浴衣着付け(男女・子供帯結び)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

ここでは浴衣のたたみ方を、順をおって説明しています。男性の浴衣も女性の浴衣も、たたみ方は同じですので、やってみてくださいね。女性の浴衣で詳しく解説していきます。浴衣のたたみ方(本だたみ)浴衣のたたみ方は着物と同じです、「本だたみ」といいます...

浴衣を着たときに合わせる帯を紹介します。浴衣のときに合わせる帯は、「浴衣帯」「半幅帯」「兵児帯」、そして「名古屋帯」があります。順をおって説明しますね。そして浴衣とどう合わせるのかを、例を見ながら紹介していきます。最初は、最もポピュラーな「...

浴衣を着てみたいけど、最初は「何を用意したらいいかわからない」ですね。また、浴衣の着付けが大変そうな気もしますね。そこで、全く初心者の方に、最初の一枚をどう選ぶのか浴衣を着るのにどんなものが必要なのか着付けはどのようにするのかこの三点をざっ...

旅館に宿泊すると、「浴衣」が用意されていますね。旅館にある浴衣は、盆踊りや花火大会などに出かけるときの一般的な浴衣とはちょっと違います。普通の浴衣よりシンプルなデザインになっていて、「温泉浴衣」・「簡易浴衣」といいます。「温泉浴衣」は旅館で...

浴衣(ゆかた)を自分洗う洗い方を紹介します。汗がついた浴衣は、水洗いでさっぱりさせておきましょう。手間をかけずに、でも丁寧な洗いあがりになる家庭でできる洗い方です。自分でできる簡単だけど丁寧な浴衣の洗い方浴衣を洗うのは、からっと晴れた日に行...

7月の下旬のこと、息子が突然「浴衣を着たいからオヤジの見せて」といいます。以前夫に合わせて作った浴衣を、二枚出しておきました。夫との身長差は1センチですが、ほっそり体型の息子には無理かもしれないなと思いつつ。それよりも柄が気にいらなくて、い...

男性の浴衣の丈を、短くする「腰上げ(腰揚げ)」の方法をお伝えします。息子が花火を観にいくのに、一度だけ浴衣を着たいというので、身長がほぼ同じの夫のものを着せてみました。すると、裾がぞろっとして床につきそうです。身長は1センチ息子の方が低いだ...

子供の浴衣のサイズを変更する、「腰あげ」の方法を紹介します。「腰あげ」は長さの調整のために、生地をつまんでタックをとっておくことです。子供の成長は目覚ましいので、少し大き目の浴衣や着物を作っておきます。そして今の体の大きさに合わせて、「あげ...

子供の浴衣のサイズを小さくする、「肩あげ」の方法を紹介します。「肩あげ」は、袖(裄・ゆき)が長すぎるときに短くする調整です。子供の成長は目覚ましいので、浴衣は大き目のものを用意するといいですね。そして今の体に合わせて「あげ」をとって着せます...

女児・幼児向き、浴衣のときの兵児帯の結び方とアレンジを紹介します。幼児さんはまだ体が細いので、ティーン向きの兵児帯では長すぎると思います。そんなときは、フワフワした「プチ兵児帯」を使ってみるとぴったり合います。しっかり歩けるようになっている...

「浴衣のとき、浴衣の中の下着は何を着るといいの?」浴衣は和装なので、「和装用の下着を着なければいけない」と思う方も多いです。ですから、「浴衣用の下着を持っていないのですがどうしたらいいですか?」というご質問をよく受けます。また下着の個別の質...

浴衣を着るのに必要なものがそろいました。さあ、着付けを練習しましょ、っとはじめたところ、「伊達締め(だてじめ)がない!」ことに気づきました。浴衣を買う時、必要だと言われなかったので伊達締めを持っていません。着付けの練習本を開いてみたら、「伊...

女の子(女児)のゆかたに合わせる兵児帯の、結び方のアレンジを紹介します。最もポピュラーな蝶々結びに、少しだけ手を加えるだけで出来上がるアレンジです。兵児帯のアレンジは二つ紹介しています。最初に浴衣の着せ方と、ポピュラーな蝶々結びのおさらいを...

子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方を紹介します。子供の場合は、浴衣の着せ方も兵児帯の結び方も、とても簡単です。そして男の子・女の子とも同じです。結び方は「蝶々結び」「リボン結び」と呼び方に違いがありますが、みな同じ結び方です。これだけ知って...

子供の浴衣(ゆかた)のたたみ方を写真とともに解説します。子供は汗かきですし、食べ物で汚すこともあるので、浴衣はその都度洗うことになります。洗濯後シーズン中にまだ着る機会があるなら、ハンガーにかけておいてもよいでしょう。ただ、たたんでおけば場...

浴衣のレンタル事情は、観光地かそうでなかでずいぶん違いがあります。「夏だから」「街歩きの旅行だから」、浴衣をレンタルしたいと思いますね。有名観光地なら迷うほどたくさんレンタル店があり、手ぶらでいっても大丈夫。翌日返却できるなど、旅行に合わせ...

