縮緬(ちりめん)とは 生地/布 種類を解説(着物用語)

縮緬の着物生地 型染め

縮緬とは、生地の表面に「しぼ」と呼ばれる凹凸おうとつのある生地をいいます。

生地をつくる際、よこいと(緯糸)に強くねじった糸を用いてつくることで、「しぼ」が生まれます。

糸をねじることを撚(よ)りをかけるといい、

縮緬の布を作るには、右に撚った糸と左に撚った糸を交互に織り込んでいきます。

ここでは「着物用語」として縮緬についてざっくりとした説明をしています。

スポンサーリンク

縮緬ができる仕組み

縮緬の着物生地 型染め

右に撚った糸と左に撚った糸を交互に織り込んでいき、布が織りあがったとします。

その後暖かいお湯の中で糊を落とすと、

糸の撚りが戻ろうとする力が発生します。

右撚りの糸は左に、左撚りの糸は右に戻ろうとして分かれることで、

布の表面に「しぼ・凹凸」が現れます。

縮緬の種類は緯糸の組み合わせでできる

このねじった緯糸の組み合わせによって、

風合の異なる縮緬生地が生まれます。

代表的なちりめんとして以下があります。

  • 一越ちりめん
  • 二越ちりめん
  • 古代ちりめん
  • 紋綸子ちりめん
  • 紋意匠ちりめん
  • 駒綸子ちりめん
  • 縫取りちりめん

白い縮緬生地を染める

縮緬は友禅染めや型染め、絞り染めなどの染めの着物に用いられます。

染める前の白い縮緬の生地は、

  • 滋賀県長浜市
  • 京都の丹後地方

で主に生産されています。

長浜市では、浜縮緬と呼ばれる模様のない白生地が生産されており、

丹後地方では、無地縮緬と紋縮緬が織られています。

縮緬の始まり

縮緬は、江戸時代の中期に、丹後に住んでいた絹屋佐平治さんが、

京都で勉強した技を持ち帰ったのが始まりとされています。

きもの・和装用語あれこれた行
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました