小袋帯とはなんですか?どんな着物に合わせるのですか?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

小袋帯とはなんですか?どんな着物に合わせるのですか?

半幅帯・小袋帯

小袋帯とはなんですか?どんな着物に合わせるのですか?

小袋帯(こぶくろおび)というのは、いわゆる半幅帯のことです。

 

袋帯と同じように二枚の生地が袋状になっていて、袋帯の半分の幅です。

 

たいていは幅15センチ、中には17センチほどの幅のものもあります。

 

長さは3.5メートルから4.0メートルほど。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

小袋帯はひとえ半幅帯との区別として

 

小袋帯という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、半幅帯の種類を説明するときなどに、

 

「半幅帯には、小袋帯とひとえの半幅帯がある」という説明をしたりします。

 

たいていは裏と表の生地の素材は同じで、模様は別になっているものが多く、

 

好きな面を表として利用できるものがほとんどです。

 

帯の端がそのままで販売されていることもありますし、内側に折り縫い留めてあるものもあります。

 

 

どんな着物に合わせるのか

 

半幅帯・小袋帯を紬の着物に合わせている着姿

◆小袋帯・半幅帯を紬の着物に合わせています

 

浴衣、木綿、ウールの着物だけでなく、袷(あわせ)の着物である小紋や紬着物にも合わせることができます。

 

普段着には「文庫」や「貝の口」に結び活動的に。

 

華やかな柄で長さが4メートル前後ある小袋帯なら、結び方を工夫して外出用やパーティーなどに利用もできます。


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。