袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました

袋帯とは二重太鼓や変わり結びをする豪華な帯

袋帯(ふくろおび)は、二重太鼓や変わり結びをするときに結ぶ豪華な帯です。

 

表も裏も模様のある「丸帯」を簡略化したもので、裏を無地にして軽量化した帯です。

 

現代一般的に使われている帯の中では、最も格が高い帯です。

 

幅約31センチ、長さ約4.2メートル~4.5メートルです。

 

では、種類などを詳しくお話します。

 

スポンサーリンク

 

袋帯の種類

 

袋帯は柄や用途により、「お祝い用」と「おしゃれ用」とに分かれます

 

 

お祝い用の袋帯

 

お祝い用の袋帯は、正装や礼装の着物に合わせます。

 

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、袋帯で二重太鼓

◆袋帯で二重太鼓

 

留袖(とめそで)や訪問着には「二重太鼓」を結びます。

 

「二重太鼓」はお背中の太鼓部分が二枚重なるので、喜びが重なるようにとの願いが込められています

 

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、変わり結び

◆振袖に袋帯で変わり結び

 

振袖には華やかな「変わり結び」を結びます。

 

生地は主に「錦織り」・「唐織り」・「綴織り」・「佐賀錦」・「ビロード織り」などの織りです。

 

金銀をふんだんに織り込んだ、鮮やかな色合いの帯です。

 

 

おしゃれ用の袋帯

 

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました、しゃれ袋帯で二重太鼓

 

袋帯の中でも、現代的な柄のもの、金銀を使用しない軽い感じのものがあります。

 

それを「おしゃれ用袋帯(しゃれ袋帯)」と呼んでいます。

 

モダンな訪問着や付け下げなどに合わせます。

 

動植物を描いたくだけた模様は、角出しに結んでよりカジュアルな装いをすることもあります。

 

 

柄のつき方で呼び名が変わります

 

六通柄の袋帯

◆六通柄の袋帯

 

柄のつき方で、呼び方がかわります。

 

帯の表側全体に柄がついているものは「全通柄の袋帯」といいます。

 

6割程度に柄があるものは「六通柄の袋帯」といいます。

 

現代では軽くて締めやすいことから、六通柄が多く生産されているようです。

 

(柄のない部分は、胴帯として巻いて見えなくなるところにあたります。)

 

 

夏用の袋帯

 

お祝い用おしゃれ用ともに夏物では、「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」の袋帯があります。

 

無地場が多く、涼しげな印象です。

 

 

袋帯の素材

 

袋帯の素材はたいていは絹です。

 

振袖の変わり結び用の袋帯には、化学繊維のものもあります。

 

 

袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯詳しく解説しました・まとめ

 

袋帯は、「丸帯」を簡略化したもので、二重太鼓や変わり結びをするときに結ぶ豪華な帯です。

 

礼装正装のときは金銀入りの織り帯を用います。

 

振袖には複雑で豪華な変わり結びを袋帯で結びます。

 

おしゃれ用の着物合うに、くだけた模様の袋帯があります。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する