着物姿に合わせる着物の小物
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物姿に合わせる着物の小物

着物姿に合わせる着物の小物を紹介します。

 

帯締め、帯揚げ、半衿、足袋(たび)、草履、下駄、着物姿の必需品についてです。

着物の下に着る長襦袢、主な役割は、「着物の衿の汚れ防止」と「下着と着物との調整」です。長襦袢の衿はお顔のすぐ下にみえるので、着物を引き立てるおしゃれの要素も持っています。長襦袢も衣類ですから、着物と同じように季節によって着分けが必要です。と...

「帯枕」は、着物のときに結ぶ帯の形を補助する小物の一つです。名古屋帯でのお太鼓結び、袋帯での二重太鼓や飾り結びのとき用います。「帯枕」の役割や選び方を知って、着物姿にいっそう磨きをかけてください。「帯枕」を使いやすくする方法、お太鼓がうまく...

「半衿」は長じゅばんの衿にかける長方形の布です。衿が汚れるのを防ぐ着物の着映えをよくする(顔映りをよくする)という役目があります。礼装には白と決まっていますが、その他の場合は、かなり自由に選ぶことができます。ここでは「半衿」の種類や具体的な...

足袋(たび)は、着物(和装)のときの履物で、現代の靴下に相当するものです。足を保護したり保温します。足袋の足先は二つに分かれていて、親指とその他の四本の指をいれるところに分かれています。下駄や草履をはくのに、親指が独立しているわけです。いく...

「丸組の帯締め」は結びやすく、カジュアルな着物にうってつけ。でも、「このままではちょっと物足りないな~」と感じていました。そこでいくつかアレンジを試してみました。シンプルな帯に7パターン結んでいます。帯締めで遊ぶ気持ちで、あなたもお試しくだ...

「丸組の帯締め」をアレンジして結んでみました。「変化織りの丸組の帯締め」で結んでみたところ、アレンジの幅が広がります。利用したのは、少し暗いピンクと薄紫の変化織りの帯締めです。ではご覧ください!変化織りの丸組の帯締めでアレンジ・全5パターン...

着物を着るときには、洋服とは別のいくつかの小物が必要です。いったいどんな小物が必要かしら?最初は何を用意したらいいの?そんな疑問にお応えします。一通り必要な小物を紹介し、説明しますね。そろえていくにあたって参考にしてください。着物小物グッズ...

草履は着物(和装)のときの底が平らな履き物です。エナメル、畳表、蛇皮など、さまざまな素材のものがあります。普段履きには、かかとの高さは3~4センチくらいのものを、礼装用には、かかとが5センチ以上の高いものを合わせます。はき方、歩き方、種類を...

下駄は、着物(和装)用の履物です。昔からあるものは「二枚歯」のもので、下駄というとこれを指すことも多いです。下駄は浴衣の時に、素足に履くものという印象が強いですね。でも今のように草履が主流でなかった時代には、改まった席以外には足袋に下駄をは...

「腰ひも」は、着物を着用するときに欠かせない小物ですね。普通長じゅばんに一本、着物に二本使って着つけます。ほかに、帯を締めるときの補助ひもとしても利用します。そのため一度の着付けに、4本以上使う人が多いはずです。ここでは使用後にその4本を、...

帯揚げは、お太鼓枕やその紐を隠すために使用するものです。また同時に、脇から胸にかけてを華やかに飾るものでもあります。帯と着物の間にあるので、着物姿が映えるようコーディネートします。ここでは帯揚げの種類をざっくり知っていただき、使い分けの知識...

帯締めは帯の形を固定するためのものです。ときに半幅帯の装飾として使うこともあります。ここでは着物姿に欠かせない帯締めについて、具体的に紹介しながら解説します。(礼装用を除いた帯締めの種類を紹介しています)帯締めの種類は大きく三つ帯締めは大き...

「伊達締(だてじ)め」=「だて巻き」について、詳しくお伝えします。これは着物を着る時に使います。伊達(だて)という言葉には、「粋」とか「おしゃれ」とか「華美に見せる」という意味合いがあります。それと、今でいう「やんちゃな」という意味合いがあ...

着物を着るとき、着付けに必要な小物類のリストをわたされますね。その名称リストを見て、きものに慣れない人は、「さっぱりわからない」「こんなにたくさんあるの?」と驚いてしまいますね。そこで、どんな小物があってどんな役割があるのかを、紹介します。...

一般的な着物姿といえば「お太鼓結びをした着物姿」ですね。そのときに必要なもの、準備するものを紹介します。着物姿になるには、下に紹介するような小物を身につけています。これから着付けを習おうとされている方、着物には何がいるの?と疑問な方に。お太...

「帯締め」と「帯揚げ」の結び方を詳しく説明します。基本は両方とも同じで、「本結び」と呼ばれる結び方をします。帯締めはしっかりと引き締まり、帯揚げはバランスよく飾ることができます。「本結び」というとなんだか難しく感じるかもしれませんが、普通に...

暑い陽射しを避ける「日傘」、着物(和服)にも相性よく合わせられます。「日傘」は本人が涼しく感じられるだけでなく、見る人にも涼やかで優美な印象をあたえます。最近の日傘の機能はすごいですね。紫外線カットはもちろん、晴れ雨兼用、太陽の熱や光をカッ...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する