着物の帯の格(格式)を詳しく解説/種類を格の高い順に/着物との合わせ方(女性)

獅子の刺繍のアンティーク帯

◆獅子の刺繍のアンティーク帯

着物を着るときに締める帯の「格」について詳しくお伝えします(女性)。

帯の種類は、「丸帯」「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」があります。

このうち最も格上なのが「丸帯」

次に「名古屋帯」、最も格下が「半幅帯」です。

丸帯>袋帯>名古屋帯>半幅帯

簡単にいうとこれでおしまいになるのですが、

ただ、袋帯以下はフォーマルとカジュアルがあるので、もう少し細かく分けてお話します。

スポンサーリンク

最上格の丸帯はどんな帯?

舞妓さん 桜の木

◆舞妓さんが締める丸帯

丸帯は帯の中で最上格で、重さが約3キロほどもあります。

丸帯の形・大きさは、

  • 幅約30cm~32cm
  • 長さ約4m~4m50cm

見た目は袋帯によく似ていますが、裏面も表生地です。

つまり帯のどこを見ても、豪華な表生地なのが丸帯。

使われるのは、花嫁の本振袖(引き振袖)、白無垢、色打掛の掛下帯といった婚礼衣装に、

また舞妓さんの「だらり帯」に用いらるくらいです。

袋帯は二種類あります

袋帯は、長さ約4.2メートル、幅約31センチで、二重太鼓または変わり結びにする帯です。

袋帯は「格の高い袋帯」と「しゃれ袋帯」とに分けることができます。

格の高い袋帯(フォーマルな袋帯)

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました、振袖に袋帯の変わり結び

◆振り袖に袋帯で変わり結び

格の高い袋帯は、唐織、佐賀錦、錦織などの金糸銀糸をふんだんに織り込んだ袋帯です。

合わせる着物は、やはり格の高い着物で、振袖、留袖、訪問着です。

礼装やフォーマルな場面で使われています。

しゃれ袋帯

しゃれ袋帯

◆しゃれ袋帯

しゃれ袋帯は、形状は袋帯と同じです。

基本金糸銀糸は使わず、趣味性のある柄模様です。

合わせる着物は、モダンな訪問着、格の低い江戸小紋など。

フォーマルな場面では使用せず、おしゃれ用に使い二重太鼓か角出し結びをします。

(一部にこの中間に属する袋帯もあります。)

名古屋帯は二種類あります

袋帯の次に格が高い名古屋帯。

名古屋帯は袋帯を簡略化した帯として考案されました。

長さ約3.5メートル、幅約30センチ。

名古屋帯には、「九寸名古屋帯」と「八寸名古屋」があり、九寸名古屋帯の方が格上です。

九寸名古屋帯はどんな帯?

九寸名古屋

◆九寸名古屋帯

普通「名古屋帯」というときは九寸名古屋帯をいいます。

獅子の刺繍のアンティーク帯

◆獅子の刺繍の名古屋帯

九寸名古屋帯は、染め帯で芯を入れて仕立てます。

九寸の幅の生地を、八寸幅に仕上げるのでこの名があります。

格調高い柄で金銀糸を用いたものは、セミフォーマルになります。

付下げ、華やかな小紋に結びます。

八寸名古屋帯はどんな帯?

八寸

◆八寸名古屋帯

八寸名古屋帯は、織り帯です。

八寸名古屋帯

◆八寸名古屋帯

八寸=約30センチのできあがりの幅で織ってあることから名がついています。

長さは、約3メートル50~70センチ。

別名を「袋名古屋帯」といいます。

主にカジュアルなシーン向きで、紬・お召し・シルク混のウールなどの着物に合わせます。

半幅帯とはどんな帯?

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました、半幅帯

◆おしゃれ着用の半幅帯

最も格下の「半幅帯」は、

長さ約3メートル 30~70センチ、幅16センチほどです。

主に浴衣や小紋・木綿・ウール・洗える着物に向く 帯です。

袋帯や名古屋帯の半分の幅(15~16センチ)で、 そこからついた名称です。

染め織り両方あります。

格調高い織の半幅帯について

着物のときの帯を格の高いものから順に並べました・半幅帯博多織

◆格調の高い博多織の半幅帯

一番格下とはいえ、半幅帯の中でも「格調の高い織の半幅帯」があります。

博多織をはじめとする格調高い半幅帯は、長さ3メートル80センチ前後。

華やかな小紋着物などの社交向きの帯です。

着物の「帯の格」を詳しく解説/種類を格の高い順に/着物との合わせ方(女性)・まとめ

以上から、格の高い順に帯をまとめると、

丸帯>袋帯>名古屋帯>半幅帯

それをさらに詳しく分けた格の順序は、こうなります。

↓↓

袋帯>しゃれ袋帯>
名古屋帯>八寸名古屋帯>
フォーマル向き半幅帯>カジュアルな半幅帯

<関連ページ紹介>

◆丸帯とは、仕立て方や袋帯との違い

丸帯とは・仕立て方や袋帯との違いについて(着物用語)
丸帯とはどんな帯化を解説しています。丸帯に合わせる着物、仕立て方やお値段、袋帯との違いについても。あまり使われなくなったのには理由がありました。

◆袋帯とは・種類と柄のつき方、名古屋帯との違い

袋帯(ふくろおび)とはどんな帯?種類/名古屋帯との違い見分け方
袋帯(ふくろおび)とはどんな帯?袋帯の種類を解説、また名古屋帯との違い、見分け方についても。フォーマルでない場面で紬のざっくりとした帯をしているとしゃれ袋帯か名古屋帯かの区別がつきにくいです。

◆名古屋帯の形状・種類について

名古屋帯(なごやおび)・形状や種類について(着物用語)
名古屋帯は女性が外出用の帯結びとして「一重太鼓」を結ぶときの帯です。「一重太鼓」は通常「お太鼓結び」といいます。名古屋帯は、名古屋の女学校の先生が考案したため、「名古屋帯」と名称され、広く全国に広まることになりました。ここでは、着...

◆半幅帯と浴衣帯との違い・各部の名称

半幅帯と浴衣帯の違い・各部の名称や扱い方を紹介します
着物のとき使う「半幅帯(はんはばおび)」と「浴衣帯」、よく似ていますね。どんな違いはあるのでしょうか?まずはその疑問から解決します。また各部分の名称と、扱い方をお伝えします。半幅帯の由来と特徴浴衣帯の特徴形状と名称扱い方...
きものの時にする帯の種類
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました