袖丈直し(ひとえ着物)・短くする例で/丸みの変更も解説中

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

ひとえ着物の袖丈を好みの丈に直す方法を紹介します。

ここでは袖丈を短くする方法で説明しますが、長くする場合もやり方は同じです。

また丈を直すついでに「袖の丸み」も、好みに変更してみましょう!

例にするのは「ウール素材のひとえ着物」。

素材が違っても直し方は同じです。

最後に「袖丈を長くする場合の注意点」をお伝えします。

スポンサーリンク

着物の袖丈を短くする方法

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

◆袖の丸み、お直し前が下、お直し後が上

直していない袖(ビフォー)が下で、お直し後(アフター)が上です。

<必要なもの>

  • 物差し
  • 印つけのチャコや糸
  • 縫い針
  • 縫い糸
  • 糸切ばさみ
  • たちばさみ
  • アイロン
  • 「丸み用の型」

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

◆着物の袖の丸みをつける型

元の袖の様子・丸みの大きさ

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

このウールの着物の袖は、「丸み」が11.5センチと、かなり大きめです。

「丸み」が大きいほど柔らかい(やさしい)印象になります

今回はこれを8センチに変更することにします。

元の袖を裏返したところ

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

◆袖の裏側

袖を裏返してみると、こんな風になっています。

袖の丈を短くし丸みも変更する・具体的手順

袖丈を短く直しながら袖の丸みを、11.5センチ⇒8センチに変更

1・袖底から袖付けのすぐ下まで縫い目をとく

まず、袖底から袖付けのすぐ下まで縫い目をときます。

そしてアイロンをあててシワをとります。

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法・袖底と両端の縫い目をほどく

◆袖底の縫い目をときシワをとる

するとこうなります。

2・表にして袖底に印をつける

表側に印をつけるので、表に返します。

肩山から必要な袖丈+2ミリを測って、袖の底に印をつけます

私は「切じつけ」をしました。

分かりやすくするため白い糸を使っています

そこから3センチ下にも印をつけます、ここが断ち切る線です

断ち切ります。

3・袖底を縫う

表側の下から5ミリのところをまっすぐに端から端まで、3~4ミリの針目で縫います。

アイロンで縫い目をととのえてから、縫い目を倒します。

裏に返し、アイロンをあてて整えます。

4・丸みを作る

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

◆8ミリの丸みの型をおく

丸みの型をおいて、出来上がりの丸みの印をつけます。

ここはチャコで印をつけました。

5・袖の丸み・できあがり線を縫う

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法・丸みの縫い方

◆袖の丸みを縫う

型の丸みの印通り(出来上がりの丸み)に、3~4ミリの針目で縫います

カーブのところは、2ミリの針目で一気に縫うようにしてください

そして必ず糸をしごいて生地になじませます。

ここでいったんアイロンを縫い目にあてます。

6・丸みの外側を縫う

そのあとは、図のように縫い代のところを縫って、袖の内側に倒し糸を絞ります。

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法、袖の丸みの縫い方図

◆袖の丸みの縫い方図

出来上がり線から8ミリのところを、8ミリの縫い目で8ミリ間隔で縫います。

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法、丸みの外側を二重に縫う

◆丸みの外側を二重に縫う

図のように縫っていくとこうなります。

糸を引っ張ってギャザーをつけるので、糸は別々です。

7・ギャザーをよせて倒す

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法、袖の内側にギャザーをよせて縫い代部分をたおす

◆袖の内側にギャザーをよせて縫い代部分をたおす

糸を引っ張りながらギャザーをよせ、たたみながら倒すようにします。

型崩れを防ぐために、アイロンをあててさらに縫いとめます。

このとき「丸みの型」を使い、縫い目より2ミリ外側を倒すようにします

また先端を袖に(内側の袖だけに)一針か二針小さく縫いとめます。

8・袖口の下を縫い完成

表に返し、アイロンをあて縫い代を整えます。

最後に袖口の下を縫い、袖丈のお直しの完成です。

袖丈・丸みの直しのビフォーアフター

袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法

袖丈・丸みとも直しました。

直していない袖(ビフォー)が下で、お直し後(アフター)が上

<袖底の縫い代について>

縫い代は最低2.5センチあればできます

今回は3センチ縫い代をとりました。

袖底のおさまりがいいと思う長さは、3~5センチです。

最後に袖丈を長くお直ししたい場合について。

袖を長くお直ししたい場合の注意点

袖を長くする場合は、希望の長さにできるかどうかは縫い代がどれくらいあるかで決まります。

  • 縫い代が十分あること
  • 縫い代の生地と袖の生地が同じ状態であること

を確かめます。

表生地に色あせや変色などあると、直すことができません。

そして縫い代を3センチとして、希望の丈まででるかどうかを判断します。

袖丈直し(ひとえ着物)短くする例で紹介・丸みの変更も解説中・まとめ

ひとえの着物の袖丈を短くする方法をお伝えしました。

「丸みの型」を使い好みの丸みに変更してみましょう。

袖丈は短いと活動的になり、丸みは大きい方がやさしい雰囲気になります。

袖丈を長くできるかは、縫い代の長さと生地の変化がないことを確認してから。

自分で直すひとえ着物と帯
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました