丸帯とは・仕立て方や袋帯との違いについて(着物用語)

桜の木の下で微笑む舞妓さん

◆丸帯で「だらり」を結んでいる舞妓さん

女性の帯のうち、一番豪華な帯が「丸帯」です。

帯の「格」では最も格上の帯です。

重さが約3キロほどもあります。

「丸帯」の仕立て方や袋帯との違いについてお話しますね。

スポンサーリンク


「丸帯」とはどんな帯?

丸帯の形・大きさは、幅約30cm~32cm、長さ約4m~4m50cmに仕立てた帯

見た目は袋帯によく似ていますが、裏面も表生地です。

つまり帯のどこを見ても、豪華な表生地なのが丸帯。

これは丸帯が丸帯専用の帯生地を使っているからです。

(昭和初期まで礼装用だった丸帯は長さ4.0mくらいでした)

丸帯の仕立て方

丸帯の仕立て方は、

  1. 丸帯用の帯地、幅約68センチ、長さ約4m~4m50cmの広幅の布を二つ折にし
  2. 芯を入れ
  3. 片方の端をぬって仕立てます

ですから表面も裏面も、同じ生地になります。

丸帯が用いられる場面

現代では、花嫁の本振袖(引き振袖)や、白無垢・色打掛の掛下帯といった婚礼衣装として。

また舞妓さんの「だらり帯」に用いられます。

丸帯の文様

丸帯は最も格が高い帯なので、伝統的な

  • 有職模様
  • 吉祥模様

を、唐織・金襴・糸錦等で織り出し、非常に豪華なものです。

あまり使われなくなった理由

袋帯は表裏ともに絢爛豪華な柄が織り出してあるので、

重くて締めにくい帯です。

自分で締めるものではなく、誰かに締めてもらうものです。

そのため戦前までは一番格の高い帯として用いられてきましたが、

丸帯に代わって「袋帯」が昭和初期から作られるようになり、

今では礼装用の帯といえば「袋帯」をさすようになりました。

丸帯と袋帯の違い

袋帯(裏は黒い裏生地)

◆袋帯(裏は黒い裏生地)

丸帯と袋帯の違いは、ぱっと見には判断がつきにくいです。

ですが、裏面を見るとわかります。

「丸帯」は裏面も表と同じですが、「袋帯」は裏は模様のない裏生地が使われています。

また「丸帯」は幅広の生地を半分に折っているので、帯幅の一方は縫い目がありません

丸帯とは・仕立て方や袋帯との違いについて(着物用語)まとめ

丸帯は最も格上の帯ですが、現代では花嫁衣装や舞妓さんが締めるくらい。

丸帯を軽量化し表生地と裏生地を袋状にしたものが袋帯。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました