染色・機織り・着物ができるまで
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

藍染めの木綿の着物は、江戸時代中期ごろから末期にかけて、庶民の間で着用されるようになります。それはワタ(綿)の栽培が盛んになるにしたがって広まりました。木綿の着物は、仕事着及び日常着です。それを織っていたのは農家の主婦です。この手仕事を細か...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する