「麻の葉模様」の意味・成長を願う/鬼滅の刃のねずこの着物柄
スポンサーリンク

「麻の葉模様」の意味・成長を願う。鬼滅の刃のねずこの着物柄

和柄「麻の葉模様」の意味と麻の着物の特徴

◆麻の葉模様の着物

 

鬼滅の刃でお馴染みのヒロイン禰??豆子(ねずこ)の着物の柄、麻の葉。

 

麻の葉の模様は、平安時代から仏像の装飾などにも使われてきた伝統的な柄です。

 

和柄を代表するとてもポピュラーな模様です。

 

着物・帯・長じゅばん・子供の着物・赤ちゃんの産着に、

 

また現在では 建築やファッショングラフィックなどの様々な分野でも利用されるその美しい文様が、世界中に知られています。

 

どこかで見た懐かしい柄、そんな麻の葉模様の意味や由来についてお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

麻の葉模様の意味

 

麻の葉模様は、麻の葉の形を文様化した六角形のひし形を結び付けた幾何学模様

 

 

成長が速く病気に強い麻

 

植物の「麻」の生育は早く、100日から120日余りで、3mから4mの大きさに成長します。

 

非常に成長速度の速い植物であり、病気や害虫に強い性質から、赤ちゃんや子供の成長を願う柄として昔から使われてきました。

 

麻はすでに紀元前から栽培されていて、茎の繊維を利用して布にします。

 

今では衣類に麻は少ないですが、戦国時代に木綿の栽培がされるようになるまでは、庶民の衣類は麻を原料にしていました。

 

 

麻の葉模様の由来

 

和柄「麻の葉模様」の着物

◆麻の葉模様の着物

 

麻は布以外にも、糸・網・縄などに幅広く使用されていて、強度があります。

 

現在でも注連縄(しめなわ)や鈴緒(すずお・神社やお寺でお賽銭箱の上にたれている鈴のついた縄布)、神事に関係する場面で使われます。

 

  • 手間をあまりかけなくても大きく育つ
  • 麻の葉模様そのものに邪気をはらう力がある

 

とされたため、魔除けの意味もありました。

 

そのため、赤ちゃんの成長と魔除けの意味を込め、産着の模様に麻の葉模様はよく用いられ、

 

また子供の着物にも、同じく健康ですくすく育つようにとの願いを込めて、頻繁に用いられる柄でした。

 

麻の葉模様・寄木細工の精緻な麻の葉柄

◆寄木細工の精緻な麻の葉柄

 

 

麻の葉柄・麻の葉つなぎ

 

和柄麻の葉模様の風呂敷

◆麻の葉模様

 

麻の葉模様は、麻の葉の形を文様化した幾何学模様で、六角形のひし形を結び付けた模様です。

 

またその連続模様をいい、「麻の葉つなぎ」ともよびます

 

平安時代に製作された仏像の装飾には、麻の葉の模様が表現されています。

 

江戸時代になると、歌舞伎役者で大和屋の屋号を持つ岩井半四郎が、麻の葉模様の衣装を舞台で着たことから、庶民の間で麻の葉模様の着物が大流行したそうです。

 

麻の葉模様の人気はその後も衰えず、様々なバリエーションが生まれています。

 

 

「麻の葉模様」の意味・成長を願う/鬼滅の刃のねずこの着物柄まとめ

 

麻の葉の形を文様化した幾何学模様で、六角形のひし形を結び付けた模様。

 

成長を願い魔除けを祈願するため、今も赤ちゃんや子供の衣類に多い。

 

日本特有の「和柄」のひとつで、その美しさから建築やファッショングラフィックなどに使われている。

 

鬼滅の刃の炭治郎の羽織の柄「市松模様」の意味は↓↓

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。