染色・機織り・着物ができるまで

「藍染の着物」といえば日本の庶民の衣類の代名詞。江戸時代中期ごろから末期にかけて、庶民の間で着用が盛んになりました。それは原料のワタ(綿)の栽培が盛んになるにしたがって広まります。木綿の着物は、仕事着及び日常着です。それを織っていたのは農家...