貝ノ口(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説・ちょっとアレンジ
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

貝ノ口(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説・ちょっとアレンジ

半幅帯で貝ノ口結びの結び方・ちょっとアレンジも

貝ノ口半幅帯解説

 

「貝ノ口結び」は、半幅帯で結ぶ帯結びです。

 

背中にぴったりとついた結びなので、日常に着物を着るときの結びとして最適です。

 

「貝ノ口結び」のよいところは、現代の生活にもマッチしている点です。

 

イスにもたれることもでき、出っ張りがないので動作がしやすいです。

 

プライベートな小旅行、お買い物などにも適しています。車を運転するときにも。

 

スポンサーリンク

 

 

貝ノ口(半幅帯)の結び方と手順

貝ノ口・胴に二巻きしたれを手と同じ長さにする

 

まず手先を半分の幅にして、50〜55センチほどとって胴に二巻きします。

 

手先の長さと同じ長さになるよう、たれの長さを調節します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・たれの長さを調節します

 

たれの余りは、二重目の胴帯の内側に入れ込んで、長さを調節します。

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・手を下にしてひと結びします

 

手を下にしてひと結びします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・たれの元はまっすぐにします

 

結び目のたれの元は、写真のようにまっすぐにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・たれを斜めに折りあげます

 

たれを斜めに折り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・手先を折りおげたたれに差込形をととのえます

 

手先を折りあげたたれに差しこみ、形を整えます。

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口・帯締めを通してゆるみをなくします

 

しっかり締めると形がくずれやすいので、帯締めを通して形を固定すると安心です

 

特に化繊の帯はゆるみやすいので、帯締めをする方がよいと思います。

 

このときの帯締めは帯がゆるまないためなので、キツク締める必要はありません

 

 

 

 

 

 

貝ノ口結びをちょっとアレンジ

 

貝ノ口・手先を開いて表情をかえても

 

リバーシブルの帯などで、裏側の色がきものとのバランスがよければ、手先を開いて貝ノ口の結びの表情を変えることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

貝ノ口(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説・ちょっとアレンジ・まとめ

 

半幅帯で結ぶ「貝ノ口」は、背中にぴったりとそう結びで、普段の気軽な着物に合います。

 

イスに座る、活発に動くといった生活の場面、車を運転するなど現代の生活にもマッチしています。

 

ここでは基本形として「手」と「たれ」を同じ長さにして結びましたが、手先をやや長くとってもよく自分に一番しっくりくバランスを見つけてください。

 

浴衣のときの帯結びとしてもOKです。

 

男性の場合角帯で「貝ノ口」を結びますが、その際は真ん中でなく左右どちらかに少しよせて仕上げます。

 

 

車の運転に向いているといいましたが、「着物を着て運転するのは違反」としている自治体もあるようです。

 

靴ならOKとか、下駄はNGとかの規則がある自治体もあるようです。

 

車の運転のときは「貝ノ口を結んでいるから大丈夫」という意味ではないのでご了承ください

 

 

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する