おしゃれ着としての浴衣(ゆかた)・夏を楽しむ!基本のスタイルは
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

おしゃれ着としての浴衣(ゆかた)・夏を楽しむ!基本のスタイルは

淡い青の浴衣を着た若い女性

 

 

「浴衣」は一言で言えば「夏のおしゃれ着」。

 

夏ならではのイベント、花火大会・ビアガーデン・夏祭り・盆踊りなどに最適です。

 

浴衣で来場した人には「割引」の特典をつけているところもありますね。

 

今でこそ浴衣は「夏のおしゃれ着」ですが、昭和40年ごろまでは「夕涼みの普段着」であり「寝巻」でもありました。

スポンサーリンク

 

現代の浴衣・着こなし

 

着物をまだ日常に着ていた昭和40年代ごろまでは、浴衣は白地か藍地のものばかり

 

現代のような多色使いの浴衣は、昭和50年代からでしょう。

 

その後は夏の「おしゃれ着」として外出用に用いられるようになり、華やかなデザインが増えていきます。

 

 

着物の入門としても

 

浴衣は着物の入門として最適なので、夏の遊び着としてまず楽しんでください。

 

浴衣に合わせる帯は、浴衣帯半幅帯

 

近年華やかな兵児帯(へこおび)も若い女性に人気です。

 

 

基本の浴衣スタイルについて

 

紺地と白地の浴衣を着た若い女性二人

 

外出着として着る現代の浴衣は、汗取りのため下着をつけ透けて見えないようにします。

 

素足に下駄が基本のスタイル

 

しかしながら下駄は履きなれないと、鼻緒ずれで痛くなることがあります。

 

軽い外出(遊び)なら、ミュールやサンダルを履いてもいいでしょう。

 

アクセサリー類は減らし、ヘアやメイクもすっきりとまとめるようにすると素敵です。

 

 

上質な浴衣は着物と同じ着方もOK

 

浴衣の中でも上質(高級)といわれる浴衣は、白半襟をつけ白足袋、草履をはくことで、お出かけ着としての利用もできます。

 

素材としては、

 

  • 絹紅梅(きぬこうばい)
  • 絞り
  • 注染長板染(ちゅうせんながいたぞめ)など

 

また帯は名古屋帯にし、着物の品格と合わせるようにします。

 

参考⇒「粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作も

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する