いしきあて(居敷あて)の取り付け方法を詳しく解説・作り方も
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

いしきあて(居敷あて)の取り付け方法を詳しく解説・作り方も

いしきあて(居敷あて)の取り付け方法を詳しく解説・作り方も

「いしきあて(居敷あて)」は、着物のヒップの生地や縫い目を保護するものです。

 

着物での立ち座りの動作で、着物のヒップ付近は大きな力がかかります。

 

そのため生地や糸がとても弱りやすい場所です。

 

そこであらかじめ別の布「いしきあて」を裏側に取り付けておき着物の傷みを防ぎます。

 

ここでは「いしきあて」の作り方と取り付け方を詳しく説明します

 

スポンサーリンク

 

いしきあて(居敷あて)に適した布

 

「いしきあて」にする生地は、きものより薄い生地で木綿の薄手の白生地が適しています

 

色がついているものでも、着用したときに表側への影響がないなら構わないでしょう。

 

ウールの着物には余り布を取り付けてもよいです。

 

 

いしきあて(居敷あて)をつける着物の種類

 

着物の生地や糸の痛み予防につけるものなので、取り付ける着物は頻繁に着る普段用の着物が中心です。

 

主に裏地のない着物に取り付けます。

 

木綿・麻・ウールのきもの、ひとえの絹の着物、浴衣ですね。

 

またよく着る長じゅばんに取り付けてもよいです。

 

 

仕立てのとき確認を

 

ひとえの着物を仕立てるときは、仕立て代に「いしきあて」の料金が入っているかどうか確認してください。

 

何も言わないと、ついていないまま納品されるかもしれませんから。

 

 

いしきあて(居敷あて)の取り付け方

 

では「いしきあて」を取り付ける方法です。

 

 

取り付け例の生地・新モス

 

いしきあての取り付けで新モス紹介

 

「いしきあて」の作り方の例として、ここでは「新モス」と呼ばれる綿100%の生地を使用しました。

 

「新モス」は晒(さらし)より生地の目が細かく薄手の生地です。

 

新モスにはカラーもあります。

 

いしきあての取り付けで新モス紹介・ラベル

 

新モスのラベルです。

 

幅35センチほどで長さが21メートルほどあります(2,000円ほどで購入できます)。

 

10メートルくらいのものもあります。

 

 

居敷あての取り付け方

 

最初に新モスを「いしきあて」にします

 

<いしきあて出来上がりサイズ>

  • たて40センチ、横33センチ(目安です)

 

※幅はミミなのでそのまま、上下の縫い代がそれぞれ2センチ必要。

 

ここではわかりやすいように、赤い縫い糸を使っていますが、実際には着物の地色と同じ色の縫い糸にしてください。

 

 

「いしきあて」の作り方

 

まず縫い代分の長さを含めて布を断ちます。

 

縮まないよう下準備として、軽く水洗いしてアイロンを当てます。

 

布のミミになっているところは1センチ折り曲げ、断ち切ったところは1センチの三つ折りにします。

 

上の左右の角は角を少し折りこみます。

 

下端は三つ折りにして縫っておきます

 

 

取り付け位置の確認

 

次に取り付け位置を確認します。

 

「いしきあて」の上端が腰骨のあたり、そして下端がひざ上10センチほどのところが取り付け位置です。

 

目印になるよう糸印をつけるなどしておきます。

 

 

「いしきあて」取り付け開始

 

では取り付けします。まず、着物の裏を出します。

 

この例はウールの紫色の着物です。

 

いしきあての取り付け・背中心を縫い付けたところ

 

「いしきあて」の中央を、着物の背縫いの縫い代の1〜2ミリ右にして待ち針で留めます。

 

そこを上から下まで縫います(縫い代と「いしきあて」を縫いとめます)。

 

 

いしきあての取り付け・下端の中央のところ

 

「いしきあて」の下端の中央のところです。

 

縫い始めと終わりは、しっかりと取り付けてください。

 

そして「いしきあて」の周囲を、表側に糸が見えないように縫い留めます

 

表生地には1〜2ミリの針目がでるくらいの、小さい針目にします。

 

 

「いしきあて」の上部・角のところ

 

いしきあての取り付け・右上の角のところ

 

「いしきあて」の右上の角のところの様子です。

 

いしきあての取り付け・右下の角のところ

 

居敷あての右下の角のところの様子です。

 

縫いにくい場合はこの方法でも

 

縫いにくいということであれば、糸が「いしきあて」側に出るように縫ってみましょう。

 

これなら縫いやすいと思います。

 

いしきあての取り付け・左側部分を「いしきあて」側に糸を出して縫いました

 

左側部分を、糸が出るように縫いました。

 

いしきあての取り付け・左側部と上部を「いしきあて」側に糸を出して縫いました

 

左上の角のところと左の上部も、糸を出す縫い方で縫い付け方ました。

 

 

「いしきあて」取り付けできました

 

いしきあての取り付けが完了しました

 

「いしきあて」の取り付けが終わりました。

 

 

いしきあて(居敷あて)の取り付け方法を詳しく解説・作り方も・まとめ

 

「いしきあて」着物のヒップの生地や縫い目を保護するものです。

 

適しているのは着物より薄い生地で、木綿の薄手の白生地がよいです。

 

「いしきあて」を作ってから、着物の裏から取り付けます。

 

いしきあての上部の角は折り曲げておくとおさまりがよいです。

 

着物を仕立ててもらう際には、「いしきあて」の有無を確認しましょう。

 

  • 「いしきあて」は着物の生地と糸を傷めないだけでなく、ヒップのカーブが付きにくいのもよい点です。
  • 特に麻の着物にはぜひ取り付けたいです。
  • 「いしきあて」があるからといって同じ着物を着るのではなく、2〜3日休ませるようにした方が着物が長持ちします。

 

袋名古屋帯の端のほつれ直しは⇒「袋名古屋の端のほつれを修理(お直し)・自分でできます」

 

裾直しは⇒「裾直し(ひとえ着物)の方法を詳しく解説、誰でもできる写真と手順」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する