七五三 3歳女の子の着物・用意と着付け 画像付き!初めてOK

歳女の子のお祝い着(着物と被布)

七五三の3歳女の子の着物をお母さまが着付ける方法を紹介します。

3歳の女の子の着付けは難しくないですよ。

帯をせずに「被布(ひふ)」を着せますが、これはボタンをするだけ。

初めてのお母様でも着せてあげられるように画像付きでお話しします!

  • 三歳の女の子のお祝いの着物の用意
  • 付属品は何が必要か
  • 祝い着の着付け方

では順をおって詳しくお伝えします。

スポンサーリンク


3歳女の子の七五三の祝い着と必要なもの

三歳女の子晴れ着の着せ方・すべて着せおわったところ

3歳女の子の祝い着で必ず必要なものは以下の5点です。

  1. 「長じゅばん」
  2. 「着物」
  3. 「被布」
  4. 「草履」
  5. 「足袋」

この5点はセットになっているものには当然含まれているはずですが、中には足袋が入っていないセットもあるので注意してください。

祝い着にあった方がよいもの

そのほかに、これもあるとよいと思うものをあげます。

  • 「伊達衿(着物の衿を華やかにする)」
  • 「巾着」
  • 「髪飾り」
  • 「着物用下着」
  • 「収納ケース」

これらは、別途単品で購入するとなると面倒です。

そのためこれらがセットになっているものが主流です。

3歳の祝い着のセットの例と必要なもの

歳女の子のお祝い着のセットの例

◆3歳女の子のお祝い着のセット例

それなら「セット」で購入すれば大丈夫、といえますが、ちょっと待ってくださいね。

セットの中身はよく確認してくださいね

というのも、あるはずと思っていた小物がない!ということがあるからです。

注意したいのは「足袋」と「髪飾り」

中でも注意したいのが「足袋」と「髪飾り」です

足袋は草履をはくのに必需品ですが、セットになっていないことが多いです。

別途購入することになっている場合が多いので忘れないようにします。

足サイズの確認は必ずしてください。

そして「髪飾り」がセットされていないことも多いです。

これも好みのものを別途購入すればよいのですが、どれを選んだらいいか迷います。

着物の色柄にあったものがセットされている方が安心でしょう。

お祝い着には「髪飾り」があった方が確実に映えます!

三歳の女の子の着物のサイズについて

一般的な三歳の女の子の着物は、身長95センチの子にちょうどよいサイズに出来上がっています

前後3~4センチの違いであれば、このまま着用できます。

もしこのままでは短いとしても、「腰あげ」があれば丈が出せます。

反対に長すぎるなら、同じく「腰あげ」して短くできます。

「腰あげ」は丈の調整のためにある

歳女の子の着物の腰あげ

◆「腰あげ」

「腰あげ」というのは着物の丈を長くしたり短くするためにあります。

ウエストから腰付近にタックをとってあり、これが「腰あげ」です。

縫い目はあらくしてあり、必要ならほどいてタックの量を調整します。

「肩あげ」は袖の長さの調整のためにある

歳女の子の着物の肩あげ(長じゅばん)

◆「肩あげ」

また両肩のところにもタックがとってあるはずです。

これは「肩あげ」といい、着物の袖の長さを調整するためにあります

(※たもとの長さの調整ではありません)

「肩あげ」は長じゅばんにもある

「肩あげ」は着物だけでなく、長じゅばんにもほどこしてあります。

調整するなら着物も長じゅばんも、両方おこなってくださいね。

3歳女の子の着物・購入するとき気をつけたいこと

歳女の子の着物の長じゅばんに腰ひもがついている

◆三歳女の子の着物の長じゅばんに腰ひもがついている

購入前にこの点をチェックしておきましょう。

「腰ひも」が縫い付けてあるかどうか。

着物と長じゅばん共に「腰ひも」が縫い付けてあることが多いです。

腰ひもが縫い付けてあるものが着せやすいです。

三歳女の子の着物に腰ひもがついている

◆三歳女の子の着物、腰ひもがついている

腰ひもが縫い付けられていない場合は、別途2本用意します。

三歳の女の子の祝い着の着付け方

では着付けしてみましょう、初めてのお母さんでもできますよ。

腰ひもが長じゅばんにも着物にもついている場合の着せ方です。

1)下着を着せ、足袋をはかせます

最初に下着を着せて、足袋をはかせます。

2)長じゅばんと着物をセットにして、腕を袖に通します

三歳女の子晴れ着の着せ方・下着足袋をつけ長じゅばん付き着物をき羽織る

長じゅばんと着物の袖を重ねて(セットにして)、腕を袖に通します。

3)長じゅばんの後ろ衿を首につけて、紐を結びます

三歳女の子晴れ着の着せ方・長じゅばんのの紐を結ぶ

長じゅばんの後ろ衿を首につけます

本人にとって右の衿についている長じゅばんの紐を、左の脇の穴に通して背中にまわし、前にもってきます。

長じゅばんの左の衿についている紐を背中に回し、前に持ってきます。

蝶々結びをします(締め付けないように結んでください)

4)着物を着せ紐を結ぶ

三歳女の子晴れ着の着せ方・着物の紐を結ぶ

着物の後ろ衿を首につけます。

長じゅばんと同じ方法で紐を通して、前で結びます。

長じゅばんの衿が1センチくらい見えるように、前の衿を合わせて着せます

三歳女の子晴れ着の着せ方・着物の紐を前で結ぶ

紐の結びめは、真ん中でなく左右少しずらして胸を圧迫しないようにしましょう。

5)被布を着せて完成

三歳女の子晴れ着の着せ方・被布を着せスナップボタンをとめる

被布に袖を通します。

スナップボタン(3~5か所)を留めます。

3三歳女の子の着付けが完成しました!

三歳女の子晴れ着の着せ方・すべて着せおわったところ

このあと、髪を結って髪飾りを付けます。

バッグ(巾着)を持ち草履をはきます。

七五三 女の子の着物(3歳)の用意と着付け方 画像付き!初めてOK・まとめ

3歳女の子の着物を用意するにあたって、忘れ物のないようにしてくださいね。

特に足袋、髪飾りがセットになっていないことがあるので、注意してください。

下着は和装専用のものでもよいですが、普段の下着でもOKです。

神社参拝には、いつもの靴を持っていくと安心です。

<関連ページ紹介>

お母さまの着物と帯結びを紹介⇒「七五三のお母さまの着物と帯び(若い母親向きアレンジ結び)を詳しく」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました