た行

◆男性長じゅばんに紺色の半衿男性が着物を着るとき、女性と同じように長じゅばんに半衿を取り付けます。半衿とは、長じゅばんの衿を汚さないために付けてある長方形の布です。汚れたら半衿だけ取り外して洗います。普段用の着物には、お顔うつりのよい色の半...

着物の「共衿(ともえり)」とは、衿汚れを予防するために着物の衿に取り付けられた短い衿のことです。「掛け衿」ともいいます。着物を反物から仕立てるときに、ちょうど裁断できるようになっています。着物姿のとき、衿のところはいつも共衿になっているので...

◆着物と長じゅばんの衿の間に伊達衿をつけている伊達衿(だてえり)は、付け下げ・訪問着・振袖などの礼装の着物にあわせる、大きさが120×11センチくらいの長方形の布です。下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、胸元が華やかになり...

爪皮=「つまかわ」とよみます。爪皮(つまかわ)は、下駄の前方に取り付けて、足や鼻緒を雨やどろからよけるためのものです。また寒い季節、足先の防寒用にも用います。別名、「下駄カバー 」または「 爪(つま)かけ」。爪皮(つまかわ)の形状◆爪皮爪皮...

縮緬とは、生地の表面に「しぼ」と呼ばれる凹凸おうとつのある生地をいいます。生地をつくる際、よこいと(緯糸)に強くねじった糸を用いてつくることで、「しぼ」が生まれます。糸をねじることを撚(よ)りをかけるといい、縮緬の布を作るには、右に撚った糸...

「手ぬぐい」は、約34×約90センチの薄い木綿の布です。タオルが一般家庭に普及するまでは、「手ぬぐい」がさまざまな用途で使われていました。手ぬぐいの用途・昔昔、手ぬぐいが一般家庭でよく使われていた時代の手ぬぐいの用途をみてみると、台所では、...

つむぎ(紬)の着物とは、絹のきものの一種類です。繭(まゆ)を煮てほぐし、よってから糸にしたものを、織り上げて反物にして、仕立てます。糸はところどころにふしがあり、均一ではありません。織られたきものは、非常に暖かく、かつ通気性があります。つむ...