染色・機織り・着物ができるまで

染色・機織り・着物ができるまで

藍染めの木綿の反物ができるまで・制作工程(愛知県三州足助屋敷)

「藍染の着物」といえば日本の庶民の衣類の代名詞。 江戸時代中期ごろから末期にかけて、庶民の間で着用が盛んになりました。 それは原料のワタ(綿)の栽培が盛んになるにしたがって広まります。 木綿の着物は、仕事着及び日常着です。 それを織ってい...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました