着物のときの「帯の格」を格の高い順に説明(女性)
スポンサーリンク

着物のときの「帯の格」を格の高い順に説明(女性)

獅子の刺繍のアンティーク帯

◆獅子の刺繍のアンティーク帯

 

着物を着るときに締める帯の「格」についてまとめました(女性)。

 

帯の形状は、「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」の三種類です。

 

このうち最も格上なのが「袋帯」。

 

次に「名古屋帯」、最も格下が「半幅帯」です。

 

袋帯>名古屋帯>半幅帯

 

簡単にいうとこれでおしまいになるのですが、

 

ただ、それぞれの帯にフォーマルとカジュアルがあるので、もう少し細かく分けてお話します。

 

※「丸帯」という帯は現代ではほぼ使われないのではぶいて説明しています。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

「袋帯」は二種類あります

 

最も格上の「袋帯」から説明しますね。

 

「袋帯」は、長さ約4.2メートル、幅約31センチで、二重太鼓または変わり結びにする帯です。

 

「格の高い袋帯」と「しゃれ袋帯」とに分けることができます。

 

 

格の高い袋帯

 

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました、振袖に袋帯の変わり結び

◆振り袖に袋帯で変わり結び

 

格の高い袋帯は、唐織、佐賀錦、錦織などの金糸銀糸をふんだんに織り込んだ袋帯です。

 

合わせる着物は、やはり格の高い着物で、振袖、留袖、訪問着です。

 

 

しゃれ袋帯

 

しゃれ袋帯

◆しゃれ袋帯

 

しゃれ袋帯は、形状は袋帯と同じです。

 

基本金糸銀糸は使わず、趣味性のある柄模様です。

 

合わせる着物は、モダンな訪問着、格の低い江戸小紋など。

 

おしゃれ用に使用し、二重太鼓か角出し結びをします。  

 

(一部にこの中間に属する袋帯もあります。)

 

 

名古屋帯も二種類あります

 

袋帯の次に格が高い名古屋帯。

 

名古屋帯は袋帯を簡略化した帯として考案されました。

 

長さ約3.5メートル、幅約30センチ。

 

名古屋帯には、「九寸名古屋帯」と「八寸名古屋」があり、九寸名古屋帯の方が格上です。

 

 

九寸名古屋帯

 

九寸名古屋

◆九寸名古屋帯

 

普通「名古屋帯」というときは九寸名古屋帯をいいます。

 

獅子の刺繍のアンティーク帯

◆獅子の刺繍の名古屋帯

 

染め帯で芯を入れて仕立てます。

 

九寸の幅に断ってから、八寸幅に仕上げるのでこの名があります。

 

格調高い柄で金銀糸を用いたものは、セミフォーマルになります。

 

付下げ、華やかな小紋に結びます。

 

 

八寸名古屋帯

 

八寸

◆八寸名古屋帯

 

八寸名古屋帯は、織り帯です。

 

八寸名古屋帯

◆八寸名古屋帯

 

 

八寸=約30センチのできあがりの幅で織ってあることから名がついています。

 

主にカジュアルなシーン向きで、紬・お召し・シルク混のウールなどの着物に。

 

 

半幅帯

 

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました、半幅帯

◆おしゃれ着用の半幅帯

 

三種類のうちでは最も格下の「半幅帯」。

 

半幅帯は、長さ約3メートル 30~70センチ、幅16センチほどです。

 

主に浴衣や小紋・木綿・ウール・洗える着物に向く 帯です。

 

袋帯や名古屋帯の約半分の幅(約5から17センチ)で、 そこからついた名称です。

 

染め織り両方あります。

 

 

格調高い織の半幅帯について

 

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました・半幅帯博多織

◆格調の高い博多織の半幅帯

 

半幅帯の中でも、「格調の高い織の半幅帯」があります。

 

博多織をはじめとする格調高い半幅帯は、長さ3メートル80センチ前後。

 

華やかな小紋着物などの社交向きの帯です。

 

 

着物のときの「帯の格」を格の高い順に説明(女性)・まとめ

 

三種類の帯の格は、

 

袋帯>名古屋帯>半幅帯

 

それをさらに詳しく分けた格の順序は、こうなります。

↓↓

 

袋帯>しゃれ袋帯>
名古屋帯>八寸名古屋帯>
フォーマル向き半幅帯>カジュアルな半幅帯

 

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。