一文字結び(半幅帯)の結び方・画像の順で解説、袴のときも

半幅帯で一文字結びを結んだ後ろ姿

「一文字結び」は、半幅帯か浴衣帯で結ぶ帯結びです。

軽快であっさりした帯結びです。

普段に着る着物や浴衣のときに利用します。

袴をはくときもこの一文字結びをします

では「一文字結び」の結び方を説明します。

スポンサーリンク


一文字結び(半幅帯)の結び方

あまり長くない半幅帯を利用しましょう。

胴に二巻きして手を上にひと結び

半幅帯で一文字結びの手順、手を上にひと結びしたところ

まず手先を半分の幅にして、55センチほどとって胴に二巻きします。

その際、帯の下をもって引き締めます。

手先が上になるように、しっかりとひと結びします。

手先は衿にクリップで留めておきます。

たれ先から羽根の幅をとる

半幅帯で一文字結びをする、たれ先から羽根の幅をとる

たれの先から20~25センチの幅をとります

たれの先が内側になるように巻きます。

一つ山三枚ひだをとる

半幅帯で一文字結びをする、一つ山三枚ひだをとる

重なっている羽根をそろえて、たれの元をしっかりとひらきます。

羽根に「一つ山三枚ひだ」をとります。

手先をおろし結び目をとおす

半幅帯で一文字結び、手先をおろし結び目をとおす

手先をとめていたクリップをはずして、手先をおろします。

羽根の中央から結び目へ通して、上にむかって引き締めます。

もう一度手先をおろして胴帯の内側へ

半幅帯で一文字結び、もう一度手先をおろして胴帯の内側へ

もう一度手先をおろし、胴帯の内側へ、そして下へ通します。

出ている手先は巻いて胴帯の内側へ

半幅帯で一文字結び、出ている手先は巻いて胴帯の内側へ

胴帯から下に出ている手先は、外側にくるくると巻いて胴帯におさめます。

一文字結び完成

半幅帯で一文字結び、一文字結び完成

半幅帯を使っての「一文字結び」の完成です。

帯が長いときの結び方のヒント

4メートル近くある長い帯の場合は、手先の長さを少し余分にとります

そうすると最後にしまいこむ分が長くなります。

羽根の形が安定しやすく胴帯がゆるみにくくなります。

自分で結ぶ場合

自分で結ぶ場合は、手先をしまい込むまでの段階を体の前で行います。

右方向に背中に回して、手先を胴帯におさめます。

<関連ページ紹介>

女性の袴は「一文字結び」にします。

女袴の着付けについてはこちら⇒「卒業式の袴の着付け方法・レンタルでも着崩れしないポイント(画像の順で)」

一文字結びの羽根を大きくした「文庫結び」はこちら⇒「文庫結び(半幅帯)の結び方・画像の順で解説・アレンジも紹介」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました