貝ノ口(半幅帯)の結び方・画像の順で解説・簡単アレンジも

半幅帯で貝ノ口結びの結び方・ちょっとアレンジも

半幅帯で貝ノ口結び完成形

半幅帯で「貝ノ口結び」を結んでみましょう。

背中にぴったりとついた結びなので、日常に着物を着るときの帯結びとして最適です。

イスにもたれることができるので、現代の生活にもマッチしています

  • プライベートな小旅行
  • 近所のお買い物
  • 車の運転(履物・たもと注意)

にも向いています。

スポンサーリンク


貝ノ口(半幅帯)の結び方と手順

半幅帯で貝ノ口結び、手順を画像入りで解説、胴に二巻きしたれを手と同じ長さにする

まず手先を半分の幅にして、50~55センチほどとって胴に二巻きします。

手先の長さと同じ長さになるよう、たれの長さを調節します。

半幅帯で貝ノ口結び、たれの長さを調節します

たれの余りは、二重目の胴帯の内側に入れ込んで、長さを調節します。

半幅帯で貝ノ口結び、手を下にしてひと結びする

手を下にしてひと結びします。

半幅帯で貝ノ口結び、たれの元はまっすぐにする

結び目のたれの元は、画像のようにまっすぐにします。

半幅帯で貝ノ口結び、たれを斜めに折りあげる

たれを斜めに折り上げます。

半幅帯で貝ノ口結び

手先を折りあげたたれに差しこみ、形を整えます。

完成です。

ゆるみやすい帯には帯締めを

半幅帯で貝ノ口結び、帯締めを通す

帯締めで形を固定すると安心です。

特に化繊の帯はゆるみやすいので、帯締めをする方がよいと思います。

このときの帯締めは、キツク締める必要はありません

貝ノ口結びをちょっとアレンジ

半幅帯で貝ノ口結び、アレンジ

手先を開いて貝ノ口の結びの表情を変えてみました。

裏側の色がきものとのバランスがよければ、裏面をつかってみましょう。

貝ノ口(半幅帯)の結び方・画像の順で解説・簡単アレンジもおわりに

半幅帯で結ぶ「貝ノ口」は、背中にぴったりとそう結び。

イスに座る、活発に動くといった生活の場面にぴったりです。

手先をやや長くとってもよく、自分に合うバランスで結んでください。

浴衣のときの帯結びとしてもOKです。

車の運転に向きますが、自治体により「着物を着て運転するのは違反」の場合も。

また履物の制約があるかもしれないので、確認してくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました