千歳飴(ちとせ飴)とは・由来と健康長寿の願いを込めて・ご祈祷のおさがり
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

千歳飴(ちとせ飴)とは・由来と健康長寿の願いを込めて・ご祈祷のおさがり

千歳飴

「千歳飴(ちとせあめ)」は、七五三のとき売られる飴で、子供の長寿を願うものです。

 

普通、紅白の一本ずつの長い飴を、おめでたい模様の紙袋に入れます

 

おめでたい模様とは、鶴、亀、松竹梅といった、縁起のよい絵柄をいいます。

 

最近では袋にキャラクターなどのイラストが描かれているものもあります。

 

(上の写真は、熱田神宮の千歳飴の袋、シンプルです)

 

飴の色や形には変化したものもあります。

 

袋の中に、祝い箸や学業成就の鉛筆やお守りなどを、一緒にいれる神社もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

千歳飴の由来は

 

千歳飴は、「千年」の名称で江戸時代の浅草浅草寺から、始まったといわれています。

 

浅草の飴売り七兵衛が、元禄・宝永年間(1681~1711)に紅白の棒状の飴を、

 

「千年飴」「寿命糖」と名付けて長い袋に入れ、売り歩き評判になりました。

 

ほかの説では、

 

1615年に大阪の平野甚左衛門が、江戸に出て、

 

「長い長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる」とふれて売りはじめたという説があります。

 

江戸の当時は、甘いものが貴重品でしたので、誰にとっても嬉しい贈り物でした。

 

 

千歳飴に長寿の願い

 

千歳という文字は、長寿やおめでたさを連想させます

 

また飴はひっぱると伸びる事から、寿命が延びるという願いを込めた縁起物とされるようになったとも。

 

そのような経過から千歳飴には、「粘り強く、健康で長生きをしてほしい」という意味が込められています。

 

神社にご祈祷にいくとおさがりの千歳飴が

 

千歳飴

 

ご祈祷後は、おさがりをいただきます。

 

おさがりの品は神社によりさまざまと思いますが、

 

愛知県名古屋市の「熱田神宮」では、千歳飴もいただけます。

 

 

千歳飴

(熱田神宮境内での千歳飴の販売)

 

熱田神宮の場合は、境内での販売もありました。

 

袋には昔ながらのおめでたい絵柄が書かれています(上の写真右端)

 

松竹梅と鶴亀、真っ赤な朝日と寿の文字があります。

 

 

変わったカワイイ千歳飴

 

現代では、紅白の長い棒でない千歳飴も多数あります。

 

不二家では七五三の時期に合わせて「ミルキー千歳飴」が売られます。

 

ほかにも飴を扱うメーカーで、一本ずつ個包装されたものや、袋と飴がセットになったもの。

 

カラフルなカラーの短い千歳飴セットなども。

 

七五三の年齢の前後のお子様に、健康や成長のお祝いとして、購入されるのもよいかもしれませんね。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する