7歳女の子の祝い着の着物 着せ方のコツ(帯解きの儀)
スポンサーリンク

7歳女の子の祝い着の着物 着せ方のコツ(帯解きの儀)

7歳女の子の晴れ着姿 赤い振り袖 帯解きの儀

七五三の7歳女の子の着物の着せ方をお伝えします。

 

着せ方のコツについてもお話ししますね。

 

体系に合わせたサイズに肩揚げ、腰揚げをしてから始めています。

 

(おはしょりのある着物での着せ方ではありません。また帯は作り帯です)

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

7歳女の子の祝い着の着せ方

 

着方の順は、

 

  1. 下着と足袋をつける
  2. 長じゅばんを着せる
  3. 着物を着せる
  4. 帯をつける
  5. 帯締め・帯揚げをする
  6. しごきをつける
  7. はこせこ・扇子をつける

 

下着・足袋をつけてから長じゅばんを着せます。

 

長じゅばんの衿は首にぴったりとつけ、ひもをしめます(伊達締めはなし)。

 

 

着物の着せ方とコツ

 

7歳祝い着の着物の着せ方

◆7歳祝い着の着物を着せる

 

首の後ろに着物の衿をつけ、背の中心線が背中の中心にあることを確認します。

 

衿は本人の右から合わせ、長じゅばんの衿が5ミリから1センチ出るように合わせます。

 

着物に付いた紐を体にそわせて結びます(ぎゅっと締めつけないで)。

 

7歳祝い着の着物の着せ方 伊達締めをつける

◆7歳祝い着の着物の着せ方 伊達締め

 

伊達締めは前合わせをおさえるつもりで、体に沿わせて締めます(ぎゅっと締めつけないで)。

 

たもとが邪魔にならないよう、腕にかけて着せましょう。

 

 

帯をつける

 

帯をつける前に、 フェイスタオルをたたんで背のウエスト部分につけます

 

伊達締めのときにつけてもいいですし、伊達締めの上から腰ひもを利用してつけてもよいです。

 

(帯飾りを安定させるため)

 

帯をつけるときはふらつきやすいので、足を肩幅にひらいてもらいます。

 

7歳祝い着の着物の着せ方 帯をつける

◆7歳祝い着の着物の着せ方 帯をつける

 

帯飾り(帯結び)と胴帯が別の場合は、胴帯をつけてから帯飾りを。

 

帯飾りについているフックは、胴帯にしっかりとかけます。

 

今回の帯は胴帯に帯飾りがついているタイプで、帯飾りの位置を確かめて胴帯をします。

 

帯飾りの一番上が肩のたかさと同じか、少し上に出るくらいの位置で

 

7歳祝い着の着物の着せ方 帯をつける

◆7歳祝い着着物 帯のひもを結ぶ

 

帯についている紐は、前でしっかりと結び、帯の中にいれます。

 

帯の上に紐があることが多いですが、帯の下を引き締めるようにしてください。

 

 

帯締め・帯揚げ・しごきをつける

 

帯をつけたら、帯締めをしっかりと引き締めてしめます。

 

その後帯揚を飾ります。

 

今回は本結びにしましたが、7歳の子には入組(いりく)結びもおすすめです。

 

入組衿飾り

◆帯揚げは入組衿飾り

 

「しごき」は幅5センチほどになるように調整して(二つ折りしてさらに三つ折りくらい)、帯の下に半分から三分の二かけて、左後ろに蝶結びします。

 

7歳女の子の晴れ着 着物の着せ方 帯締め・帯揚げ・しごき

◆7歳女の子の晴れ着 帯締め・帯揚げ・しごき

 

しごきは長すぎない方がバランスが良いです(ひざ下まで)。

 

 

7歳女の子の晴れ着着付け完成

 

7歳女の子の晴れ着 着物をきせました

◆7歳女の子晴れ着 完成

 

はこせこと扇子をつけて完成です。

 

 

7歳祝い着着せ方のコツ

 

7歳の女の子の着物は、3才のときとは違い帯を結ぶ着付けをします。

 

これが7歳の女の子のお祝い「帯解の祝い」という儀式です。

 

まだ幼い子供なので、苦しくないように着せてあげてください。

 

着せるときのコツは、

 

  1. 髪のセットやお化粧を済ませ、下着と足袋をつけてから
  2. 長じゅばん、着物、紐類は体に沿わせる
  3. 振り袖は腕にあずけて着せる
  4. 帯や帯締めをするときは、足を肩幅にひらいてふらつかないようにする
  5. 引き締めるところは帯揚げだけ

 

7歳女の子の祝い着の着物 着せ方のコツ(帯解きの儀)・おわりに

 

ここでは肩揚げ、腰揚げをしてから着せています。

 

また帯は、胴帯に帯結びがついている作り帯です。

 

できるだけ苦しくならないよう、紐の締めすぎに注意してくださいね。

 

<補正について>

 

7歳の女の子の身体は細いので、帯を安定させるために、胸から腰にかけてスポーツタオルを巻いても良いです。

 

そのうえで背中にもタオルをたたんで、帯飾りを安定させるとより気姿が映えます。

 

(きらこ よしえ)

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。