「「袋名古屋帯」の端のほつれを修理(お直し)・自分でできます
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「「袋名古屋帯」の端のほつれを修理(お直し)・自分でできます

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

気にいってよく締める袋名古屋帯です。

 

よく使うので、お太鼓の幅の端の糸が、ほつれたり切れたりしやすいです。

 

すぐに直せばいいものを、手先の閉じた糸も切れています。

 

今回はこれを元通りに修理(お直し)してみます。

 

やることは簡単ですよ、でははじめます。

 

スポンサーリンク

 

袋名古屋帯の帯幅の端のほつれを修理(お直し)する

 

<「袋名古屋」端のほつれ直しに必要なもの>

 

  • 縫い針
  • 縫い糸
  • 糸切りばさみ
  • しつけ糸

 

糸が切れて袋状のお太鼓部分が開いている

 

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

お太鼓の形の上部あたりがほつれている様子です。

 

袋名古屋の端は糸で閉じてあるだけなので、糸が切れたらお太鼓部分が開いてしまいます。

 

 

袋名古屋帯修理(直し)糸が切れたところ

 

締めるときに負荷がかかりやすいところから、端の糸が切れやすいですね。

 

 

ここでは写真のところ、お太鼓の上の方、向かって左の端のほつれを修理していきます

 

 

自分でする袋名古屋帯の修理(お直し)方法

 

糸がきれ、ほつれている範囲が小さいなら、そのまま端をかがり縫いしていけばOKです。

 

数センチ〜10センチ以上糸が切れてているなら、しつけ糸をして表生地と裏生地が動かないようにしてから、かがり縫いをしていきます

 

しつけ糸で帯地二枚が動かないようにして、

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・青い刺繍糸で

 

ここでは青い刺繍糸でわかりやすいようにかがり縫いをしています

 

「かがり縫い」の具体的なやり方

 

  • 「かがり縫い」は帯の地色に近い色糸を使い、細かい針目で糸が目立たないように縫う。
  • 帯の二枚の生地の端をぴったり合わせる。
  • 糸は端から一ミリ、大きくても二ミリまでがよい。

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・青い刺繍糸に続き帯地色の糸で

 

青い糸に引き続いて、この帯地にあった色糸を使ってかがり縫いしたところです。

 

糸の玉止めは、帯の内側におさめるようにしてくださいね。

 

 

手先を閉じている糸もきれたので修理(直し)
 

この帯、帯の幅の縫い目だけでなく、手先のところの糸も部分的に切れてしまっていました。

 

手先のところも閉じ方は同じなので、上記と同じ方法で修理しました。

 

袋名古屋帯修理(直し)の例・手先20センチまでかがり縫いで直し

 

手先20センチ(定規のある方)をかがり縫いしたところです。

 

写真にしてしまうとほとんど縫っていることはわかりませんね。

 

このようにして、修理(直し)したところははぼ全く分からない状態になります。

 

 

「「袋名古屋帯」の端のほつれを修理(お直し)・自分でできます・まとめ

 

ご覧になってどうでしたか?ごく簡単でしたね。

 

特に表側に出る針目を小さく一定に保つように注意していれば、修理(直し)したことなど全くわかりません

 

この帯は生地そのものは厚いものなので、生地の傷みはほとんどなく糸だけが切れてしまいました。

 

元通りに直りましたのでまた長く使えます。

 

 

その他、ひとえの着物の修理(お直し)も写真付きで解説しています。

 

「袖丈直し(ひとえの着物)丸みを変更する方法

 

「肩幅で裄の直し(ひとえの着物)詳細写真付き」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する