これから浴衣をはじめたい方へ。浴衣の帯を自分で結べるようになりませんか?でも、難しそう。。。 ですね。それで、「引っ掛けるだけのできあがった帯」を利用する人が多いわけですが。でもそれでは、いつまでたっても浴衣遊びの楽しみは広がりません。この...

「浴衣を着るって難しそう。。。」って思っていませんか?「やっぱり洋服でいいや」と、ゆかたを今年もあきらめようとしているあなた。そんなあなたに見ておいてもらいたいページです。どんな風に着つけるのかあらかじめ見ておくというだけですが、見様見真似...

浴衣(ゆかた)を着るとき使う帯は、「浴衣用の帯」や「半幅帯」と呼ばれる帯です。約15〜7センチの幅で、浴衣姿は、浴衣と帯だけで完成します。でも、「もう少し大人っぽくしたいな」とか、「ちょっとだけ飾りが欲しい」というときに、帯締めをすると、大...

開放的な気分になれる夏祭りや花火大会、今年の予定はたちましたか?夏のイベントの楽しさは、浴衣を着ることでいっそう感じることができますね。暑さを一時忘れて、大いに楽しみたいですね。ただ、屋外のイベントは混み合うことも多く、思わぬハプニングが起...

浴衣でデートやお友達とお出かけするとき、初めてなら不安や戸惑いもあることでしょう。お出かけ先で困るのは、下駄でのトラブル。慣れない下駄は、すりむけて痛くなってしまうこともあります。ここでは浴衣でお出かけの時間を楽しく過ごせるように、準備して...

浴衣を初めて購入する予定なら、「3点セット」や「5点セット」というセットが選びやすいかもしれません。初心者の方がコーディネートに悩まなくて済むので、セットになっているのは便利です。浴衣の場合は着物と違って、セットされた商品のラインナップがと...

浴衣(ゆかた)を着るのは7月下旬、それでも仕立てを頼むならいつがいいと思いますか?それは5月から6月中旬までです。ちょっと早いような気がしますが、大きなメリットがあります。ここでは「早めに浴衣の仕立てを頼んでおくメリット」についてお伝えしま...

「今年の夏は浴衣でお出かけしたい!」と思っているあなた。あわてないで気にいった一枚をお求めくださいね。5月の中旬くらいになると、デパートをはじめ着物を扱うお店で、早くも販売が始まります。毎年ですが、新作やトレンドなど、変化があります。ゆかた...

浴衣の前・襟合わせはどっちから?答えは ズバリ!浴衣の襟は自分にとって右から合わせるです!!これを「右前」と呼んでいます。浴衣も着物の仲間なので、着物で使う言葉で表現します。時間的に先に行うことを「前」と表します。そのため、右の襟を先に合わ...

「着物」と「浴衣」っていったいどこが違うの?一緒じゃないの?着物と浴衣の違いについては、よくわからないけど今さら聞きづらいということで、こっそり質問をいただきます。それもかなり頻繁にいただくので、ここでまとめておきます。若者の国際交流の場面...

40代、50代、60代の女性の体型の悩みの多くは、胸、肩、背中にお肉がついたり、ヒップが大きくなるなどの変化でしょう。若いころの浴衣の着方のままでは、ちょっと似合わないと考えている熟年女性も多いはず。そこで、手持ちの浴衣や帯の見直しも含め、...

夏の楽しみといえば、当然「海水浴」や「花火大会」ですね。特に彼氏とお出かけとなれば、浴衣でお出かけしたいと思いますね。「でも浴衣は初めてだし・・・」「何年も前に着たことこがあるだけで不安・・・」というゆかた初心者さん。不安をなくして浴衣でデ...

下駄をはいたがために、お出かけ先で歩けないくらいの痛みでつらかった!そんな思いをすると、お出かけがちっとも楽しくありませんね。下駄を初めてはくとき、何年ぶりかではくとき、経験しやすい「鼻緒ずれ」。浴衣には下駄がつきものです。忘れがちですが、...

「明日はお出かけルンルンるん〜」っと鼻歌交じりに浴衣をタンスから取り出した優香さん。ところが優香さんの顔が一瞬にして歪みました「臭いぃぃぃい!」きちんとお手入れししたはずなのに、浴衣からツンと鼻をつくにおいがしてきます。「防虫剤の入れすぎ?...

初夏5月下旬ともなると、浴衣の販売が始まります。まず目を引くのは「仕立てあがりの浴衣」でしょうか。今年の流行色やトレンドはどんな浴衣かしら?と興味がわきますね。「仕立てあがりの浴衣」はのよいところは、すぐに着用でき、お手頃価格であること、コ...

お気に入りの浴衣を見つけて ぴったりの帯も下駄も見つかりました。やっと浴衣デビューできるわ! と心がはずむものの、「でもこの組み合わせだけで何度もお出かけできるのかしら?」「これだけだと、ちょっとつまんないわね」と気になっていませんか?浴衣...

