帯揚げとは、振袖/七五三/社交用/おしゃれ用の種類別で画像を見ながら解説

帯揚げとは 帯の上と脇を飾る小物

◆縮緬の紫色の帯揚げ

帯揚げとは、帯の脇から前姿を飾る長方形の布です。

飾ると同時に、お太鼓枕やその紐を隠すために使用します。

帯と着物の間にあるので、着物姿が映えるようコーディネートします。

帯揚げはきものによって使い分けるので、

  • 帯揚げの種類
  • 使い分け方

を画像で紹介しながらお話ししますね。

先に七五三用の帯揚げを。

スポンサーリンク

七五三の帯揚げ

7歳 女の子 着物着付け

◆七歳女の子・七五三お祝い着

七五三の七歳のお祝い着物のときの帯揚げは、「総絞りの帯揚げ」です。

振袖用 総絞りの帯揚げ

◆総絞りの帯揚げ

子供の身体に合う寸法です。

帯揚げの種類と使い分け

帯揚げとは 帯揚げをつけているところ

使い分けは大きく三つに分けられます。

  • 振り袖用の華やかな帯揚げ
  • 式典や社交の場用の薄い色目の帯揚げ
  • 普段用やおしゃれ用の濃い色目の帯揚げ

帯揚げの大きさは、約160センチ×約30センチ

では具体的に帯揚げをみていきましょう。

振袖用の帯揚げ

振袖のときに使う帯揚げは、総絞りの帯揚げか縮緬に刺繍をほどこしたものが主流です。

振袖用 総絞りの帯揚げ

◆振袖用の総絞りの帯揚げ

端以外に絞りをほどこした帯揚げ「総絞りの帯揚げ」。

立体感が出て胸元を華やかに飾ります。

振り袖 帯揚げの飾り方

◆振袖にクリーム色の総絞りの帯揚げ

他に振袖の帯揚げには、縮緬地に可愛らしい日本刺繍がほどこされたものも使います。

式典や社交の場用の帯揚げ・例

ほぼ総絞りの帯揚げ クリーム色 白 金糸入り

◆ほぼ総絞りの帯揚げ クリーム色 金糸入り

式典や社交の場に用いられる帯揚げは、淡く薄い色か白色です。

生地は絞りまたは綸子生地。

画像は、薄いクリーム色地で、ほぼ全体に絞りがあり、金糸が一部に施してあります。

白っぽい帯揚げは、留袖によく使います。

帯揚げ 綸子 ぼかし入り 社交用

◆帯揚げ 綸子 ぼかし入り 社交用

こちらの画像はぼかしが入り、薄く光沢のある薄い絹生地の帯揚げです。

社交用に使うものは、色は薄く地紋が入るものが多いです。

訪問着・付け下げ・江戸小紋などに合わせます。

普段用やおしゃれ用の帯揚げ例

普段からおしゃれ着用の帯揚げは、種類が豊富で特に何を使うかは自由です。

以下の順にお話します。

  1. 縮緬地の帯揚げ
  2. 綸子地の帯揚げ
  3. 部分絞りの帯揚げ

縮緬地の帯揚げ・おしゃれきもの用

帯揚げ・普段用縮緬地

◆縮緬地の帯揚げ

縮緬(ちりめん)の生地の帯揚げは、色がはっきりしていてやや重みがあります。

小紋・紬・ウール・化繊の着物などのおしゃれ着に合わせます

着物のおしゃれを楽しむのに、縮緬の帯揚げは一番出番が多い帯揚げです。

綸子地の帯揚げ・おしゃれきもの用

帯揚げ・普段用・綸子地

◆綸子地の帯揚げ

綸子(りんず)生地の帯揚げは、薄く光沢があります。

地文様が入ったものは「紋綸子(もんりんず)」よびます。

画像のものには部分的に色がさしてあります。

縮緬より軽やかな印象になるので、春や秋によく使います。

部分絞りの帯揚げ

帯揚げ・普段用・部分絞り

◆部分絞りの帯揚げ

部分絞りの帯揚げを二つ折りにした画像です。

中心部と先以外は絞りが施してあるので、着用したときは絞りの部分のみが見えます。

部分絞りにも種類があり

  • わずかに2~3か所絞ってあるだけのもの
  • 花などの染め描きと併用してあるもの

などで色がはっきりしているので、小紋・紬着物などに向きます。

夏用の帯揚げ・例

帯揚げ・夏用

◆夏用帯揚げ

夏用の帯揚げの例です、おしゃれ着用です。

隙間のある「絽目(ろめ)」があり涼し気です。

帯揚げの素材について

上に紹介したものはすべて「絹」です。

「帯揚げ」はほとんど絹ですが、礼装や改まった席でなければ、ほかの素材でも大丈夫です。

普段~おしゃれ着として着物を着る場合には、自由に好きな模様や色のものを用いてかまいません。

ただ、着物の生地質に帯揚げの生地質を合わせると、一番しっくりきます

自由に装う帯揚げの例

帯揚げは自由、ということで自分で作るのもいいですね。

私は市販のものがやや大きいと感じているので、使いやすい大きさで手作りもしています。

着物生地からのリメイク帯揚げ・例

帯揚げ・リメイクの例見本

◆着物生地からのリメイクとレース

これは自分で作った帯揚げです。

左二つは着物生地を利用しました

左側が紬(つむぎ)で中央は小紋(こもん)の生地です。

右のレースのものは手芸店で見つけて、夏に使っています。

帯揚げの結び方は、やり方をこちらのページの後半で紹介しています⇒

◆帯締めと帯揚げの結び方(本絞り・絞り結び)を詳しく解説!画像あり

帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説!(画像)
「帯締め」と「帯揚げ」の結び方を詳しく解説します。基本は両方とも同じで、「本結び」と呼ばれる結び方をします。「本結び」というとなんだか難しく感じるかもしれませんが、普通に結ぶ結び方です。帯締めはしっかりと引き締まり、帯揚げはバランス...

帯揚げとは、振袖/七五三/社交用/おしゃれ用の種類別で画像を見ながら解説・まとめ

帯揚げは帯枕を包み胸元を飾るもの。

振り袖と七五三用には「総絞りの帯揚げ」を合わせるのが主流。

式典・社交用は白や薄い色を使うのが定番で、おしゃれ着用は濃い色目(はっきりした色目)のものを使うことが多い。

夏用とそれ以外のシーズンで分ける。

カジュアルな着物には自分で作ったものも利用できる。

着物姿に合わせる着物の小物
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました