
  2. 桐箪笥に代わる収納方法
  3. 洋服ダンスに収納した場合の注意点
  4. プラスチックケースに収納する場合の注意点
  5. 着物の虫干しの方法
  6. 防虫剤の必要性

 

では最初に桐箪笥の特徴をみてみましょう。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

桐箪笥が着物の収納に一番よいといわれるわけ

 

「着物の収納は桐箪笥に決まっているわ」と着物の大先輩は言うでしょう。

 

その理由としては、桐箪笥は湿気を寄せ付けにくいという特徴があるからです。

 

着物は湿気が多いところでは、カビが生えやすくなり生地や染色を傷めてしまうからです。

 

日本の気候は多湿、そのため「カビ」が発生しやすい環境になってしまうのです。

 

 

桐箪笥の素材の特徴

 

次に湿気を寄せ付けにくい桐箪笥の特徴をみてみましょう。

 

 

湿度の調節機能がある

 

桐箪笥は、湿度が高くなると湿気を吸収して膨張し、湿度が低くなると湿気を放出して収縮します

 

桐箪笥が雨の日に開けにくく、天気のよい乾燥した日にはすーっとあくのはそのためです。

 

湿気の多いときに膨張した桐箪笥は、箪笥の気密性を高めます。

 

そのため外気の湿気が入りにくくなり、中の着物に余分な湿気が含まれにくくなるわけです。

 

それで着物はカビの発生を予防できるというわけです。

 

 

逆に、湿度が低くなると箪笥が収縮し、隙間ができます。

 

すると箪笥の中に、乾燥した空気が入り込み、箪笥内の湿度が低くなります

 

そのため、カビの発生を防ぐことができるのです。

 

 

虫がつきにくく燃えにくい

 

桐箪笥は湿気の調節をしてくれること以外にも、桐自体が「虫が付きにくい」、「燃えにくい」という特性もあります。

 

虫がつかない、燃えにくい、どちらも大切なものを入れておくのに大事な要素ですよね。

 

このような理由で、「着物は桐箪笥に」といわれるわけですね。

 

<桐箪笥が着物によい理由のまとめ>

 

  • 湿度の調節機能がありカビを寄せつけにくい
  • 虫が付きにくい
  • 燃えにくい

 

桐箪笥のよさはわかりましたが、「桐箪笥はとても高価」という印象がありますね。

 

また「桐箪笥を置く場所がない」という住宅事情もありますね。

 

ではそんな場合はどうするとよいでしょう?

 

 

桐箪笥に代わる収納方法

 

着物の収納保管・振袖袋帯

 

桐箪笥でなくても、着物を保管することはできます。

 

洋服ダンスやプラスチックケースなどでも、保管できます。

 

ただ、それぞれちょっとした注意は忘れないようにしたいです。

 

 

洋服ダンスに収納した場合の注意点

 

洋服ダンスの場合は、湿気がこもりやすいです。

 

ですから閉めっぱなしにするのでなく、晴れた日や湿度がひく日は扉を少し開けておくとよいです。

 

そうすれば洋服ダンス内の湿気を、放出することができます。

 

そして乾燥した季節(7月下旬~8月上旬、9月下旬~10月上旬、1月下旬~2月上旬のうち、年に2回)は洋服ダンスから出して、「吊るし干し」にするとよいでしょう。

 

これを「虫干し」といっていますが、湿気をとばし着物を乾燥させることで害虫被害から守りやすいです。

 

特に下の方に重なっている着物ほど、湿気をためやすいので注意します。

 

 

プラスチックケースに収納する場合の注意点

 

便利な収納家具に、「プラスチックケース」があります。

 

重ねることができるので、収納力がありますね。

 

「プラスチックケース」で着物を保管するにあたっても、洋服ダンスのときと同じような注意をしておきましょう。

 

乾燥している日に時々扉を開ける、乾燥した季節に年2回虫干しする

 

 

着物の虫干しの方法

 

虫干しは着物も帯も一枚一枚を広げて、着物ハンガーなどで吊るすのが理想的です。

 

でも枚数が多い、スペース的に無理ということであれば、たたんだ状態で部屋にはったロープに掛けるなどでもよいでしょう。

 

そして以下のことを守って行ってくださいね!

 

  • 風通しのよい部屋で
  • 直射日光をあてないようにして
  • 蛍光灯の光にもあてないようにして
  • 夕方までにはしまう

 

え?面倒そうですって?

 

それならできるだけ晴れた日に着物を着るようにするとよいですね(^o^)

 

湿気の少ない日に、着て外出することが虫干しの代わりになります。

 

 

防虫剤の必要性について

 

着物の収納保管・若い着物姿の女性

 

絹の着物は、ほとんど虫にやられることはありません。

 

でも絶対ではないですから、匂いのない防虫剤を使うとよいと思います。

 

使うのは必ず一種類だけにしておきます。

 

複数使うと、こんな困ったことが起こるからです。

 

  • 衣類にシミができる
  • 匂いがひどくなる
  • 有害物質を発生する

 

天然成分由来の防虫剤で、無臭のものがなお安心です。

 

 

収納の仕方は同素材で

 

着物帯の模様アップ写真

 

収納の考え方には、この二つが一般的です。

 

  1. 「季節ごとに分ける」
  2. 「用途によって分ける」

 

数が多くないなら、季節ごとに分けシーズン到来とともにすぐに利用できるようにするとよいですね。

 

そして生地の材質ごとに分けておくのも、よい方法だと思います。

 

材質の同じものは、保管収納する際の扱いが同じなので、防虫剤を入れる量、湿気を発散させるタイミングを同じくできるからです。

 

  • 絹のものは絹同士
  • 木綿のものは木綿同士
  • ウールのものはウールのもの同士
  • 洗える着物は洗える着物同士

 

帯も素材ごとにまとまっていた方が、着物とのコーディネートを考えるときに便利です。

 

そして上段ほど品質のよいものを入れて、少しでも湿気をさけるようにします。

 

箪笥の下よりは上に、押し入れの下段よりは上段に、品質のよいものを保管するようにします。

 

 

虫の被害にあいやすい素材

 

素材としてはウールの着物が虫の被害にあいやすいです。

 

ウールは虫のエサになり、卵を産み付やすいからです。

 

そのためウール着物や帯の保管には防虫剤をいれて保管するのがよいです。

 

ウール素材のものは一つにまとめて、防虫剤を有効に効かせましょう。

 

 

着物の収納と保管 桐箪笥?プラスチックケース?注意点と虫干し法・まとめ

 

上質な着物は桐箪笥へ収納するのが望ましい。

 

他には、洋服ダンス・プラスチックケースでもいいでしょう。

 

その際は湿気をとるため、年2回以上は「虫干し」を。

 

防虫剤は一種類だけにし、無臭のものがおすすめです。

 

着物で外出することで虫干しの代わりにするのもよし。

 

最近は、桐箪笥でキャスター付きでウォークインクローゼットに収納しやすいタイプのものが出ていますね。

 

プラスチックケースもキャスター付きなら、風通しのよい部屋へ移動させるのも簡単です。

 

収納に適したサイズを確認して利用してくださいね。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。