振袖(ふりそで)とは、袖丈の違いによる振袖の種類(着物用語)

振袖(ふりそで)とは、着物用語

振袖とは、振袖の着物のことで、袖丈の長い未婚の女性の第一礼装のきものです。

刺繍や金箔、絞りなどの技法をふんだんに使った豪華な着物です。

袖丈が長いほど格調が高いとされています。

スポンサーリンク


袖丈の長さによる振袖の種類

振袖は袖丈の長さによって呼び名が変わります。

「大振袖」「振袖」「中振袖」「小振袖」があります。

花嫁衣裳の大振袖

花嫁衣裳やお色直しには、「大振袖」と呼ばれるもっとも袖の長い着物を用います。

大振袖の袖丈の長さは、三尺三寸。

「振袖」の袖丈と利用シーン

一般に「振袖」と呼んでいる着物は、袖丈が三尺。

「振袖」は、成人式や新年会、結婚披露宴、謝恩会、初釜やパーティーに。

「中振袖」の袖丈と利用シーン

「中振袖」は、袖丈二尺四寸~八寸。

「振袖」と同様のシーンで利用します。

「小振袖」の袖丈と利用シーン

「小振袖」は、袖丈二尺~二尺三寸とされています。

「小振袖」は軽い晴れ着感覚で、茶会や気軽なパーティーなどに用います。

振袖の絵柄の特徴

振袖(ふりそで)とは、袖丈の違いによる振袖の種類(着物用語)絵羽模様

振袖の生地は、綸子や縮緬が使われます。

模様は広げたときに一枚の絵になるような、華やかな総模様(絵羽模様)です。

小振袖の場合は、そうでないこともあります。

おめでたい柄を技術を凝らして表現

振袖の絵羽模様には、おめでたい柄華やかな模様を描きます。

友禅染め、絞り染め、型染め、箔置き、刺繍など

日本の伝統技術を駆使して、鮮やかに描かれています。

若い女性の美しさを最も際立たせる着物です。

袋帯を変化にとんだ飾り結びにする

帯は豪華で格の高い錦織りや唐織りの袋帯を合わせます。

変化にとんだ華やかな飾り結びを結び、後ろ姿を飾ります。

「丸帯」というさらに格上の帯を合わせることもあります。

そのほか合わせる小物について

振袖に合わせる小物も、やはり最高級のものです。

帯揚げは総絞りのもの、

帯締めは重量感のある金銀を織り込んだものや、

丸ぐけ帯締めをを合わせます。

草履は金銀を使った布製かエナメル製で、

かかとの高いものを合わせます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました