裾直し(ひとえ着物)の方法を詳しく解説/誰でもできる画像と手順
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

裾直し(ひとえ着物)の方法を詳しく解説/誰でもできる画像と手順

ひとえの着物の裾直しの仕方、裾の縫い方の解説

気にいったひとえ着物、着る機会が多いから傷みやすいですね。

 

特に裾、すり切れや破れを経験したことはありませんか?

 

裾の傷みは専門家に任せれば、いとも簡単に直してくれます。

 

ですが着物の生活をエンジョイするためには、裾直しくらいはできたらいいですね!

 

ここではひとえ着物の裾直しの方法を、詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ひとえの着物の裾直しの方法

 

裾を直すには、破れているところを切り離して、あらたに裾を作ります

 

切り離した分・三つ折りをする分丈が短くなります

 

傷みを広げないために、できるだけ早めに直しましょう。

 

簡潔な出来栄えの「額縁仕立て」という方法でお伝えします。

 

 

裾直しの具体的順序

 

以下の順ですすめていきます。

 

  1. 切り離す
  2. 三つ折りする
  3. 角を作る
  4. 手縫いする

 

裾の切り離し

 

広くて平なところに着物を置きます。

 

破れてしまったところ(擦り切れたところ)のギリギリのところで切断します。

 

つま先からつま先まで、まっすぐに切り離します

 

 

裾の角の始末の仕方

 

まず裾から15センチ上まで、衿下の三つ折りをほどきます。

 

ひとえ着物の裾直し・「額縁」図面

 

上前の裾近くの図です。

 

折る線のしるしをつけます。

 

ここではわかりやすくするため鉛筆で黒く線をひいてますが、ヘラかあとで消えるペンなどで行ってください

 

 

衿下はもとの三つ折りしている線に合わせます。

 

衿下は7ミリか8ミリの幅で折ってあるはずです。

 

裾は衿下の幅の1.5倍の幅で印をつけ、三つ折りにします。

 

 

ひとえ着物の裾直し・図角のアップ

◆印つけのところのアップ

 

出来上がりの角Bから上に△分あがって右に○分入ったA、

 

そしてBから下に△分下がって左に○分はいったCに印をつけます。

 

 

ひとえ着物の裾直し・見本の黄布

 

例では黄色い布に、印をつけてあります。

 

このようにお直しする着物の裾に印をつけてください。

 

 

三つ折の仕方・額縁の作り方

 

次に三つ折りと額縁の作り方です。

 

ひとえ着物の裾直し・最初に衿下を一度折る

 

最初に衿下を一度折ります。

 

 

ひとえ着物の裾直し・AからCを結ぶ線で折る

 

次にAからCを結ぶ線で折ります。

 

 

ひとえ着物の裾直し・衿下をもう一度折る

 

衿下をもう一度折って出来上がりにし、

 

 

ひとえ着物の裾直し・続けて裾を一度折る

 

続けて裾を一度折り、

 

 

ひとえ着物の裾直し・裾をもう一度折るできあがり

 

裾をもう一度折ると出来上がり線になり、角が合います

 

角のことを「額縁」と呼びます。

 

しっかりとアイロンをあてます。

 

 

裾の額縁の縫い方

 

三つ折りした衿下から、裾に向かって縫い閉じます。

 

 

ひとえ着物の裾直し・衿下から縫う

 

角にきたら内側を小さくすくうように縫っていきます。

 

 

ひとえ着物の裾直し・額縁を小さくすくいながら縫う

◆↑写真の向きが違っていますm(__)m

 

角の額縁を、小さくすくうように縫っている様子。

 

一番角は1〜2ミリぬいのこしてもどります。

 

針目が出ないようにします。

 

戻ったら、表側にひと針出して、それから裾をくけていきます

 

 

ひとえ着物の裾直し・額縁縫い終わり

 

額縁付近を縫い終わった様子です(裏側)。

 

 

ひとえ着物の裾直し・額縁表側

 

その表側の様子です。

 

縫い糸(黒)が小さい針目で見えていますが、針目は二ミリです。

 

黒い糸は見やすくするためです、実際は着物の地色に合わせた糸で縫ってください。

 

 

裾の角二か所ともに

 

同じように下前になるつま先のところも行ってください。

 

 

裾の端から端までの縫い方

 

ひとえ着物の裾直し・つま先以外は三つ折りで

 

つま先以外、裾の端から端までは三つ折りにして縫います。

 

アイロンをあて折り目をきちんと整えてから縫いましょう。

 

 

ひとえ着物の裾直し・裾の縫い方の解説

 

三つ折り縫いは、1〜2ミリはいったところをくけていきます

 

縫い代の多いところや、きせのあるところは、表と裏にひと目針を出して、縫いとめるようにします。

 

このようにして、三つ折りも「きせ」もくずれないようにします。

 

裾を全部くけて、裾直しの完成です!

 

 

裾直し(ひとえ着物)の方法を詳しく解説/誰でもできる画像と手順・まとめ

 

裾直しの方法を「額縁」で整えお伝えしました。

 

擦り切れ分を切り離すので、丈はその分短くなります。

 

例ではウールのひとえ着物ですが、どんな生地でも同じ方法です。

 

男性の場合は、裾だけ直すと丈が短くなります。

 

そのため「内揚げ」という縫い代をといて、着物の丈を調整します。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する