足袋(たび)とは、種類と具体的な例を画像で解説しています
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

足袋(たび)とは、種類と具体的な例を画像で解説しています

足袋(たび)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました

足袋(たび)は、着物(和装)のときの履物で、現代の靴下に相当するものです。

 

足を保護したり保温します。

 

足袋の足先は二つに分かれていて、親指とその他の四本の指をいれるところに分かれています

 

下駄や草履をはくのに、親指が独立しているわけです。

 

いくつか例を見ながら、着物のときの足袋の利用法を説明しますね。

 

スポンサーリンク

 

足袋の色による使い分け

 

足袋の色は、現代では多種類あって好きなものを選べます。

 

ただ、改まった席に出るときは白色の足袋をはきます

 

その他のときは、着物や履物に合わせて、好きな色柄を選んで大丈夫です。

 

 

浴衣(ゆかた)のときは素足

 

夏に着る浴衣(ゆかた)のときは、基本素足です。

 

浴衣のとき用に、「レースの足袋」もあります。

 

浴衣でも、半衿と足袋を身に着ける改まった装いのときは、白足袋をはきます。

 

 

足袋の種類

 

では具体的に見てみましょう。

 

 

白い足袋の種類

 

白足袋の例

 

白い足袋は、季節によって適したものを使います

 

夏用は薄い生地、寒い季節用には裏が起毛したタイプのものがあります。

 

「こはぜ」という留め具がついていて、普段用は4枚ついています。

 

踊りなどをされる方は、5枚こはぜのものをお使いになる方もあります。

 

 

普段用~おしゃれ着用の足袋の例

 

おしゃれ着用の柄足袋の例

 

普段~おしゃれ着用の足袋の例で、柄がはいった足袋です。

 

普段履きとしては、裏が黒い足袋は重宝します。

 

おしゃれ着用の足袋の色柄は、無地のものをはじめ小紋柄が主流です。

 

大正ロマンをほうふつとさせる花柄が散りばめられたものなどもあります。

 

柄の足袋は、銘仙、お召、紬、ウールの着物向きです。

 

 

防寒・冬用の足袋の例

 

別珍の足袋、赤、冬用

 

これは「別珍の足袋」と呼ばれている、厚手の裏起毛の木綿の足袋です。

 

表地と裏地の二枚重ねなので、とても温かいです。

 

冷え性の私は冬はこれ一枚では寒いので、内側にさらにタビソックスを重ねたりしています。

 

 

パーツ紹介・足袋の「かけ糸」

 

足袋のパーツのかけ糸

 

これは足袋の「かけ糸」

 

こはぜを掛けるために縫い付けてある糸です。

 

この糸には足の動きの強い力がかかるので、タコ糸とおなじような太さがあります。

 

また切れないよう頑丈に取り付けられています。

 

ぴったり感を調整できるよう、掛ける位置が二か所あります

 

 

白足袋のペアを間違えない方法

 

白い足袋が増えてくると、ペアがわからなくなったりします。

 

素材や厚みが若干違うのですが、いったん見失うとペア探しは大変です。

 

そこでいつも同じペア(対)ではけるようにするために、忘れずにやっておきたいことは。

 

「ペアにしてからつま先を交互に向けて重ねておく」ようにすれば安心です。

 

これでいつも同じペアを使うことができます。

 

 

足袋(たび)とは、種類と具体的な例を画像で解説しました・まとめ

 

足袋(たび)は足を保護し保温するもので、靴下と同じ役目。

 

浴衣のときは基本素足ですが、そのほか着物のときは足袋をはきます。

 

白足袋は礼装からおしゃれ用の着物まで幅広く使われています。

 

靴下と違い伸び縮みしません、調整は「かけ糸」でします。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する