着物の時ピアス・指輪・アクセサリーはいいですか?詳しくまとめました!

着物でピアス・指輪・アクセサリーはOK?詳しくまとめました!

「着物のときピアスはいいの?」「指輪はいけないって聞いたんだけど。。」

洋服のときつけるいつものアクセサリー、きものの時はどうなのか気になりますね。

「アクセサリーは全部ダメよ!」という人もいるようですし。。。

もしダメならどんな理由でダメなのか。

そこのところを詳しくお伝えしますね。

これは、まで着物の諸先輩に学ん今できた経験を総合しての、着物とアクセサリーの関係をまとめたものです。

スポンサーリンク


着物とアクセサリーの関係

「着物」と一言でいっても種類がいくつかあるので、大まかに二分して考えます。

そうしないと「着物」という言葉で連想するイメージが、人によって違ってしまうからです。

分け方はこのふたつです。

「礼装・正装と呼ばれる着物で式典や社交目的に参加するときの着物」

「おしゃれして行くプライベートお出かけのときの着物」

この二つに分けてみていきます。

その前に、こんな話を聞いたことがありませんか?

基本的に着物にアクセサリーはしない」という話です。

これは、着物で暮らしていた時代には、イヤリングや指輪などで身を飾る習慣はなかったことに由来しています。

そこだけちょっと押さえておきたいのです。

「着物にアクセサリーをしない」理由

着物が日常着だった時代は、髪を高く結い上げたり、年齢や未婚既婚の別でも髪型が違っていていました。

髪にかんざしや櫛はするものの、その他の装飾品をつけることはありませんでした。

その後着物が日常から離れていき、日常には洋服を着、特別な日にだけ着物を着る人が増えていきました。

そうなると洋服用のアクセサリーを華やかな席、特別な着物のときにも使う人が出てきたわけです。

それを非常識とみなすのか、時代の流れでしかたがないんじゃない?と考えるのか

昔のことを知っている年配の方は「非常識」に近い考えですし、「そんな時代錯誤なこと」と受け流す若い人も増えたのですね。

現代では「着物は特別な時に着るもの」という意識が強まり、「アクセサリーに対する考え方も進んで」います。

目的によって着物の種類が違うように、許容されるアクセサリーの考え方にも違いがでてきているということをまずお伝えします。

式典や社交目的に参加するときの着物とアクセサリー

最初に着物を二つに分類しました。

その一つ「礼装・正装と呼ばれる着物で式典や社交目的に参加するときの着物」のときのアクセサリーから説明します。

「式典や社交の目的で着物を着るとき、アクセサリーはしない、またはしてはいけない」

という考えが最も多いです。

「礼装・正装と呼ばれる着物で式典や社交目的に参加するときの着物」のときのアクセサリー

アクセサリーの種類によっては、してもよいものがあります。

一つずつみていきますね。

ピアス・イヤリング

着物でピアス・指輪・アクセサリーはOK?ピアスネックレスの写真

ピアスは基本的にはしない方がよいです。

してはいけないという決まりはありませんが、してはいけないと思っている人(年齢高めの方)が多いので、しない方が無難という意味です。

ピアスの中でもしてもいいと思えるものは、耳にぴったりついていて、ごく小さいものならよいでしょう。

ゆらゆら揺れるものはやめましょう。

これはイヤリングも同じ考え方でよいです。

留袖を着るときや年齢の高い方が礼装着物を着るときはピアス・イヤリングはNGです。

指輪

着物でピアス・指輪・アクセサリーはOK?指輪の写真

指輪は、結婚指輪や婚約指輪で、平たいものならOKです。

立爪の指輪もあまりゴテゴテしていないものならよいでしょう。

帯留め

帯留めは基本装飾品で、現代ではこのように考えられています。

  • 振袖や留袖には帯留めはしない
  • 訪問着は改まった席には真珠・ダイヤ・ヒスイ・エメラルドルビーなどをしてもよい
  • それ以外の場所へなら、べっ甲・七宝など趣味感覚のものをしてもよい
  • 付け下げは宝石を避けて、べっ甲・七宝・蒔絵・彫金が向く

腕時計

腕時計はしない方がよいと思います。

理由は、ない方が手首がきれいに見えるからです。

それともう一つの理由、社交の場で時間をいちいち気にするような雰囲気にしないためです。

訪問着や付け下げなら、細いエレガントな腕時計ならしていてもよいでしょう。

ネックレス

首を飾るものは着物のときはしないものです。

半衿や伊達衿で胸元を飾るのが着物の装いなので、ほかに飾りをしていると違和感があります。

その他の装飾品について

その他の装飾品についても、気になるものがありますね。

マニュキア・ネイル・付爪

指先を飾るマニキュア・ネイル・付け爪については、淡くて清潔感のある色ならつけてもよいでしょう。

根付(ねつけ)

根付(ねつけ)は帯に飾る飾りですが、式典や社交目的に参加するときの着物にはつけません。

ブレスレット

手首の飾りはどのような素材のものでも、つけないようにします。

着物のときはない方が手首がきれいに見えます。

アクセサリーを身につけるときの注意

式典や社交の場で着る着物は、上等なものが多く大切にしたいきものでしょう。

身につけてもよいアクセサリーでも、着付けのときに着物にひっかけることのないよう注意が必要です。

特に腕時計は、着物を脱ぎ着する際には、はずしておくと安心です。

和服の美はマイナスの美

和服着物の女性、若い人と中年の人

洋服と和服(着物)の美意識の違いみたいなものもが日本にはあります。

「洋服はプラスの美」、「和服はマイナスの美」といわれます。

礼装・正装の時は、髪をアップにして着物のボリュームに合うよう大きく髪型を作るので、その時かんざしをする程度で十分なバランスと美しさがかもしだされます。

他のものをいろいろと付けて飾るより、マイナスの美を愛でるくらいが品よく映るという考えです。

ではここからは、もう一つの分け方をした「プライベートのお出かけのときの着物とアクセサリー」です。

「プライベートお出かけのときの着物」の場合のアクセサリー

はっきり言ってしまうと、プライベートでお出かけするときなら、どんなアクセサリーをしていてもよいというのが、管理人の考えです。

どんなピアス(イヤリング)、帯留め、指輪、腕時計をしていてもOKです。

品質のよい着物の場合

ただし、品質も格も高い訪問着や付け下げ、色無地などの着物のときは、格(品格)のあったものをつけましょう。

洋服のときのコーディネートと同じ考え方で、着物とアクセサリーの格は合わせて、色や大きさのバランスをとってください。

普段着のお出かけ着物

礼装・正装と呼ばれる着物で式典や社交目的に参加するときの着物の場合は、髪飾り以外は基本何もしないと考えてください

目立たないピアス(イヤリング)、いつもしている結婚指輪・細い腕時計くらいはOK。

プライベートお出かけのときの着物は、どんなアクセサリーもOK。

ただしTPOを考えて着物とバランスの合ったものを。

年齢の高い人ほど「着物にアクセサリーはつけない」と考えている人が多いことを知っておく。

結婚式・披露宴をはじめとする改まった席に参加するときは、自分が目立つために装うのではありません。

その場の雰囲気を盛り立て、主催者に喜んでいただく、そんな気持ちで着物を装う心構えがよいと思います。

「和服の美」「洋服の美」についてあなたも考えてみてくださいね。

プライベートの着物のときは、大いにアクセサリーのおしゃれも楽しんでくださいね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました