七五三の「ご祈祷料(初穂料)」、神社へのお礼の相場はいくら?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

七五三の「ご祈祷料(初穂料)」、神社へのお礼の相場はいくら?

七五三の「初穂料」神社へのお礼はいくら?

「ご祈祷料」(初穂料)は神社への謝礼のことです。

 

七五三のおはらいを受け、祝詞(のりと)をあげてもらうお礼金として支払います。

 

神様に奉納する金銭の意味なので、「御玉串料」ともいいます。

 

初穂料をいれる袋は、赤白の蝶結びの熨斗袋(のしぶくろ)にします。

 

なければ白封筒でも大丈夫です。

 

(ご祈祷料を申し込みのとき現金で手渡すところもあります)

 

では実際に神社へのお礼、「相場はいくら」なのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

初穂料の金額はいくらが妥当?

 

神社によりますが、初穂料があらかじめ決められているところも多くなりました。

 

七五三の初穂料の相場(目安)は、5千円くらいからです。

 

金額がわからにときは三千円~1万円の範囲で用意するのが一般的です。

 

 

封筒に入れるときの書き方

 

赤白の蝶結びの熨斗袋(のしぶくろ)または白い封筒に入れます。

 

上段には「御初穂料」または「御玉串料」、下段には子供本人の名前をかきます。

 

 

大きい、有名な神社ほど初穂料は明確

 

七五三参りは10月の中旬くらいから11月中旬までの期間に行います。

 

その中でもお日柄が良い日、親族が集まりやすい土日祝が選ばれやすいです。

 

混乱を避けるためでしょうか、人出の多い神社は、初穂料をはっきり明示しているところが多くなりました。

 

はっきりしていた方が、スムーズにいきますね。

 

 

愛知県「熱田神宮」の場合

七五三の御祈祷、熱田神宮

◆熱田神宮御祈祷所

 

中部地方で最も有名な名古屋市の熱田神宮をみてみましょう。

 

「熱田神宮」は、三種の神器のひとつ(草薙の剣)が安置されている神社で、格式が高い神社です。

 

七五三の「初穂料」「ご祈祷料」神社へのお礼はいくら?

◆熱田神宮の七五三の受付案内と祈祷料

 

受付に大きく張り出された「ご祈祷料」、金額がはっきり書かれています。

 

六千円、八千円、一万円以上

 

偶数の金額になっていますね。

 

「熱田神宮」は七五三の期間、平日でもお参り・ご祈祷に訪れる人は非常に多いです。

 

お日柄のよい土日祝ともなれば、長蛇の列ができる人気を誇ります。

 

そのため、御祈祷料は明確に、誰も迷うことなく受付できるようになっています。

 

ちなみに「熱田神宮」は予約不要で、時間の取り決めもありません。

 

 

時間については事前に確認を

 

ご祈祷の日時については、時間の設定がある場合もあります。

 

神社によりまちまちですので、おまいりしたい神社に事前に確認してください。

 

七五三のご祈祷で最も混む時間帯

 

お日柄の良い日の午前中、特に11時前後が最も混みます

 

要予約であれば、早めに予約をしておきましょう。

 

また神社への道順、車なら駐車場を、あらかじめ確認しておきましょう。

 

 

七五三の「ご祈祷料(初穂料)」、神社へのお礼の相場はいくら?まとめ

 

初穂料の金額の相場は、5千円~6千円。

 

地域により、3千円~1万円くらいの差があります。

 

参拝の予約が必要な場合もあるので、必ずお出かけの神社に事前確認をしてくださいね。

 

<七五三豆知識>

 

七五三のお祝いは、子供の成長を感謝して氏神様に加護を祈る年中行事です。

 

男の子は家督を継ぐ意味もあって三歳と五歳(あるいは五歳のみ)、女の子より早くにお祝いをする習わしがあります。

 

元は、三歳は髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」という儀式から、五歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」という儀式から、

 

そして七歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物を着るようになる「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の儀式がそのまま残って、七五三の儀式へとつながっています。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する