浴衣が去年と同じでもワンアイテムプラスして楽しむ工夫!

浴衣の着回し術・ワンアイテムプラスして何度も着ましょう

お気に入りの浴衣だから今年も着るつもりなんだけど。。。

去年と同じだとちょっと気になる、そんなあなたに小さな工夫の提案です。

まずは小さなワンアイテムをプラス。

大人っぽく一歩前進するための、小さな工夫です。

スポンサーリンク


同じ浴衣を何度も着る、工夫のポイント

浴衣と帯と下駄が同じでも、 自分だけの小さな工夫を試してみてね。

まずハードルの低いものからお伝えしますね。

1)「うちわ」か「扇子」をプラスする

紺色の扇子

最初の提案は、「うちわ」か「扇子」を持ちましょう。

  • 花火大会や野球の観戦など⇒気取らないお出かけには「うちわ」
  • そのほか食事会や観劇など⇒狭い場所や気取りたいときは「扇子」

「うちわ」は帯の背にさしてね。

紺・水色系が清涼感があり、浴衣にピッタリです。

2)「帯飾り」「根付」をプラスする

帯周りのアクセサリーは、初心者の方も取り入れやすいのでおすすめです。

「帯飾り」や「根付」をつけるのが簡単です。

帯の内側に挿すだけかクリップではさむだけの簡単なものを。

いずれも夏らしく 爽やかなものを選んでプラスしてみてください。

3)衿飾りか足袋をプラスする

涼し気なレース素材を利用して、雰囲気を変えてみましょう。

レースの衿飾り・レースの足袋を利用して、今風のおしゃれを演出。

(※白い半襟・足袋にすると着物と同じ着方になるので、屋外の遊びには向きません)

4)帯結びを変える、帯締めをプラスする

浴衣の帯結び例 リバーシブルの浴衣帯

帯結びを変えると、印象がずいぶん変わります。

浴衣の帯結び リバーシブルの浴衣帯で前帯に変化をつける

◆リバーシブルの浴衣帯は前帯に変化をつけて

リバーシブルの帯なら、前帯の一部をめくって変化をさせるのがおすすめ。

また帯締めをプラスするのも、効果的に印象を変えられます。

帯締めのアレンジはこちらを参考にしてね⇒「浴衣でお出かけ・帯締めを飾って個性的に!アレンジ例をどうぞ

そのほかの工夫

帯結びを変えたうえに、帯周りの小物をさらにプラスすると、 一層雰囲気が変わります。

あるいは帯はそのままで、薄手の兵児帯をプラスするのも、見た目が大きく変わっていいですよ。

薄手の兵児帯(プチ兵児帯)をプラス⇒「プチ兵児帯のごく簡単なアレンジ5選♪浴衣姿をキュートに華やかに!

浴衣が去年と同じでもワンアイテムプラスして楽しむ工夫!おわりに

浴衣の着方は変わらないので、まずは小物を1~2個プラスしてみましょう。

髪型を変え髪飾りで変化をつけるのも、よいですね。

半幅帯だった人は兵児帯に変えると、雰囲気が大きく変わりますよ。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました