小紋(こもん)の着物とは・染め方、いつ着る?帯合わせコーデも

小紋(こもん)の着物・特徴は?いつ着るの?帯合わせについても

「小紋の着物ってどんな着物?いつ着るの?」という質問をよくいただきます。

小紋の着物は、一言でいうと、「繰り返しの模様を染めたおしゃれ用の着物」です。

そしてプライベートの外出着として着用します。

とお答えしても、まだわかりにくいですよね。

そこで、もっと具体的に以下の順でお話します。

  • 小紋とはどんな着物をいうのか
  • 染め方は
  • どんな時に着るものなのか
  • 小紋にふさわしい帯

スポンサーリンク


小紋の着物とはどんな着物をいうのか

小紋(こもん)の着物・連続した模様で染められています

◆小紋の着物の一例、模様が連続している

小紋の着物は、このように連続した模様が染められています。

着物の全体に模様があります。

小紋・染め方

着物の生地は「反物」といって幅38センチほど長さが13メートルほどの生地です。

この長い反物に連続した模様を出すには、型紙をおいては染め、また次の場所においては染めていきます。

模様が複雑で何色もある場合は、色の数だけ型紙が必要になります。

こんな着物を小紋着物といいます

そのため仕立てあがった小紋の着物は、どこも連続した模様になります。

柄がどんなに大きくても、連続した模様であれば小紋といいます。

もちろん小さな柄が点々と各所にあるだけでも、 模様が連続していれば小紋といいます。

模様を染めるためには型紙が必要なので、「型染め」ともいいます。

小紋の染め方の特徴で分けると

染め方の特徴でわけるとこの三種類になります。

  1. 京小紋
  2. 江戸小紋
  3. 東京染小紋

1)京小紋

小紋(こもん)の着物、京小紋の例

◆「京小紋」の一例

華やかな柄の小紋は「京小紋」です。

京都で型紙を用いて染める小紋です。

「型紙」を用いることで、京友禅の美しさを量産可能にしました。

明治初期からは合成染料を利用し、糊に染料を混ぜ合わせて型紙をおいて染めます。

染める色数が多いほど、また模様が細かいほど型紙の枚数は多く必要に。

2)特徴的な小紋「江戸小紋」

「江戸小紋」は精緻な型紙「伊勢型紙」を使った小紋です。

すでに1000年以上前から伝わっています。

伊勢型紙を使った小紋の柄は、数千種類あるといわれていて、そのうちの代表的な小紋に、江戸小紋と呼ばれる小紋染めがあります。

「江戸小紋」は、武家の裃(かみしも)に染められた小紋で、武家ごとに模様が定められていました。

その代表的な模様は「鮫(さめ)」「行儀」「角通し」の三つで、「江戸小紋三役」として名が高く、紋をつけると準礼装になります

たて20センチ横40センチの大きさの型紙に、模様を小刀などで彫ります。

びっしりと精緻な模様を彫った型紙は、一枚仕上げるのにおよそ3週間、卓越した技術が必要です。
松葉柄の江戸小紋

◆江戸小紋の一例

日常親しんでいる縁起物や器物を表現した江戸小紋柄も多数あります。

3)東京染め小紋

東京で染められている型染の小紋を「東京染小紋」と言います。

多色染めで鮮やかな「京小紋」に比べると、色使いが少なくすっきりとした染め上がりです。

渋さや粋が特徴といえます。

小紋の着物でお出かけ・帯合わせコーディネート

気軽なお出かけ着としての小紋着物

小紋は基本的におしゃれ用、外出用として利用します。

合わせる帯は主に「織りの名古屋帯」です。

小紋は洋服でいうとワンピースにあたると思えば間違いないでしょう。

ワンピースで出かけるところが小紋にふさわしい場といえます。

カジュアルな小紋に合わせる帯

小紋にもカジュアル用と格調高い印象の小紋があります。

普段着感覚のカジュアル小紋に合わせる帯は、「名古屋帯」または「上質な半幅帯」が適しています。

格調高く装う小紋に合わせる帯

箔などを用いた豪華な小紋、京型友禅などの華やかな小紋という着物もあり、

主に社交の場で用いるこれらには、袋帯を合わせることがあります

袋帯では、箔が入らない軽めのもの、おとなしい感じの金地や銀地のもの、しゃれ味のある帯などをあわせます。

名古屋帯なら、箔の入った格の高い名古屋帯をあわせます。

洗える小紋着物に合わせる帯

現代では化繊の「洗える小紋着物」もあります。

風合いも非常に絹に似ているものがでています。

カジュアルな印象のものが主流なので、名古屋帯または半幅帯を合わせます。

小紋(こもん)の着物とは・染め方、いつ着る?帯合わせコーデもまとめ

小紋の着物は、連続した模様が繰り返し染められている着物。

「型紙」を用いて染めるので「型染め」ともいう。

おしゃれ用外出用として利用、儀式・式典には向きません

華やかな多色染めの「京小紋」、粋でしぶさのある「東京染小紋」が知られている。

「江戸小紋」は細かい模様が特徴で一色染め。

江戸小紋の代表的な模様は「鮫(さめ)」「行儀」「角通し」の三つで、「江戸小紋三役」として有名。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました