着物を長く愛用するために

着物を長く愛用するために

着物ハンガーがない!代用品は自作できます・おすすめの方法は

◆着物ハンガーの代用品にきものをかけています 着物や浴衣は脱いだら「着物ハンガー」にかけましょう。 といわれても、着物ハンガーそのものがないという人もあるでしょう。 着物をめったに利用しないなら、代用品を身近なもので自作しちゃいましょう。...
着物を長く愛用するために

「かんぬき止め」のやり方・画像付き詳細解説です(手縫い)

◆「かんぬき止め」の例 この写真はウールのひとえの着物の左袖の袖付二か所と、身八つ口止まりの「かんぬき止め」のしてあるところです。 「かんぬき止め」は動きの激しいところの生地が破れないように、また縫い目がほつれないようにする和裁の縫い方の...
着物を長く愛用するために

ガロンテープ(ガロンレース)とは・取り付け方を画像で詳しく解説・代用品なら

ガロンテープ(ガロンレース)は、着物の傷みやすいところにあらかじめつけておいて、傷みを予防する布のテープです。 主に紬やお召しの着物の傷みやすいところ、裾や袖口に取り付けます。 傷みやすいところ、つまり擦れるところで、裾や袖口の内側につけ...
着物を長く愛用するために

共衿(掛け衿)の付け替え・汚れた共衿を自分でお手入れ(詳細解説)

着物の「共衿」は、着物の地の衿にかけてある長さ90センチほどの衿です。 そのため「掛け衿」ともいいます。 「共衿」は反物から着物を仕立てるときに必ずできる布です。 「共衿」がある位置は、着物のなかでも汚れが付きやすいとろ。 もし汚れたら、...
着物を長く愛用するために

上質(高級)な着物にサビ・カビ・シミ・変色をさせない方法・トラブル対処法も

あなたの上質(高級)なお着物は、大切に保管されていることと思います。 保管状態がよければ、サビ・シミ・カビなどの発生もなく、生地の変色もなく保存できているはずです。 それでも何らかのトラブルが起きてしまうことがあります。 トラブルの原因は...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました