肩幅で裄(ゆき)を広くする直し(ひとえ着物)詳細解説/画像つき

裄直し肩幅で直す方法

ひとえの着物の裄(ゆき)の直しを、肩幅で直す(広くする)方法を紹介します。

「裄=肩幅+袖幅」

なのでお直しの方法としては、三つの方法があります。

  1. 「肩幅だけ広くする」
  2. 「袖幅だけ広くする」
  3. 「両方で広くする」

ここでは肩幅だけ広くする方法を紹介します

ひとえの着物であれば、素材はどんなものでも直し方は同じです。

スポンサーリンク

肩幅で裄を広くするお直し

ひとえの着物の肩幅を広くするには、内側に折られている肩の縫い代を出します。

たいていは数センチ縫い代があるはずです。

肩幅を出すとき確認したいこと

「肩幅」と「袖幅」は、バランスがとても重要です。

そのバランスに関係するのがこの二点です。

  • 肩幅が袖幅より2.5センチほど狭い幅までが、着たときのバランスがきれい
  • 後ろ幅(身八口のすぐ下の背中心から脇までの幅)よりも3センチ以上肩幅が広くなると、袖付のあたりで山のようなゆがみが出やすい

着たときの見た目に影響するので、この範囲でお直しするのをおすすめします。

そして、縫い代と表生地の色合いを見てください。

変色や退色がなく、風合いが同じでしょうか。

ひとえ着物の肩幅出しに必要なもの

<お直しに必要なもの>

  • 物差し
  • 縫い糸
  • 縫い針
  • 糸切ばさみ
  • チャコなど生地に印をつけるもの
  • アイロン
  • 当て布

肩幅を出すお直し・具体的なやり方

着物の袖付け付近の各部の名称

◆着物の袖付け付近の各部の名称

肩幅をどれだけ広くしたいか決めます。

どこまで肩幅をだせるかを、はかってみます。

この例では、肩の方の「縫い代は5.7センチ」ありました。

「後ろ幅28.5センチ」「肩幅30.0センチ」

ということは、肩幅-後ろ幅=1.5センチです。

さきほど言いましたように3センチ以上の差があると、袖つけあたりが山型になります。

なので、3-1.5=1.5センチ肩幅を出すことにします。

1.5センチ肩幅を出す、つまり肩幅を31.5センチにします

身八口(みやつぐち)から直す

裄直し肩幅で直す方法

◆着物の袖を取り外したところ

ではやってみましょう。紺のウールのひとえ着物です。

まず袖がついていた位置を忘れないよう、測っておきます。

この袖は肩山から22センチのところからついていました

袖付の位置22センチに、身頃にも袖にもチャコなどで印をつけておきます。

袖を外し身ごろの縫い代をとく

袖を身頃から外します。

そして身頃の縫い代を解きます。

作業しやすくするため、20センチほど下まで縫い代を解いておきます

折り目の線を消す

裏側からアイロンをあてて、折り目の線を消します。

なかなか消えないときは、下の画像のように、木綿の白糸(1~2本どり)を濡らして線の上に置き、当て布をしてアイロンをあてます

裏から行ってくださいね。

裄直し肩幅で直す方法

◆袖の折り目の線を消すところ

これは袖の折り目の線を消しているところですが、肩の折り目の線も同じように行ってください。

裏側に向けて印付け

あたらしくする肩幅と、袖付けの位置の印をつけます。

着物を裏側にして、背中心から希望の幅を測って肩山に印をつけます。

裄直し肩幅で直す方法

◆着物の裏側、袖幅を測る

画像の一番上の待ち針のところまでです。

次に、身八口のところ(裾から上がってきて縫い目が終わったところ)に印をつけます。

画像の一番下の待ち針のところです。

真ん中の待ち針は、袖付の位置につけた待ち針です。

裄直し肩幅で直す方法、一番上の待ち針と一番下の待ち針をむすんで印を

◆一番上の待ち針と一番下の待ち針をむすんで印を

一番上と一番下の待ち針を結んで印をつけます

印はあとで消えるものを使ってください。

この画像は後ろ身頃ですが、前身頃も同じように印をつけてください。

印をつけた線から裏に返して、アイロンをあてます。

これで身ごろの作業ができました。

外した袖をつける

そこに外した袖を取り付けていきます。

袖付はこちらを見ながら行ってください。
 ↓↓
袖幅を広くする直し(ひとえの着物)詳細解説/袖の付け方も!画像付き」ここの中ほどに、袖付のやり方を解説いています。

袖をつけたら、身頃の側の縫い代を身頃に留めて、肩幅直しの完成です。

身頃の側の縫い代の留め方は、上記のページで袖の縫い代の説明と同じです。

今直している着物の脇の縫い代の留め方を真似していただけばOKです。

肩幅で裄(ゆき)を広くする直し(ひとえ着物)詳細解説/画像つき・まとめ

肩幅で裄を広くするには、後ろ幅との差が3センチまでがよい。

出来上がりは、袖幅より肩幅が2.5センチ短いとよい。

裄(ゆき)を広くする方法は、ほかに袖幅だけか肩幅と袖幅の両方を出す方法があります。

袖をつける作業はちょっと難しいですが、頑張ってみてくださいね。

自分で直すひとえ着物と帯
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました