袋帯(ふくろおび)とはどんな帯?種類/名古屋帯との違い見分け方

袋帯とは二重太鼓や変わり結びをする豪華な帯

袋帯(ふくろおび)は、振り袖や礼装のあらたまった着物に結ぶ帯です。

また礼装以外にも、おしゃれ用としての袋帯もあります。

よく聞かれるのが、名古屋帯とどう違うのかということ。

それについても順をおってお話しますね。

  • お祝い用の袋帯
  • おしゃれ用の袋帯
  • 柄の付き方で変わる呼び名
  • 季節による使い分け
  • 名古屋帯との違い、見分け方

スポンサーリンク

袋帯とはどんな帯?

女性の帯の中でも最も豪華な「丸帯」(表も裏も模様のある帯)を裏を無地にして軽量化した帯です。

袋帯の大きさ(サイズ)、種類についてまずお話しします。

袋帯の大きさ・サイズ

袋帯の大きさは、名古屋帯と同じ幅で、長さは70~80センチ長いです。

<袋帯の大きさ>

  • 幅約31センチ
  • 長さ約4.2メートル~4.5メートル

袋帯の種類は二種類

袋帯は柄や用途により、「お祝い用」と「おしゃれ用」とに分かれます。

お祝い用の袋帯

お祝い用の袋帯は、正装や礼装の着物に合わせます。

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、袋帯で二重太鼓

◆袋帯で二重太鼓

主に「二重太鼓」に結びます。

「二重太鼓」は背中の太鼓部分が二枚重なる結びで、喜びが重なるようにとの願いが込められています

留袖(とめそで)や訪問着ほかの着物に、正礼装のときに二重太鼓に結びます。

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、変わり結び

◆振袖に袋帯で変わり結び

振袖には袋帯で華やかな「変わり結び」を結びます。

袋帯の生地は主に「錦織り」・「唐織り」・「綴織り」・「佐賀錦」・「ビロード織り」などの織りです。

金銀をふんだんに織り込んだ、鮮やかな色合いの帯です。

おしゃれ用の袋帯

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、しゃれ袋帯で二重太鼓

◆しゃれ袋帯で二重太鼓

袋帯の中でも現代的な柄のもの、金銀を使用しない軽い感じのものがあり、

それを「おしゃれ用袋帯(しゃれ袋帯)」と呼んでいます。

モダンな訪問着や付け下げなどに合わせます。

動植物を描いたくだけた模様は、角出しに結んでよりカジュアルな装いをすることもあります。

袋帯の柄のつき方で呼び名が変わる

六通柄の袋帯

◆六通柄の袋帯

柄のつき方で、呼び方がかわります。

  • 帯の表側全体に柄がついているものは「全通柄の袋帯」
  • 6割程度に柄があるものは「六通柄の袋帯」

現代では軽くて締めやすいことから、六通柄が多く生産されているようです。

柄のない部分は胴に巻く部分で、巻いて見えなくなるところにあたります。

袋帯・季節による使い分け

袋帯は春・秋・冬の三シーズンと夏で使い分けます。

春・秋・冬の三シーズン用の袋帯

夏用の透け感のあるもの以外の袋帯は、春・秋・冬の三シーズンに利用します。

夏用の袋帯

created by Rinker
ノーブランド品
¥53,190 (2023/02/05 06:00:09時点 Amazon調べ-詳細)

お祝い用おしゃれ用ともに夏物では、透け感のある「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」の袋帯があります。

無地場が多く、涼しげな印象です。

名古屋帯との違い、見分け方

お太鼓が二重になる長さが袋帯

袋帯も名古屋帯も、お太鼓に結んでいると違いが分かりづらいですね。

名古屋帯との違いは、その長さ、

袋帯の長さが4.2から4.5mあるのに対して、名古屋帯は3.5~3.8m。

お太鼓部分を横からみて、二重になっていれば袋帯、一重なら名古屋帯。

ですが、そんな間近に行って確かめることもしづらいですね。

そこでもっとわかりやすい違いの見分け方があります。

見ただけで分かる袋帯と名古屋帯の違い

それは、着ている着物を見てみると、ほぼ判断がつきます。

  1. 式典や行事に着る着物(礼装・盛装・正装)には袋帯を締めている
  2. 外出・会食などいわゆるおしゃれしてお出かけする着物には名古屋帯を締めている

1の場合は間違いなく二重太鼓です。

2の外出、お稽古、会食というプライベートなお出かけは、たいていは名古屋帯を締めている方が多いのですが、

中には「しゃれ袋帯」を締めている方もあります。

そうなると区別がつきにくいです。

ざっくりとした紬生地の場合は、しゃれ袋帯か名古屋帯か判別しにくいですが、

しゃれ袋帯を締めていると、やや重さがある(趣が出る)印象になるかとおもいます。

袋帯(ふくろおび)とはどんな帯?種類/名古屋帯との違い見分け方/合わせる着物・まとめ

袋帯は礼装向きとカジュアル向きの二種類がある。

カジュアル向きのしゃれ袋帯は、趣味性の高い模様が多い。

名古屋帯はその長さから一重太鼓に、袋帯は4.2m以上あるので二重太鼓に結ぶ長さ。

created by Rinker
ノーブランド品
¥53,190 (2023/02/05 06:00:09時点 Amazon調べ-詳細)

<関連ページ紹介>

◆袋帯の各部の名称・仕立ての違い・合わせる着物を解説

袋帯の部位の名称/かいきり線とオランダ線/仕立て方による違い
袋帯の部位の名称をお話します。また袋帯の仕立て方による違いも紹介。合わせる着物についても。

◆名古屋帯の形・各部の名称・柄の付き方・利用範囲

名古屋帯の形・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を説明します
名古屋帯は、成人女性が着物で外出するときに使う帯で、最もポピュラーな帯です。「お太鼓結び」をしていることがほとんどです。まずはどんな形になっているのか、よく見てみましょう。名古屋帯の各部の名称柄のつき方利用範囲などによる違い...

◆名古屋帯とは特徴と種類・由来を解説

名古屋帯とは・特徴や種類・由来を詳しく解説します
街でみかける着物姿の女性は、ほとんどの方が帯を「お太鼓」に結んでいます。そのときの帯が「名古屋帯」です。長さ約3メートル50~80センチ、お太鼓または角出し結びにする帯です。利用場面はセミフォーマルからカジュアルまでです。特徴...
きものの時にする帯の種類
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました