「麻の葉模様」の意味・赤ちゃんの成長を願う柄・麻の特徴も
スポンサーリンク

「麻の葉模様」の意味・赤ちゃんの成長を願う柄・麻の特徴も

和柄「麻の葉模様」の意味と麻の着物の特徴

◆麻の葉模様の着物

 

「麻の葉模様」は、和柄を代表するとてもポピュラーな模様です。

 

着物・帯・長じゅばん・子供の着物・赤ちゃんの産着に、

 

小物入れ、装飾品などにも広く使われています。

 

どこかで見た懐かしい柄、そんな麻の葉模様の意味や使われ方についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

麻の葉模様の意味

 

麻の葉模様は、麻の葉の形を文様化した幾何学模様

 

麻の生育は早く、100日から120日余りで、3mから4mの大きさに成長します。

 

非常に成長速度の速い植物であり、病気や害虫に強い性質から、赤ちゃんや子供の成長を願う柄として昔から使われてきました。

 

麻はすでに紀元前から栽培されていて、茎の繊維を利用して布にします。

 

今では衣類に麻は少ないですが、戦国時代に木綿の栽培がされるようになるまでは、庶民の衣類は麻を原料にしていました。

 

 

麻の葉模様の由来・特徴

 

和柄「麻の葉模様」の着物

◆麻の葉模様の着物

 

麻は布以外にも、糸・網・縄などに幅広く使用されていて、強度があります。

 

現在でも注連縄(しめなわ)や鈴緒(すずお・神社やお寺でお賽銭箱の上にたれている鈴のついた縄布)、神事に関係する場面で使われます。

 

  • 手間をあまりかけなくても大きく育つ
  • 麻の葉模様そのものに邪気をはらう力がある

 

とされたため、魔除けの意味もありました。

 

そのため、赤ちゃんの成長と魔除けの意味を込め、産着の模様に麻の葉模様はよく用いられ、

 

また子供の着物にも、同じく健康ですくすく育つようにとの願いを込めて、頻繁に用いられる柄でした。

 

 

麻の葉柄・麻の葉つなぎ

 

和柄麻の葉模様の風呂敷

◆麻の葉模様

 

麻の葉模様は、麻の葉の形を文様化した幾何学模様で、六角形のひし形を結び付けた模様です。

 

またその連続模様をいい、「麻の葉つなぎ」ともよびます

 

麻の葉模様は平安時代からあったようで、当時製作された仏像の装飾には、麻の葉の模様が表現されています。

 

江戸時代になると、歌舞伎役者で大和屋の屋号を持つ岩井半四郎が、麻の葉模様の衣装を舞台で着たことから、庶民の間で麻の葉模様の着物が大流行したそうです。

 

麻の葉模様の人気はその後も衰えず、様々なバリエーションが生まれています。

 

 

「麻」の着物の特徴

 

麻の着物夏用

◆麻素材の夏用着物

 

数は少ないですが、今も「麻」の着物は作られています。

 

特徴としては、保温力はないものの、吸湿性のよさと放水性のよさから、夏の衣類として最適な生地です。

 

現代では麻の着物といえば、7~8月の盛夏用のきものとして用いられています。

 

麻の着物の長所・丈夫

 

実際着ていると、木綿のものよりも丈夫だと感じます。

 

洗っても繊維の傷みがすくなく、ハリが長く保たれます(家庭で手洗い可)。

 

麻の着物は「夏に頻繁に着用しても何十年ももつ」といわれていますよ。

 

 

麻の着物の欠点・シワ

 

欠点はシワになりやすいことでしょう。

 

特に座るとヒップやふくらはぎあたりに、大きなシワができます。

 

そのシワさえ麻の味わいと思えばいいのですが、裾が上がって見苦しいと感じるかもしれません。

 

シワそのものは、ハンガーにかけて霧吹きをかけておけば、自然にとれます

 

 

麻の着物の欠点・形状が残る

 

また長時間座る動作では、ヒップの丸みの形状が少し残ることがあります。

 

伸縮性はないので、連日着用はさけた方がよいです。

 

 

和柄「麻の葉模様」の由来と意味・麻の着物まとめ

 

麻の葉の形を文様化した幾何学模様で、六角形のひし形を結び付けた模様。

 

成長を願い魔除けを祈願するため、今も赤ちゃんや子供の衣類に。

 

和装では盛夏の着物として利用されている。

 

特徴を知って利用すれば、非常に丈夫な繊維で長く愛用できます。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。