着物のときの小物の名称・使い方・役割 着付けに必要なのは何?

着物のときの小物の名称・着付けに必要なのは何?役割を解説します

着物を着るには、着物と帯以外にも必要な小物がいくつかあります。

洋服のときとは全く違うので、戸惑うかもしれませんね。

ここでは着物姿になるときに使う小物について、

  • 名称
  • 使い方
  • 役割

についてお話しますね。

スポンサーリンク


着物の小物一覧

着物姿になるために必要な小物のリストです。

  • 肌じゅばん(肌着+裾除け)
  • 長じゅばん+半衿+衿芯
  • 伊達締め
  • 腰紐
  • 前板
  • 帯枕
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 足袋

これらを身に着ける順に解説しますね。

足袋(たび)

着物のときの小物の名称・足袋

◆白い足袋

着付けの最初は足袋をはきます。

礼装や正装として着物を着るときは、白い足袋をはきます。

肌じゅばん(肌着+裾除け)

着物のときの小物の名称・肌じゅばん

◆肌じゅばん(肌着)

足袋をはいたあとは、肌着である肌じゅばんを着ます。

木綿製が一般的で、腰巻きの「裾除け」とともに利用します。

長じゅばん+衿芯+半衿

着物のときの小物の名称・長じゅばんと半衿と衿芯

◆長じゅばん・衿芯・刺繍の半衿

次に長じゅばんを着ます。

長じゅばんには、半衿をつけ衿芯を入れて着用します。

半衿は衿元を飾り、着物の汚れを防ぎます。

また着物の裾のすべりをよくします。

腰紐

着物のときの小物の名称・腰ひも

◆腰紐

腰ひもは、長じゅばんや着物の前合わせを留めるためのひもです。

幅4~5センチ、長さ2メートル10センチほどです。

上の写真はモスリンという薄手のウールですが、他にもあります。

伊達締め

着物のときの小物の名称・伊達締め

◆伊達締め

長じゅばんや着物の前合わせを固定し、着崩れを防ぐ目的で使用します。

幅は約10センチで全長約220センチほど。

絹の博多織のものが締め心地がよいです。

帯板

着物のときの小物の名称・帯板

◆帯板二種類

帯の前側にシワがよらないようにする薄い板です。

上の写真のように板にベルトが付いているものと、下のようについていないものがあります。

帯枕

着物のときの小物の名称・帯枕

◆大きさの違う帯枕三種(ガーゼでおおってある)

「帯枕」は帯結びのお太鼓の形を作る枕状のものです。

写真のものは、使いやすいようガーゼでおおってあります。

変化のある帯結びには、やや小さめを使用します。

帯揚げ

着物のときの小物の名称・帯揚げ

◆帯揚げ

帯枕のひもを隠し、帯の上を飾るものです。

縮緬か綸子のものが主流です。

帯締め

帯締め

◆帯締め

帯の形状を固定するための、紐状のものです。

平たく組んであるもの、丸く組んであるものがあります。

補助的な小物として、以下のものがあるとさらによいといえます。

着付けのときあると便利な小物

そのほか「あると便利な小物」についても紹介しますね。

着物ベルト・コーリンベルト

着物のときの小物の名称・コーリンベルト

◆着物ベルトとコーリンベルト

腰ひもの代わりに使用するベルト状のもの。

写真上は第一腰ひもの代わりに、下はおはしょりをととのえるときに使用します。

(私のおすすめする着付け法では必要ありません)

補正用品

着物クリップ

着付けのとき、衿や帯を固定するのに使用します。

自分で着るときは、2~3個あると便利です。

<関連ページ紹介>

「伊達t締(だてじ)め・だて巻きとは、役割・結びかたと使い方」

他にも着物のときの小物を具体的に紹介していますので、参考にしてくださいね

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました