肩幅で裄(ゆき)の直し(ひとえ着物)肩幅を出す方法(詳細写真つきで解説中)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

肩幅で裄(ゆき)の直し(ひとえ着物)肩幅を出す方法(詳細写真つきで解説中)

裄直し肩幅で直す方法

ひとえの着物の裄(ゆき)の直しを、肩幅で直す(修理する)方法を紹介します。

 

リサイクル着物や譲られたきものだと、自分に合わないこともありますね。

 

そんなときはこの方法で、裄を自分にあった幅にお直ししてください。

 

「裄=肩幅+袖幅」

 

なので「肩幅で直す」「袖幅で直す」「両方で直す」の三つの方法があります

 

ここでは肩幅だけの直しを紹介します

 

肩幅の直しは、広くする場合と狭くする場合があります。

 

希望として多いのは広くする場合と思いますので、ここでは広くする方法で解説します。

 

狭くしたい場合も方法は同じですので参考にしてください。

 

ひとえの着物であれば、素材はどんなものでも直し方は同じです。

 

スポンサーリンク

 

肩幅で裄を直す・広くする

 

ひとえの着物の肩幅を広くするには、内側に折られている肩の縫い代を出す必要があります。

 

たいていは数センチの縫い代があるはずです。

 

必要な長さだけ全部出したいところですが、残念ながらすべて出すことはできません。

 

 

肩幅を出すとき確認したいこと

 

「裄=肩幅+袖幅」で、肩幅だけを広くする方法をお話しています。

 

肩幅と袖幅は、バランスがとても重要です。

 

そこで、この三点をおさえておきたいのです。

 

  • 肩幅が袖幅より2.5センチほど狭い幅までにした方が、着物を着たときのバランスがきれいです。
  •  

  • 後ろ幅(身八口のすぐ下の背中心から脇までの幅)よりも3センチ以上肩幅が広くなると、袖付のあたりで山のようなゆがみが出やすい。
  •  

  • 縫い代と表生地の具合が一緒かどうか。

 

何かと制約があるのですが、着たときの見た目に影響しますので、この範囲でお直しをするのをおすすめします。

 

三点目の、縫い代と表生地の色合いは、変色・退色などで色の変化や風合いの変化がおこっていることもあります。

 

ですから念入りにみてくださいね。

 

 

ひとえ着物の肩幅出しに必要なもの

 

<お直しに必要なもの>

 

  • 物差し
  • 縫い糸・縫い針・糸切ばさみ
  • チャコなど生地に印をつけるもの
  • アイロン・当て布

 

肩幅を出すお直しのやり方

 

裄直し肩幅で直す方法

 

肩幅をどれだけ出したいか決めます。

 

幅出しできる範囲を知る

 

どこまで肩幅がだせるかを、はかってみます。

 

ここでは肩の方の「縫い代は5.7センチ」ありました。

 

 

「後ろ幅28.5センチ」「肩幅30.0センチ」

 

ということは、肩幅−後ろ幅=1.5センチです。

 

さきほど言いましたように3センチ以上の差があると、袖つけあたりが山型になるので、ここまでに抑えておきたいと思います。

 

ということは、1.5センチ肩幅を出すことになります

 

1.5センチ肩幅を出す、つまり肩幅を31.5センチにするということです。

 

 

すでに袖幅はいっぱいに出してあり、33.8センチになっていますので、
合計して 31.5センチ+33.8=6.53センチ
この着物のお直し後の裄のサイズ 65.3センチということになります。

 

 

肩幅のみを出すお直しは身八口(みやつぐち)から

 

では実際に紺のウールのひとえ着物でやってみます。

 

まず袖がついていた位置を忘れないよう、測っておきます。

 

この袖は肩山から22センチのところからついていました

 

袖付の位置22センチに、身頃にも袖にもチャコなどで印をつけておきます。

 

裄直し肩幅で直す方法

 

袖を身頃から離します。

 

 

身頃の縫い代を解きます。

 

そのとき、20センチほど下まで縫い代を解いておきます。こうすると作業しやすいです。

 

折り目の線を消す

 

裏側からアイロンをあてて、折り目の線を消します。

 

なかなか消えないときは、下の写真のように、木綿の白糸(1〜2本どり)を濡らして線の上に置き、当て布をしてアイロンを何度か当ててみてください。

 

裄直し肩幅で直す方法

 

これは袖の折り目の線を消しているところですが、同じように行ってください。

 

 

裏側に向けて印付け

 

あたらしくする肩幅と袖付けの位置の印をつけます。

 

着物を裏側にして、背中心から希望の幅を測って肩山に印をつけます。

 

裄直し肩幅で直す方法

 

写真の一番上の待ち針のところまでです。

 

次に、身八口のところ(裾から上がってきて縫い目が終わったところ)に印をつけます。

 

写真の一番下の待ち針のところです。

 

真ん中の待ち針は、袖付の位置につけた待ち針です。

 

 

裄直し肩幅で直す方法

 

一番上と一番下の待ち針を結んで印をつけます

 

印はあとで消えるものを使用します。

 

この写真は後ろ身頃ですが、前身頃も同じように印をつけてください。

 

ここが新しくできる身頃の肩幅になります。

 

印をつけた線から裏に返して、アイロンをあてます。

 

これで肩幅を出す作業ができました。

 

 

はなした袖をつける

 

ここからは、離した袖を取り付けていきます。

 

袖付は、こちらを見ながら行ってください。
 ↓↓
袖幅直し(ひとえの着物)詳細説明つきで解説中ここの中ほどから袖付のやり方を解説いています。

 

袖をつけたら、身頃の側の縫い代を身頃に留めて、肩幅直しの完成です。

 

身頃の側の縫い代の留め方は、上記のページで袖の縫い代の説明と同じですが、今直している着物の脇の縫い代の留め方を真似していただけばできます。

 

 

肩幅で裄(ゆき)の直し(ひとえ着物)肩幅を出す方法(詳細写真つきで解説中)まとめ

 

肩幅で裄を直すには、後ろ幅との差が3センチまでがよい。

 

出来上がりは、袖幅より肩幅が2.5センチ短いとよい。

 

裄(ゆき)を直す方法は、袖幅だけ、肩幅だけ、または両方合わせてという方法があります。

 

袖幅だけで直すのが一番簡単、それでは間に合わないとき肩幅を直すとよいです。

 

裄のお直しには必ず袖をつける作業があります。そこは頑張ってみてください。

 

後ろ身ごろの幅も出しつつ肩幅をもっと出すという方法もありますが、それは難しくなるので仕立てのできる方に依頼してくださいね。

 

 

袖幅も一緒に直したいときはこちらをご覧ください(ひとえの着物)。

 

「袖幅直し(ひとえの着物)袖の付け方も詳細写真つきで解説中」

 

裾直しのやり方もありますよ。

 

「裾直し(ひとえ着物)の方法を詳しく解説、誰でもできる写真と手順」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する