藍染の効果や効能・ジャパンブルーの特色(着物用語)

藍染めの木綿の着物生地

◆木綿の藍染めの着物生地

木綿の染色には、藍(あい)を用いた時代が長く続きます。

明治30年ごろに合成藍が登場するまで、藍色は日本中どこにでもある色でした。

そして多くの日本人が藍染めの衣装を着ていることに、外国人は驚きました。

明治初期に日本を訪れた外国人が、

日本は藍色ばかりの国ということで「ジャパンブルー」という言葉を残しています。

藍色を付けるというだけではない効果や効能が、生活全般に藍染を用いた理由と思われます。

スポンサーリンク


藍染が長く愛用された理由

藍染は衣類のみならず、蚊帳、手ぬぐいなどにも染られていました。

愛用された理由は、主に以下の点です。

  1. 生地を丈夫にする
  2. 香りが良い
  3. 激しい洗いにも耐える
  4. 防虫効果がある

生地を丈夫にし香りが良く、激しい洗いにも耐える、素晴らしい染料です。

藍染の効用はこんなにある

「日本の藍 伝承と創造」(日本藍染文化協会編)という本の中で、

藍染めの効用が詳しく書かれているので、引用させていただきます。

「藍染めの衣類は、強度があり、温度変化に対する抵抗力が強く抗菌力を持つために、何百年もほころびることなく見事な色調を保っているものが、数多く残されている。」

「絹布も藍染めによって保存性が飛躍的に向上するために、徳川家康の藍染めの衣類が、今も見事な色と強度を保ったまま残されている。」

「温度変化と磨耗に対する抵抗力がすぐれているため、江戸時代の火消し装束はすべて藍染めの木綿であった。」

「戦国時代の頃から、健康維持、疾病予防、解毒の作用がしられていて、他の染物と異なり、積極的に医療目的でも広く利用されていた。」

「藍染めの下着は保温に優れ、体臭を外へ出さない。」「殺菌力に優れていて皮膚病の伝染を阻止する作用があり、

江戸時代の城下町ではその衛生上の効果が注目されて、

城の近くに紺屋町(藍染め屋の町)を置いていた。」

「藍染めの衣類には止血効果があるため、矢傷に対する有効性が着目され、鎧の下には藍布の衣類を着用するのが常であった。」

「さらに防虫作用や毒蛇の攻撃を避ける効果もあったために、野宿にもうってつけだった。」

「藍染めの布はたんすにいれておくと虫除けになるといわれている。」

という内容が伝承されています。

藍染を作る作業は時間も手間もかかるのですが、庶民の暮らしに密着した染料であり、長く愛用されてきた理由がわかります。

藍染をするのは紺屋さん

布を藍で染める仕事をするのが「紺屋(こうや・こんや)」です。

お城近くに紺屋をまとめて「紺屋町」という一帯がある城下町もありました。

藍染めは明治以降衰退

藍染は明治時代以降は衰退していきます。

明治30年ごろからは合成藍が主流となっていったからです。

藍染の素晴らしい効能は、ほとんど知られることはなくなりました。

蓼食う虫も好き好き

「蓼(たで)食う虫も好き好き」という言葉がありますね。

蓼は蓼藍(たであい)のことで、

虫よけの効果が抜群だったことから、生まれようです。

色落ち色移りしないのが本藍染め

江戸時代のままの藍染めのやり方を「本藍染」といいます。

何度も染料につけて色の調整をしますが、その都度天日干しすることで、

色落ちも色移りもしない藍染の布ができあがります。

現在は本藍染めをする紺屋は、全国でも数えるほどしかありません。

ジーンズの青色はインディゴブルー

ジーンズはインディゴブルーというインドアイで染められ、色落ちや色移りします(合成インディゴも)。

日本でも本藍染めのジーンズを作製しているところがあるようです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました