帯の基本の手入れ・シワとりアイロンのあて方から保管の方法
スポンサーリンク

帯の基本の手入れ・シワとりアイロンのあて方から保管の方法

帯の基本のお手入れ・アイロンのあて方・保管の仕方

 

帯の基本のお手入れ方法、アイロンのあて方から保管までをお伝えします。

 

帯といっても礼装のときの帯から浴衣の時の帯まで、

 

素材や芯のありなしなど種類があります。

 

またシワをとるにあたり、種類により注意したいこともあります。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

帯の基本の手入れ

 

帯の手入れ・ハンガーに二本干してあるところ

◆ハンガーに帯をかけて湿気とり

 

帯を脱いだらまずハンガーにかけ日光のあたらないところで2時間以上おきます。

 

こうして体温や湿気を取り除いてから、汚れがないかどうか見てみます。

 

どの帯もまずホコリをはらっておきましょう。

 

  • 柔らかい木綿の布
  • 毛足の柔らかいブラシ

 

でそっとぬぐいます。

 

汚れがつきやすいのはこの二か所。

 

  • 胴帯の前にくるところ
  • お太鼓のところ

 

よく見て、汚れがついていないことを確認。

 

  1. 帯の手入れ・シワをとる方法
  2. 帯は洗わない方がいいのかどうか
  3. 帯の汚れ・シミの対処
  4. 刺繍のほつれ直し
  5. 帯の保管方法

 

この順にお話しますね。

 

 

帯の手入れ・シワをとる方法

 

袋帯で変わり結び

◆袋帯で変わり結び

 

華やかな帯結びをすると、どうしてもシワがついてしまいます。

 

まずはアイロンをあてないでシワをとるようにします。

 

 

アイロンをあてずにシワをとる

 

  • シワのある帯の裏側に白い木綿の薄手の布を置き、手のひらでなでる
  • たとう紙につつみ、座布団をのせるか他のたとう紙に包んだ帯などを上に重ねる

 

浴衣帯・半幅帯は、二分の一の長さにしてから巻いておきます。

 

半幅帯・浴衣帯は巻く

◆浴衣帯・半幅帯は巻く

 

この方法でほとんどの帯のシワはとれるはずです。

 

 

帯にアイロンをあててシワをとる方法

 

きれいにシワをとりたい場合は、アイロンをあてます。

 

初めてアイロンをあてる帯は、以下の順でお試しくださいね。

 

  1. 裏側から「あて布」をして中温でかける
  2.  

  3. それでシワが取れない場合は、あて布に霧をふいて帯にのせそこにアイロンをあてる
  4.  

  5. それでもとれないときは、表側から同じ作業をする(目立たない場所で色が変化しないのを確かめてから)

 

<アイロンをあてるときの注意点>

 

  • アイロンは軽く押す程度の力ですばやく動かす
  • 刺繍や金銀箔は特に注意してそっとかけるかまたはかけない

 

(※絶対大丈夫とはいえないので、自己責任でお願いします)

 

 

帯は洗わない方がいいのかどうか

 

しゃれ袋帯で二重太鼓

◆しゃれ袋帯で二重太鼓

 

帯は衣類とはいえそう汚れるものではないので、帯は基本的には洗いません。

 

ですが近年洗いの技術がすすんで、引き受けてくれるお店も増えています。

 

気になる方はクリーニングに出すのはよいのですが、

 

帯は素材や織りが複雑なので、着物クリーニングの専門店に依頼してください

 

 

帯を洗わないのはどうしてか

 

帯には芯の入ったものが多く、素材や織りが複雑です。

 

帯を洗わない方がよい理由は以下のことが考えられます。

 

  • 袋帯や名古屋帯の絹の素材は水を含むと収縮しやすく形がくずれやすい
  • 綿や麻の素材も水分の吸収で収縮がおこることがある
  • 洗うことにより帯芯がぬれると自然乾燥では乾きにくく、保管中のカビ発生につながる
  • 帯と帯芯の収縮率が異なると、帯芯がはがれる・帯におかしなシワがよるなど、取り返しがつかなくなることがある
  • 絞りは見た目が損なわれることがあり、刺繍糸から染料が出ることがある

 

 

「浴衣帯」なら洗えるか

 

リバーシブルの浴衣帯後ろ姿

◆リバーシブルの浴衣帯

 

浴衣帯なら洗えるかといえば、メーカーが洗えると表示しているものだけ洗いが可能でしょう

 

そうでないものは、型崩れや収縮がおこることがありえますので、自己責任でお願いします。

 

また形ができあがっている「作り帯」は、変形しやすいのでやめた方がよいです。

 

 

帯の汚れ・シミはどうする?

 

帯についた汚れやシミは、「悉皆や」や着物クリーニングの専門店に依頼します。

 

そのまま任せると「丸洗い」(いわゆるドライクリーニング)で終わる可能性があり、ピンポイントの汚れやシミがとれないことがあります。

 

必ず「染み抜き」をしてもらうようにしましょう。

 

その汚れやシミが、どんな種類のいつついた汚れ・シミなのかを必ず伝えましょう。

 

刺繍のほつれの直しについて

 

刺繍のあるアンティーク帯

 

刺繍のある帯は、小さなきっかけで刺繍の糸がほつれることがあります。

 

補修できることがあるので、悉皆やさんか呉服屋さんに依頼してみましょう。

 

 

帯の保管方法

 

保管は湿気のたまらない家具に収納します。

 

和服用のたんすが望ましいですが、他の木製家具などでもOKです

 

たくさん積み上げて入れっぱなしにすると、湿気がたまりやすいです。

 

ビニール製のものには入れず、年に何回かは取り出し乾燥した空気にあてるようにしましょう。

 

 

帯の基本の手入れ・シワとりアイロンのあて方から保管の方法・まとめ

 

帯のシワは「あて布」を用いて中温で。

 

帯は基本洗いませんが、クリーニングできるお店も増えてきました。

 

気になるシミや汚れは、着物を扱う専門店に依頼を。

 

帯も着物と同様湿気を嫌います、時に乾燥した空気にあてましょう。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。