白足袋の手入れ・白いまま長持ちさせる洗い方干し方!

白足袋長持ちさせる洗い方・干し方

着物・和装といえば足元は「足袋(たび)」です。

白い足袋は欠かせないですが、くすんだり汚れがつきやすいですね。

よく利用するからこそ、「白いままで長持ちしてほしい!」です。

そこで、長持ちする洗い方や干し方を詳しくお話します。

また汚さない工夫なども含め以下の順に。

  1. 白足袋を白いまま長持ちさせる洗い方
  2. 足袋にシワを残さない干し方
  3. より白く真っ白にしたいとき
  4. お出かけ時に汚さない工夫

スポンサーリンク


白い足袋を白いまま長持ちさせる洗濯方法

まず足袋の汚れですが、以下のように内から外から汚れがつきます。

  • 皮膚から出る汗を含む皮脂
  • はいてる間の土埃や泥

白足袋を手洗いするときのコツ・ポイント

足袋は縫い目が多いので、細かい汚れを落とすには手洗いが一番です。

まず手洗いの方法をから紹介します。

<用意するもの>

  • 洗濯用固形石鹸または洗剤
  • 古い歯ブラシ(やわらかタイプ)
  • 洗面器(洗面所にお湯をはってもOK)
<洗い方のポイント>

  1. 洗面器にぬるいお湯を入れて、石鹸(洗剤)を少しとかす
  2. 足袋をひたし汚れのあるところに石鹸をつけ洗う
  3. 石鹸をつけたブラシを利用し、足袋の底・ふちどり・かかとなど洗う
  4. 全体を軽くもみ洗いする
<すすぎ方、干し方のポイント>

  • すすぎは3回以上行う
  • タオルで水分をとる
  • 陰干しする

足袋にシワを残さない干し方

足袋の洗い方・干し方で、干してある様子

◆こはぜで隠れるところをつまんで干す

以下の要領で、シワを残さないように干しましょう。

<シワを残さない干し方のポイント>

  • 足袋の裏の端をもって、てたに伸ばす
  • 指先とかかとを持ってたてに伸ばす
  • 足首部分を伸ばす
  • 足首部分と指先の端をもって伸ばす
  • こはぜで隠れるところを洗濯ばさみでつまんで干す

乾いた後アイロンはいりません。

洗濯機で洗う場合のコツ

手洗いが一番いいとしても、やはり面倒でもありますね。

「洗濯機でなんとか。。」というなら、こんな方法で。

  • 足袋の底と部分的な汚れを石鹸とブラシで軽く洗う
  • 洗濯ネットにいれ洗濯機に
  • シワを伸ばして陰干しする

洗濯機でも、ひと手間を惜しまなければ長持ちさせることができます。

干すときは先の<シワを残さない干し方のポイント>を参考に干してください。

より白く真っ白にしたいとき

なんとなくくすんできたなと感じたら、「酸素系漂白剤」を利用して白さを戻しましょう。

ぬるま湯に粉末の酸素系漂白剤をとかし、30分ほどおいてから洗濯することで白さアップです。

洗うのはその日に、がベスト

足袋の基本のお手入れは、脱いだらその日のうちに洗うのが最もよいです。

放置しておくと汚れがとれにくくなります。

お風呂のときに洗えば、面倒でもないですよ。

お出かけ時に汚さないために

白いストレッチ素材の足袋

外出中、乗り物や階段の昇降で、足指先が汚れてしまったことはありませんか?

目立つところですから気になりますね。

でも出かけた先で白足袋を履き替えるのは大変です。

そんなときの便利品が、「ストレッチ素材の白い足袋」

これを足袋の上から重ねてはいてお出かけします

そうすれば、家にいるときの汚れ・道中での汚れを防げます。

白足袋の手入れ・白いまま長持ちさせる洗い方干し方!まとめ

手洗いする方法が、白足袋を長持ちさせます。

よくすすぎ陰干しすることで、黄ばみを防ぎ生地の傷みを防ぎます。

目的地までの汚れ防止にストレッチ素材の足袋の重ね履きはおすすめ。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました