袋帯の各部の名称・仕立て方による違い・合わせる着物を解説
スポンサーリンク

袋帯の各部の名称・仕立て方による違い・合わせる着物を解説

袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類

着物に合わせる帯の中では、「丸帯」に次いで格の高い帯が「袋帯(ふくろおび)」です。

 

「丸帯」は現代ではほとんど使われなくなりました。

 

そのため今は袋帯が最も格が高い帯といってよいでしょう。

 

「袋帯」は主に礼装に使われることが多く、豪華で品格があります。

 

ここでは、

 

  • 「袋帯」の各部の名称
  • 袋帯についている線について
  • 「関西仕立て」と「関東仕立て」
  • 袋帯の種類と合わせる着物

 

について詳しくお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

袋帯の長さ・形状

 

袋帯は、全長は4メートル20センチから50センチくらいで、袋状に閉じてある帯です。

 

端から端まで同じ幅で、名古屋帯と同じ約31センチです。

 

袋帯は作られ方によって三種類あります。

 

  1. 袋状に織られた「本袋」
  2. 表と裏の二枚を織って袋状に縫い合わせてある「縫い袋」
  3. 表地と裏地を合わせて16寸幅(約60cm)に織り上げ、それを半分に折って片側の端を縫い合わせた「片縫い袋」

現代ではほとんどの袋帯が「縫い袋」帯です。

 

裏を別の生地にしたものは、裏が無地または一色です。

 

多分織る面積が少なくなり、軽量になることが理由でしょう。

 

袋帯の構造をまとめると、

 

  • 幅約31センチ、長さ約4.2~4.5メートル
  • 表と裏の二枚を袋状に縫い合わせる「縫い袋」の形状が主流

 

 

袋帯の各部の名称

 

袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています、袋帯部位の名称

◆袋帯各部の名称

 

袋帯の各部位は、

 

  • 「手」(て・テと書くこともある)
  • 「胴帯」
  • 「たれ」

 

と大きく三つに分かれ、

 

  • 「手」の先を「手先」
  • 「たれ」の先を「たれ先」

 

といい、全部で五つの部位の名称があります。

 

帯の幅が同じなので、「手」と「たれ」の見分けはわかりづらいですが、柄の向きで判断できます。

 

 

「手」と「たれ」の見分け方

 

袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています、礼装用袋帯

◆礼装用袋帯

 

一方向につながって柄がある場合は、上向きの方が「手」で巻き始めになります。

 

柄が幾何学模様などで全く上下の区別がないときは、どちらを「手」として巻き始めにしてもよいです。

 

ですがたいていの場合は区別がつくよう、一方の端の近くに模様のような線があります

 

その線がある方が巻き終わりの「たれ」になります。

 

 

袋帯にある線は「かいきり線」と「オランダ線」

 

袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています、かいきり線・オランダ線

◆「かいきり線」と「オランダ線」がある袋帯

 

模様のないところとあるところの境目の線を「かいきり線」といい、模様が始まって10センチほどのところにある線が「オランダ線」です。

 

かいきり線(界切線)は織物の端に、本体とは余分に織り増しておく織留部分であることを示す線です。

 

「織り出し線」または「織り上げ線」ともいいます。

 

本体に続けて余分に織ってあるので「織り出し線」。

 

仕立てるときその部分を織り上げるときは「織り上げ線」といいます。

 

「かいきり線」と「オランダ線」の間が「たれ先」になります。

 

 

「関西仕立て」と「関東仕立て」

 

仕立て方には二種類あり、

 

  • 「かいきり線」を見せる仕立ては「関西仕立て」
  • 「かいきり線」を見せない(折り込む)仕立ては「関東仕立て」

 

現代の主流は「関東仕立て」です。

 

何も希望しないと、自動的に関東仕立てになることが多いようです。

 

礼装用袋帯、関西仕立て

◆「かいきり線」が見えている「関西仕立て」

 

 

振り袖用袋帯は線なしも

 

現代では、振袖用の華やかな帯で変わり結びが前提になっている袋帯。

 

帯の端の方に線があると見栄えがよくないためか、「オランダ線」を最初から織っていないものが主流になりました。

 

袋帯の種類と合わせる着物

 

振袖袋帯で変わり結びをしたお嬢さん横向き

◆袋帯で変わり結びをしたお嬢さん

 

袋帯は二種類に分けられます。

 

  • ひとつは「礼装用の袋帯」
  • もう一つは「おしゃれ用袋帯(しゃれ袋帯)」

 

目的が違うので合わせる着物も変わります。

 

 

「礼装用袋帯」と合わせる着物

 

袋帯で変わり結び

◆袋帯で変わり結び

 

礼装用の袋帯は、錦織り・唐織り・綴織り・佐賀錦・ビロード織りなどの織りものです。

 

多色で織るだけでなく、金銀糸をふんだんに盛り込んだ帯は、フォーマルな着物に合わせます

 

振袖や留袖、訪問着といった着物ですね。

 

 

「しゃれ袋帯」と合わせる着物

 

しゃれ袋帯の例、黒地

◆しゃれ袋帯の例

 

袋帯の中でも、染めのもの、現代的な柄のもの、金銀を少ししか使用しない軽い感じのものは、「しゃれ袋帯」と呼ばれます。

 

しゃれ袋帯で二重太鼓に

◆しゃれ袋帯で二重太鼓に

 

合わせる着物は、モダンな訪問着や付け下げです。

 

動植物を描いた遊び心のあるもの、現代風の抽象模様などは、紬や小紋の着物に合わせることがあります。

 

 

袋帯の各部の名称・仕立て方による違い・合わせる着物を解説のまとめ

 

赤い振袖に華やか変わり結びをした後ろ姿

 

名称をつけてある上記の袋帯で、振袖用の変わり結びを結んでみました。

 

袋帯は女性の帯の中で、現代最も格が高い帯です。

 

多くは礼装正装に主に用いられる豪華な織り帯です。

 

現代の帯は軽量化がすすみ、六通柄で「関東仕立て」が主流となっています。

 

<関連ページ紹介>

 

袋帯のたたみ方についてはこちら⇒帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)を紹介します・次に使いやすく

 

名古屋帯の各部の名称などはこちら⇒名古屋帯の形・各部の名称や柄の付き方、利用範囲を説明します


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。