丸帯とは・最上格の帯、限定で使われる芸術性の高い帯

丸帯とは・最上格の帯ですが限られた場でのみ利用されます、舞妓さん

「丸帯」とは、女帯の一種で、最高に華やかな重量のある帯です。

幅約68センチ、長さ約4~4.5メートルの広幅の紋織りの生地を二つ折にして芯を入れ、

幅約32~34センチに仕立てた帯です。

  • 丸帯の模様
  • 現在使われている場面
  • 有職模様
  • 吉祥模様

についてお伝えします。

スポンサーリンク

丸帯の特徴

丸帯の特徴は、素晴らしく豪華な帯であることです。

現代では特定の場面でしか、その素晴らしさを見ることができません。

豪華な模様

丸帯の模様は「※有職(ゆうそく)模様」、「※吉祥(きっしょう)模様」等を、唐織、金襴、糸錦等で織り出したもので、

非常に見事な豪華なものです。

重く高価

全体を絢爛豪華な柄が織り出してあるため、重量があり非常に高価です。

現代使われている丸帯

現代丸帯を使うのは、以下の限られた場面のみです。

  • 花嫁さんの本振袖(引き振袖)や、白無垢・色打掛の掛下帯といった婚礼衣装
  • 舞妓さんの「だらり帯」
  • 歌舞伎の衣装

まさに帯の芸術品なのですね。

袋帯へと移行

丸帯は戦前までは一番格の高い帯として存在しました。

それ以降は丸帯に代わって袋帯(明治時代から作られるようになりました)が主に用いられるようになりました。

今ではほとんど見かけることのない丸帯ですが、その艶やかさや技術の高さを袋帯が受け継いでいます。

今ではアンティーク帯

新しく作ったり市場に出回ることがまずないので、現代では「アンティーク帯」という分類で販売されることはあります。

袋帯に表現される模様「有職(ゆうそく)模様」「吉祥(きっしょう)模様」の説明です。

有職(ゆうそく)模様とは、

平安期の公家の衣装の中でも、特に織りで表された模様をいいます。

優美で洗練された様式で、改まった趣のきものや帯に用いられます。

季節感がないので、年間を通して使うことができる模様で、

水蒸気が立ち上がる様子を文様化した、「立涌(たてわく)」、

正六角形の幾何学文様で、亀の甲に似ていることからつけられた「亀甲文」、

二羽の蝶を向かい合わせて、丸やひし形の中に配置した「向蝶文」などがその代表。

吉祥(きっしょう)模様とは、

「よいきざし」とか「おめでたいしるし」という意味を表した、模様の総称です。

代表的なのは、「鳳凰(ほうおう)」「鶴」「亀」「松竹梅」「宝船」「瑞雲」「四君子」「宝尽し」など、

縁起のよい模様です。

今では限られた場面でしか利用されることがないので、女性の帯の中で「一番格上」という位置から、「別格」という位置にあると思います。

「芸術品」と呼ぶのがふさわしいのではないでしょうか。

きものの時にする帯の種類
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました