着物ハンガーがない!代用品は自作できます・おすすめの方法
スポンサーリンク

着物ハンガーがない!代用品は自作できます・おすすめの方法

着物ハンガーの代用品自作、着物をかけてあるところ

◆着物ハンガーの代用品にきものをかけて

 

着物や浴衣は脱いだら「着物ハンガー」にかけましょう。

 

といわれても、着物ハンガーそのものがないという人もあるでしょう。

 

着物をめったに利用しないなら、代用品を身近なもので自作しちゃいましょう。

 

自宅になくても、ダイソーやセリアなど100均で用意できるものばかりですよ。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

着物ハンガーの形

 

先にに着物ハンガーがどんな形をしているかみてみましょう。

 

着物ハンガー 二種類

◆着物ハンガー 二種類

 

代表的な着物ハンガーがこれです。

 

幅は約50センチ。

 

二段になっていて、下には帯やひも類をかけておくことができます。

 

実際使うときは、袖(裄・ゆき)の部分を伸ばして使います。

 

着物ハンガー 二種類 伸ばしたところ

◆着物ハンガー 伸ばしたところ

 

これで幅は126センチです。

 

裄丈(ゆきたけ)が66センチの着物なら、66×2=132となり、

 

袖の端の数センチは、ハンガーから出てしまいます

 

袖の先はそんなに重くないので、しわになることはありませんからこれでよいのですが、

 

自分で代用品を作るなら、自分の着物の裄丈に合わせて作れますね。

 

では自作してみましょう。

 

いくつか方法はあるのですが、一番おすすめなのがこれ。

 

 

着物ハンガーの代用品・おすすめ

 

用意するのは、このふたつ。

 

スカートやスラックス用ハンガーと突っ張り棒

◆スカートやスラックス用ハンガーと突っ張り棒

 

  • スカートやスラックス用のハンガー
  • 突っ張り棒

 

 

簡単に着物ハンガーに

 

着物ハンガーの代用品自作、着物をかけてあるところ

◆着物ハンガーの代用品にきものをかけて

 

あっという間にに着物ハンガーになりますよ。

 

  1. 袖の端から端までのサイズに突っ張り棒を伸ばす
  2. 突っ張り棒に両袖を通す
  3. 中心をスカートハンガーではさむ

 

先に袖を通しておく方がやりやすいと思います。

 

着物ハンガーの代用品自作、着物をかけて衿付近のアップ

◆着物ハンガーの代用品、着物の衿付近のアップ

 

衿の部分がスカートハンガーにかかり、広衿でも大丈夫。

 

カーテンレールにかけていますが、鴨居やラックなどご自宅にあうところへ。

 

※ひっかける部分をのばすには、ひもやS字フックを利用すればよいですよ。

 

 

ダイソーやセリアで代用品

 

おすすめのこの代用品は、ダイソーやセリアで入手できます。

 

他に「バスタオルハンガー」でも代用できそうです。

 

ただ、長さは裄丈×2に満たないので、袖付けのところまでの長さならよいでしょう。

 

注意点は袖付けのところちょうどの長さ(幅)にすること

 

そこをはずすと、身ごろか袖にハンガーのあとがつくかもしれないので。

 

 

帯やひも類は洋服ハンガーを

 

自作した代用のハンガーは、着物用専用のハンガーと違い帯や紐類をかけるところはないです。

 

帯やひもは洋服用のハンガーを利用してね。

 

 

着物ハンガーがない!代用品は自作できます・おすすめの方法、まとめ

 

突っ張り棒とスカートハンガーを使っての着物ハンガーの代用品が一番おすすめ。

 

浴衣だけならこれがあれば充分代用できます。

 

着物を時々着るようになったら、着物用のハンガーがあるとやはり重宝します。

 

100均で「着物ハンガー」があるという情報も。お近くのお店にもしかして売っているかも。

 

(きらこ よしえ)

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。