着物の丈(身丈)が短いとき・お直し方法/短いままの着方(対丈)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の丈(身丈)が短いとき・お直し方法/短いままの着方(対丈)

着物の身丈のお直し方法・短いままの着方や工夫で対処も

着物の丈(たけ)はちょうどよいのがいいに決まってます。

 

でも、譲ってもらったり、リサイクルショップのものは、

 

自分にちょうどの丈というわけではありませんね。

 

気にいっている着物だけど「着物丈が短すぎる」という場合、

 

「お直しするしかない?それともこのまま着られるの?」

 

そんな心配や疑問にお答えします。

 

  • 専門家による丈の直し方
  • 費用
  • そのまま着る工夫

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

着物の丈が短いときのお直し方法

 

自分にぴったりの着物の長さに直すには、どのようなお直しがされるのでしょうか。

 

きちんと直す方法をまずお伝えしますね。

 

 

専門店での着物の丈の直しの方法

 

着物の直しは、仕立ての専門家にお任せしますが、

 

そのときどんなお直しをするのかというと、

 

「足りない分を帯で隠れる位置に継ぎ足します」。

 

<着物丈を長くするお直しの具体的な方法>

 

  • 具体的には、前身ごろ・後身ごろ・おくみ・衿のそれぞれを外し、帯に隠れる位置を切り離す
  • そこに足し布をする
  • そのあと外したパーツをまたつなげる

 

着物丈を長くするというお直しは、お直しの中でも手間のかかる作業です。

 

 

専門家に直してもらう費用

 

上記のように専門家に直してもらえば、着物を着たときの見た目は全く分かりません

 

自分にぴったりの着物丈になるので、着心地もよいです。

 

お値段は1.5~2.0万円前後です。

 

 

「直したくない」ときの工夫

 

「費用もかかるしほかに直したいところもない」ということであれば、そのままにしても。

 

「丈が短いまま着てしまう」のです。

 

当然おはしょりは少ししか出ないか出ない場合もあります。

 

そのときはこんな工夫はいかがでしょう。

 

おはしょりがちょっとしか出ない

 

おはしょりがちょっとしか出ないことがおおいでしょう。

 

そんなときは、この二種類の対処法で。

 

  • そういうもんだと気にしない
  • 帯の内側におはしょりを隠す

 

おはしょりのない着方を「対丈(ついたけ)で着る」といいます。

 

若い方やほっそりした方には、あまり違和感なく着られるかと思います

 

 

「対丈で着る」ときの工夫

 

若いくない、細くないという人でも、対丈で着ることができる場合もありますよ。

 

それは羽織またはショールを羽織ることです。

 

寒い季節にしか通用しませんが、この着物は対丈でと自分で納得しておけば問題ないですね。

 

 

着物の丈(身丈)が短いとき・お直し方法/短いままの着方(対丈)・まとめ

 

丈の短い着物は、専門家に任せてお直しすれば着心地満点に。

 

丈の短い着物の直しは、各パーツをはずして切断、足し布をしてまた縫い合わせるという作業。

 

短い着物は「対丈で着る」「短いおはしょりを帯にかくす」のもありです。

 

「おはしょり」のない違和感に耐えられない人はムリですが。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。