着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫

着物の身幅のお直し方法をお伝えします。

 

歩くと前がはだけてしまう、というのは身幅が狭いため。

 

下前(したまえ)の身ごろが体の奥にまわってしまうのは、着物の身幅が広すぎるため。

 

このまま我慢するのはちょっと。。。ね。。。

 

ここでは、着物の幅の直しについて、どうしようか迷っている方向けにお伝えします。

 

そして、お直しする前にできる工夫についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

着物の幅のお直しには広くか狭くか

 

着物の身ごろの幅は、「身幅」といいます。

 

「身幅」をお直しするには、「身幅を広くする」のと「身幅を狭くする」のどちらかです。

 

 

着物の身ごろの成り立ち

 

身幅を直す前に、着物の身ごろの成り立ちを理解しておきましょう。

 

<着物のごろの成り立ち>

 

「おくみ(約15センチ)」と「前身ごろ」、そして「後身ごろ」×2

 

それぞれのパーツは、左右同じ幅でできています。

 

まず身幅を広くするお直しについて、その方法をお伝えします。

 

 

着物の身幅を広くする方法

 

着て歩くと前合わせがはだけてしまう、というきものです。

 

身幅を広くするには、

 

  • 「前身ごろからだけ幅出しする」
  • 「前身ごろと後身ごろの両方から幅出しする」

 

場合があります。

 

どちらの方法にするかは、幅を出す分量や体型により異なります。

 

いずれにしても身幅を広くするには、

 

  • 身ごろをほどく
  • 袖をとる

 

などしなければなりません。

 

また幅出し後はそれを元にもどさねばなりません。

 

縫い代として隠れていた場所から布を出すので、

 

表側の生地と縫い代の生地の色目に違いがでていることがあります。

 

色の退色などの理由で、幅出しできない場合があります

 

ただ柄がつながている訪問着などは、幅出しすることで柄がずれてしまいます。

 

 

着物の身幅を狭くする方法

 

身幅を狭くするには、

 

  • 「前身ごろだけ狭くする」
  • 「前身ごろと後身ごろの両方から狭くする」

 

場合があります。

 

どちらの方法にするかは、幅を狭くする分量や体型により異なります

 

いずれにしても身幅を狭くするには、

 

  • 身ごろをほどく
  • 袖をとる

 

などしなければなりません。

 

また幅を狭くした後は、それを元にもどさねばなりません。

 

狭くする場合は、表生地を入れ込むので、

 

生地の退色などは気にする必要はありません。

 

ただ柄がつながている訪問着などは、幅を狭くすることで柄がずれてしまいます。

 

 

着物の身幅を変えるにあたって注意したいこと

 

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点

 

身幅を広げるにあたり、表生地と裏地の色の違いを知るには、

 

一部解く必要があります。

 

裏地のある着物は、裏地の幅出しあるいは狭くするという作業が必要です。

 

 

胸囲の変更をしたいときの注意

 

単に身幅を広くするだけでなく、胸囲のサイズを変更したい方は、

 

費用面での注意が必要です。

 

胸囲を広くしたい、あるいは狭くしたいときは、

 

衿をはずす・つけるの作業が加わるので、費用はかさむでしょう。

 

 

身幅のお直しの前にできる工夫

 

着物の身幅は体にぴったり合っているに越したことはありません。

 

ただ少々身幅が広いという程度や、少々身幅が狭いという程度なら、

 

こんな工夫をして着てみてください。

 

 

少々身幅が広いときの工夫

 

少々身幅が広いという場合は、こんな着方の工夫で対処できることがあります。

 

  • 上前は普通に合わせて、下前を工夫します。
  •  

  • 下前は脇まで行ったら右方向に余分を折り返します。

 

これで足さばきがよくなり、少々幅が余る程度なら着用できます。

 

 

少々身幅が狭いときの工夫

 

少々身幅が狭いという場合は、こんな着方の工夫で対処できることがあります。

 

  • 下前も上前もやや浅めに合わせます。
  •  

  • 上前がはだけないよう右手でももの位置で押さえ、なるべく小股で歩くようにします。

 

これで少々幅が狭い程度なら、着用できるでしょう。

 

 

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫・まとめ

 

着物の身幅を広くする場合も狭くする場合も、お直しとしては手間がかかります。

 

胸囲の幅を変更したい場合は、衿の付け替え作業が増えます。

 

柄がつながっている着物は、柄がつながらなくなります。

 

少々のことなら、上記でお伝えした工夫をしてみてくださいね。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する