ファッションとしての着物・足元にブーツや靴をどう思う?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

ファッションとしての着物・足元にブーツや靴をどう思う?

袴姿

 

着物のときブーツをはくというと、卒業式の女学生の袴のとき、っていうのが定番ですが、

 

それ以外のときに着物にブーツをはくのはどうなんでしょう?

 

草履や下駄でなく、靴をはいたらどうなんでしょう?

 

着物のときの履物といえば、「草履と下駄に決まってる」といわれますが、

 

実際靴と着物を合わせていた時代もあるんです。

 

それに草履も下駄も、「靴に慣れた足には歩きにくい」ものですし、「靴ならいっぱい持ってるし」、

 

ということで若い世代には、「着物に靴でもいいんじゃない?」という考えがあるようですよね。

 

 

個人的には、着物のおしゃれを楽しむときに、靴やパンプスをはいてもいいと思います。

 

現代では「着物をファッションとして楽しむ」という意識がとても小さいので、

 

「靴はいけない!」みたいな風潮があるのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

着物に靴を履いていた時代もあったんです

 

ロングブーツ

 

坂本龍馬の写真を見たことありますよね。

 

彼を知ることのできる有名な写真が二つあって、

 

一つは彼が演台にもたれかかって、紋付袴姿でポーズをとっている写真、

 

もう一つは椅子に座って遠くを見つめている写真。

 

演台の横の立ち姿では、草履をはいているのですが、座っている写真ではブーツをはいています。

 

江戸の末期なので当時はとても珍しかったそうで、

 

男性が先に靴を取り入れていったのははっきりしています

 

明治に移行していく時代に、男性の洋装が正装に取り入れられていき、

 

靴やブーツが一般化していきます。

 

頭の先から足の先まで洋装にできた人は、ごく限られた身分の人でした。

 

 

一般女性が洋服になるのは戦後から

 

一般の男性は、着物に靴、洋服に草履・下駄など、

 

長い年月をかけて少しずつ着るもの、履くものが変わっていったのです。

 

戦後しばらくしても、詰襟の学生さんが下駄をはいていたのは、映画の中でもよく見かけます。

 

女性は男性より遅れて、明治の初期に女学生が袴をはくようになってから、ブーツを履くようになりました。

 

それも裕福な女性だけなので、人口的にはごくごくわずか。

 

女性の着るものは依然着物が続き、洋服が一般の人のものになったのは、昭和20〜30年代です

 

靴も同時に取り入れられるようになったので、女性の場合は一気に洋装化したといっていいと思います。

 

男性の場合は洋装が早かったのに、靴やブーツの普及が遅れていたので、

 

洋装なのに足元は草履・下駄ということはよくあったはずです。

 

それに下着の洋装化も進んだので、着物の襟の内側に、

 

白い丸首の下着やシャツが見えているといういでたちの人が、昭和の初期ころまでは多かったようです。

 

 

日常で着るならお楽しみ優先でいいよ

 

昔は日常も晴れの日も着物でした。

 

それが、晴れ着だけが着物であるかのようになっているのが現代の着物の文化ですね。

 

でも少数ではありますが、着物を日常にも着ている人もあります。

 

 

年齢上の人は着物のときは草履下駄

 

そういう人は年配の方が多いようですが、今まで通りの着物の着方をして、

 

草履や下駄を合わせていると思います。

 

本当はどんな着方をしてもよいのが日常着のはずです。

 

もっとファッショナブルに着こなしていいはずなのですが、

 

年齢があがるとそこまでおしゃれに関心も薄れます。

 

 

ファッションを楽しむ着物の足元は何でもOK

 

着物をファッショとして楽しむ若い方が増えていけば、

 

ありきたりの着物姿でなく、洋装のよいところをどんどん取り入れて、

 

おしゃれを楽しむ人が増えるはずだと思います。

 

先進的な若者の中には、そんな着物ファッションもすでにある?のかもしれません。

 

ファッションはやはり若者が敏感です。

 

若い人に着物のおしゃれはお任せします。。といっても、

 

今売られている着物には、ファッション感覚のある着物はない(少ない)のでしょう。

 

着物の形は依然として変わっていませんし、丈や袖なども変化がありません。

 

もしファッションとして着物を楽しもうとすれば、

 

  • 自分で着方を変えてしまう
  • 靴もパンプスもOK
  • スカーフも帽子も合わせてみる

 

どんどん手持ちの小物を身に着けてみて、

 

今までの固い頭の着物の枠を超えていけばいいと思うのです。

 

 

着物ファッションコンテストは奇抜!

 

10年ほど前から、着物ファッションのコンテストが開催されていました。

 

これは若者に着物に親しんでもらおうという趣旨だったように覚えていますが、

 

何年か開催されていましたが、今は定かではありません。

 

が、このコンテスト、奇抜なファッションの応募ばかりでしたよ

 

  • 着物をミニ丈まで上げていたり
  •  

  • 膝あたりまでにしていたり
  •  

  • 袖はまくってシャツの袖を丸見えにしていたり

 

ヘアスタイルも足元も、現代のものでまとめ上げている、

 

「おしゃれ度抜群」の応募ばかりでした

 

見える着物の総面積を小さくして、洋服を着ている感覚と同じようなスタイルになっていましたから、

 

こうなると着物なのか洋服なのかの区別ができるものではありませんでした。

 

でもファッションはそれでいいと思うのです。

 

着物は晴れの日以外は、日常着でおしゃれを楽しむ衣類です。

 

好きなように自由に着こなしていけばいいと思います。

 

 

一万円ルールの「カジュアル着物女子コンテスト」

 

平成23年12月に、東京の葛飾区で行われた、

 

『カジュアル着物女子コンテスト』というイベントを見つけました。

 

「着物と帯で一万円という厳しい出場ルール」にも関わらず、

 

「総勢50名近くの出場者」となっていました。

 

このときの出場者の中には、

 

  • モコモコブーツの方
  • 手袋にパンプスの方
  • 思い切り大きな髪飾りをつけた方

 

など、アイデアたっぷりのおしゃれをされていました。

 

こんな自由な楽しみ方は、若い方ならではだと思います。

 

日常で楽しむ分には、「着物のかくあるべき」といった意識はゼロにして、

 

自由な発想で楽しめばいいということですね。

 

お値打ちで、もっとポップな柄の着物が出てくるといいのかな?という気もしています。

 

 

以上は私の考えです。

 

私も熟女、ファッションとしての冒険はとてもできそうにありません。

 

若い人!頑張れ!

 

ホントは「いいわね」と内心思っているオバサンもいますから。

 



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する