「粋で大人っぽく上品に浴衣を着こなすためには、どうしたらいいかしら?」そんな話題に、浴衣の達人の森荷葉(もりかよう)さんがアドバイスされていました。「なるほど〜」っと思うわず見入ってしまったので、その要点をまとめました。浴衣は若い女性の、イ...

日本の男性は、浴衣姿がとても似合います。ご夫婦・恋人同士での夏のお出かけは、カップルで浴衣を楽しんでくださいね。ここでは結びやすい「貝の口」と「浪人結び」を説明します。旦那様や彼氏に結んであげる方法で説明しています。上の写真は「浪人結び」で...

夏の男性の浴衣姿は、とっても素敵!いつもの旦那様(彼氏)と見違えるほど、魅力的になることでしょう。あなたが浴衣なら、ぜひ旦那様(彼氏)にも着せてあげてください。そして夏のイベントの一日を、二人でお楽しみくださいね。ここでは女性が男性に着付け...

浴衣姿の帯にプラスして、華やかでかわいらしい印象になる「プチ兵児帯」。試しやすいアレンジを5つ紹介します。帯を変えるよりもプチ兵児帯を変えただけで、浴衣姿の全体のイメージが変わってしまうほど、存在感がありますよね。近年はラメがはいったり金糸...

2016年の花火大会も、全国各地でほぼ例年通り開催されます。管理人の住む東海地方でも、何十万人もの人出でにぎわう花火大会があって毎年大盛況です。特に大規模に行われている東海エリアの花火大会といえば、「全国選抜長良川中日花火大会」でしょう。長...

「通販で浴衣を買いたいけど、お店がいっぱいありすぎてどこにしたらいいかわからない」「浴衣が欲しいけど通販で買うのってちょっと不安だしどう選ぶといいのかしら」となかなか購入できずに迷っていませんか?ここでは自分の好みを知って、予算にあった浴衣...

愛知県の北部にある犬山市では、浴衣イベントが盛りだくさんです!犬山は国宝犬山城で有名ですし、城下町も素敵な地域です。近くには「木曽川うかい」「明治村」などの観光名所も多いところです。浴衣姿で犬山へ行くと、お得なサービスがたくさんあって、20...

日本の夏には、さっぱりとした浴衣姿が似合います。湿気と高音で不快感を感じることもある夏ですが、開放的な気分で少しでも気持ちよく過ごしたいから、浴衣をまとっていたいという女性は多いはず。着る人が喜んで着られるような大人の浴衣は、伝統ある京都の...

浴衣を着こなすまでの指南番組「京都で磨くゆかた美人」、7月29日で最終回を迎えました。最終回の今回は、暑さをしのぐため昔から京都で用いられている知恵や工夫を教えていただきました。案内人は、着物アナリストの筒井富朗さんです。筒井さんは和服のお...

今放送されているNHK趣味Do楽で、火曜日に浴衣の選び方やアレンジ、お出かけマナーなど、これから浴衣を着て出かけるのに必要なことを、ぜーんぶ盛り込んだ楽しみな内容をやっています。これは2年前に「京都で磨くゆかた美人」という題で特集されていた...

「京都で磨くゆかた美人」の2回目は「すっきり見える浴衣の着付け」です。1回目で「大人カワイイ」浴衣と帯を選んだ夏川純さんが、すっきり見える浴衣着付けを習う場面です。案内役は、服部有樹子さん(着物学院副院長)です。着物とはちょっと違う、ゆかた...

京都で磨くゆかた美人の第3回は「TPO別マナー」です。案内人は、絹文化・和装研究家の北川幸(きたがわさち)さんです。北川さんは、絹の白生地資料館を運営されていらっしゃいます。洋服にはない着物だけの美しさは、見え方を知ることで際立つそうです。...

京都で磨くゆかた美人、今日は4回目を迎えました。自分に似合う浴衣と帯を選んで、すっきり見える着付けを学びTPOも学んだところです。今回は「帯結びのアレンジ」を学んで、いよいよ着なれた雰囲気もだせるようになるのでしょう。さっそく復習しながら感...

京都で磨くゆかた美人の5回目は、自分でできる浴衣のヘア&メイクです。教えてくださるのは、京都のヘアメイク・アーティスト・長岡耕二さんです。浴衣のときは洋服とは違う、浴衣に似合う髪型が女子力をさらにアップさせてくれます。自分でできる範囲で、髪...

今回の「京都で磨くゆかた美人」は、手作りの小物で人とは違ったおしゃれを演出する方法です。案内してくださるのは着物店主人のもりたもとこさんです。もりたさんは、京都の室町通りで育って、着物に長ーく親しんでいらっしゃるので、お知恵をたくさんお持ち...

今回はご主人や彼氏にも、浴衣を着て一緒に歩いてもらいたい人必見の男性浴衣の指南でした。案内してくださるのは、狂言師の茂山宗彦さんと花道家元の笹岡隆甫さん。お二人ともご職業がら浴衣に長くなじんでいらっしゃるなあとわかる、こなれたお姿です。生徒...



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する