祖母の着物の種類・お宮参りや七五三のときは何を着るといい?
スポンサーリンク

祖母の着物の種類・お宮参りや七五三のときは何を着るといい?

色無地のきものを着た女性

お孫さんのお宮参りや七五三に付きそうおばあ様。

 

初孫のお祝い事には着物を、とお考えの方もあるかと思います。

 

久しぶりのお着物で、何を着るといいかというお話です。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

孫のお宮参りと七五三に着る着物の種類

 

おばあ様の着物は、お母さまの着物と基本同じと思ってよいです。

 

 

祖母(おばあ様)にふさわしい着物

 

  • お母さまの着物:訪問着・付け下げ・色無地
  • おばあ様の着物:訪問着・付け下げ・色無地

 

紋はあってもなくてもよいでしょう。

 

 

祖母(おばあ様)にふさわしくない着物

 

小紋の着物を着た女性

◆ふさわしくない着物・小紋の着物

 

ふさわしくない着物は、小紋・留袖(黒留袖)・つむぎ・お召。

 

(小紋は全体に柄がある着物です。)

 

もちろん普段着とよばれる着物は不向きです。

 

 

祖母(おばあ様)にふさわしい着物の色

 

一つ紋の訪問着後ろ姿

◆一つ紋の訪問着・後ろ姿

 

おばあ様にふさわしい着物の色は、これと一言ではいえないですが、

 

明るくやわらかい印象の色目がよいですね。

 

薄茶・黄緑・卵色・青みのある灰色といったところ。

 

けばけばしい色、派手な色はふさわしくないですね。

 

やはりお母さまより、少し控えた印象のものがよいかと思います。

 

 

祖母(おばあ様)にふさわしい着物の柄

 

訪問着や付け下げには柄がありますが、通過儀礼のお祝いなので、

 

古典的な柄や控えめな花柄がふさわしいでしょう。

 

あまりモダンな個性的な柄は控えた方が無難。

 

 

祖母(おばあ様)、きものの時のアクセサリーは

 

七五三やお宮参りのとき、おばあ様の立場はあくまで付き添い。

 

あまり堅苦しく考えず、いつもつけている指輪や細い時計はそのままで大丈夫。

 

帯留めに宝石をつけておしゃれ感をだしてもいいですね。

 

 

祖母だけ着物でもいいですか?

 

祖母だけ着物でもいいですか?という質問もときどきいただきます。

 

それは全く問題ないと思います。

 

両家の祖母同士で合わせないといけないということもありません。

 

結婚式のときは、両家で洋装、和装を合わせる方がよいという考えが一般的ですが。

 

 

レンタル着物はお母さまと同様に

 

レンタルされるなら、お母さまと同様、早めに予約をおすすめします。

 

訪問着・付け下げ・色無地のうち、レンタルの数が多いのが訪問着です。

 

ですが、50代60代に向く訪問着の色は少なめで、七五三での利用は一時に集中するからです。

 

レンタルは着物にあう帯がセットになっているので、迷うことはありません。

 

 

祖母の着物の種類・お宮参りや七五三のときは何を着るといい?まとめ

 

帯結びは、お祝い用(フォーマル用)の袋帯で二重太鼓で。

 

おばあ様はお母さまより少し控えめで仕度をなさるとよいです。

 

これからは落ち着いた色目の訪問着または色無地が一枚あると、重宝します。

 

ここでは都心部の一般的な考え方をお伝えしています。

 

伝統や格式を重んじる家風のご家庭では、

 

どんな紋をいくつつけるかといったことも重要になります。

 

これまでのしきたりを重んじて各ご家庭での話し合いをなさってくださいね。

 

(きらこよしえ)

 

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。