着物をなぜ着るの?儀式のきもの・ファッションのキモノの今そして日本人

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノを考える・振袖の女性手をついてあいさつしている

あなたは「着物」と聞いてどんなイメージを思いうかべますか?

振袖姿のお嬢さん、花嫁さん、あるいは夏の浴衣姿でしょうか。

最近では洋服とのコーディネートを、ファッションとして楽しむ人もありますね。

着物を着る理由は人それぞれ。

それでも大きくわけると、二つに分かれます。

  • ひとつは「儀礼的なもので着るべきだと着ている人」
  • もう一つは「おしゃれや楽しみで着ている人」

ここでは「現代の着物事情」を考えてみます。

スポンサーリンク

儀式としての着物・意味や考え方

着物を着る理由・ファッション

◆振り袖にふくら雀の変わり結び

衣装として着物を着る文化は、連綿と続いています。

冠婚葬祭をはじめとして、儀式のときの装いとしての着物は多く残っています。

代表的な儀式のときの着物

  • 結婚式のときの新郎新婦の母親や親族が着る黒留袖や色留袖
  • 花嫁の本振袖、白無垢
  • 成人式の振袖、紋付き袴
  • 七五三詣りのお母様の訪問着

これらは正装・礼装といわれる装いですね。

立場によって装う着物の種類はかわりますが、それは秩序や品格、落ち着きをもたらします。

目立とうとか自分を主張するものではなく、調和を守る要素が和装にはあります

着物を着なければならない人

着物を着る理由・ファッション

◆袋帯の変わり結び

儀礼的なこと以外では、「着物を着なくてはならない立場の人」もいます。

例えば

  • 夜のお仕事で着物を着なくてはならない
  • 割烹料理店なので着物で接待しなくてはならない
  • 旅館で働くのに着物を着なくてはならない

などお仕事で必要な方たち。

(ただし、着なければならないとしているのはあくまでお店の都合)

また和のおけいこで指導する立場の方もそうでしょう。

ほかに、着なければならない立場の人としては、

  • ご主人のお付き合いの関係上、着物を着なくてはならない
  • 海外赴任にあたり、社交パーティーで着物を着なくてはならない
  • 和のおけいこの発表会で着なくてはならない

という方もいらっしゃいます。

日本特有の伝統行事や日本の季節・技術を伝承する仕事に関連のある方、また日本を代表するというような場合ですね。

儀式・卒業袴のファッション化

着物を着る理由・儀式のきもの・ファッションのキモノ「現代のきもの事情」袴姿

◆女性の袴姿

儀式の中での着物でも、「卒業式の袴」はおしゃれのための要素が大きくなりました。

振袖と袴を合わせて、刺繍や色目も一段と華やかになっています。

女学生の清楚さとは程遠い、すでにファッションとして定着しているような感がありますね。

着物をファッションといて楽しみたい人

着物姿の女性二人

◆カジュアルな小紋の着物の若い女性

さて儀式ではなく、着物を着ることそのものを楽しんでいる方もあります。

  • 「変身願望をかなえたい」
  • 「日常と離れたおしゃれを楽しみたい」

こういう方は純粋に着物を楽しみたい、ファッションとしてとらえている方ですね。

ファッションとして楽しむ着物

  • 美術館や食事会など特別なお出かけは着物で
  • レセプションやパーティーに着物で
  • お出かけ全般に着物を利用

自分の楽しみのお出かけや交友関係をはぐくむときなどに、着物を利用する方たち。

ファッションとして着物を着るなら、自分が楽しめればよいのです。

その場に合うかどうかは大切な要素ですが、自由な発想でおしゃれをすればよいですね。

ファッションとして楽しむ着物の種類

紬着物 紅型の名古屋帯

◆紬着物 紅型の名古屋帯

ファッションとしての着物は、いわゆる「おしゃれ着」といわれるキモノを利用します。

<おしゃれ着の例>

  • 浴衣
  • 小紋の着物
  • 紬の着物
  • 木綿の着物
  • ウールの着物
  • 小紋柄や格子柄の洗える着物

プライベートな時間を過ごす、かしこまらないきものです。

ショッピング、ランチ、コンサート、美術館、演芸会、和のおけいこなど。

レトロなきものをファッションとして

アンティークの名古屋帯獅子の刺繍

◆昭和初期・獅子の刺繍の名古屋帯

キモノファンの中に、レトロなキモノが好きな方たちがいますね。

大正や昭和の初期に流行っていた、モダンな柄で面白味のあるキモノは個性的です。

柄の半衿をたっぷり出したり、おはしょりをとらない着方などもいいでしょう。

より自由度の高いおしゃれが楽しめるでしょう。

和洋がミックスされた着物を楽しむ

着物ファッションの多様化・スマホ電話している着物の女性

キモノをもっとくだけた衣料としてファッションとして、楽しんでいる人も増えてきました。

例えば

  • Tシャツとジーンズに、羽織や長じゅばんを羽織る
  • 洋服の上にキモノを羽織ってベルトを締める
  • キモノに靴をはき、マフラーや帽子など合わせる
  • キモノを膝下あたりの丈で着て、太いのベルトや長いブーツを合わせる

など。

一般的な着物の着方は関係なく、「柄」「模様」「色」の珍しさを遊ぶという感じですね。

こうした楽しみ方にルールはありません。

着物をなぜ着るの?儀式のきもの・ファッションのキモノの今そして日本人・まとめ

着物は伝統的な儀礼や冠婚葬祭の場で、日本の衣装文化として残ります。

私たちは着物を着ると日本人としての意識(自覚)がめざめたり、伝統をまとう感覚などがわいてきたりします。

若い方にとっては馴染みがうすくなりつつあるかもしれませんが、数十年前までは日常に着るものでした。

日本の伝統美や伝統につちかわれた着物の良さを残しつつ、「ファッションとして楽む」文化の進化。

着物はあくまで着るもの、おしゃれの仕方はこれからも変化していくことでしょう。

<関連ページ紹介>読み物としての講座をのせていますので、よろしかったらどうぞ。

「おしゃれ着きもので着物生活」をしてみたい方向きの講座⇒第一回めはこちらです⇒講座「おしゃれ着きもので着物生活」その1「着物の力を味方につけて自信と喜びを」

着物と過ごす時間
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました