「千鳥柄・模様」意味と季節・着物も秋冬向きの模様なの?

千鳥柄 かわいらしい千鳥の文様 

着物(和服)によく使われる「千鳥柄」(千鳥模様)は、とても可愛らしい柄なので好きな方も多いと思います。

「千鳥柄」は着物の文様の一つで、写実的なものから単純化された文様まであります。

ここでは「千鳥」の意味と季節について考えてみました。

スポンサーリンク


着物の千鳥柄の意味

千鳥柄(チドリ模様)の白地の単衣の羽織

◆千鳥柄(模様)のひとえの羽織

一般的には水辺で見られる群れを成している鳥のことを千鳥 とよんでいます。

夏の終わりから秋にかけて(8月から9月)干潟にはシギやチドリの仲間が集まってきて、ここで餌を食べながら過ごし、さらに南へ移動するためのエネルギーを補給します。

彼らは春にまた干潟に戻ってきて、そしてさらに北へと渡っていきます。

万葉集では、群れを成している普通の鳥のことを千鳥としているものもありますし、字のごとく沢山(千)の鳥を意味してつかわれてもいました。

千鳥柄の季節

千鳥柄(チドリ模様)白地に5色のちどり アップ

千鳥柄を着る季節については、特に風習はないですが、和柄の場合は素材と裏地の有り無しで判断すればよいでしょう。

  • ウールの生地に描かれた千鳥柄なら、春、秋、冬に。
  • 正絹(シルク)で裏生地がついている(袷・あわせ)なら、春、秋、冬に。
  • 夏用の裏地のない生地に千鳥模様であれば、やはり夏に。

というように。

和柄の千鳥柄は、主に秋冬向きが多いような気がします。

千鳥格子は千鳥ではない

「千鳥格子」というと、一般的には白と黒の配色のチェック柄の一種で 輪郭を崩したチェック模様をいいますね。

私たち日本人は、その模様が千鳥の飛ぶ様子に似ているのでそう呼んでいますが、海外ではそうではありません。

「ハウンドトゥースチェック」と呼ばれています。

hound(ハウンド)は猟犬、tooth(トゥース)は歯、つまり「犬の牙の形」という意味です。

柄に対するイメージは、日本と海外とではずいぶんと違うのですね。

洋服の場合は、千鳥模様(千鳥格子)が使われる生地は主に秋冬用です。

素材的に春に向くものなら、春に着るのも問題ないです。

ついでに・千鳥足の由来になった歩き方

ついでの話ですが、酔った人の、ふらふらしつつも途中で一旦立ち止まるような歩き方「千鳥足」は、千鳥の歩き方が由来といわれています。

チドリ類の鳥の歩き方はとても特徴的です。

素早く走ったのちに急停止、静止した後に急に方向を変えて走り出すなど。

急に止まっては走る方向を変えてまた走るなどを繰り返すという特徴があります。

かわいらしい和柄の千鳥柄は、小さな鳥がむれをなして飛んでいる様子が描かれています。

水辺で空で、昔から季節の移り変わりの風景の一つとして親しまれてきたのですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました