浴衣の着回し術・ワンアイテムプラスして何度も着ましょう
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣の着回し術・ワンアイテムプラスして何度も着ましょう

浴衣の着回し術・ワンアイテムプラスして何度も着ましょう

お気に入りの浴衣を見つけて ぴったりの帯も下駄も見つかりました。

 

やっと浴衣デビューできるわ! と心がはずむものの、

 

「でもこの組み合わせだけで何度もお出かけできるのかしら?」

 

「これだけだと、ちょっとつまんないわね」

 

と気になっていませんか?

 

浴衣だとどうしてもワンパターンになってしまいがちです。

 

このまま、あなたのお気に入りの浴衣を、花火大会だけの一回きりで終わらせてしまうなんてもったいない!

 

そんなときは、ワンアイテムをプラスして、着回ししてみてください。

 

それだけで、浴衣の別の表情を引き出すことができますよ。

 

着回しのントをお伝えしますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

浴衣の着回し着こなしに差をつけるポイント

 

たとえ浴衣と帯と下駄が同じだとしても、 着まわしや着こなしに差をつけることができます。

 

ハードルの低いものから伝えします。

 

 

シチュエーションを演出する小物をプラスする

 

お出かけ先の状況や目的にあった小物を 加えましょう。

 

ぴったりなのは、「扇子」と「うちわ」です。

 

扇子は帯にさして携帯します。

 

「うちわ」は帯の背にさしておけます。

 

扇子かうちわをプラスすると 視覚的な涼感が増して効果的です。

 

また黒っぽい小物にすると、 ちょっとフォーマルな感じも出せます。

 

色は重要で、 夏であっても季節感を演出できます。

 

たとえば、夏の始まりは爽やかなパステルやブルー、 夏本番は濃い藍色、 秋の訪れを感じる頃にはこっくりとした秋色、

 

という具合に変化を持たせるとよいですね。

 

 

「帯留め」「帯飾り」「根付」をプラスする

 

帯周りのアクセサリーは、初心者の方も取り入れやすいのでおすすめです。

 

「帯留め」「帯飾り」「根付」、 いずれも夏らしい、 爽やかな物を選んでプラスしてみてください。

 

 

半襟(長じゅばん)と足袋をプラスする

 

浴衣の着回し術・ワンアイテムプラスして何度も着ましょう、半襟と足袋を

 

浴衣を夏着物として着ることのできる、 ワンランクアップさせる アイテムが、半襟と足袋です。

 

半襟、足袋ともに、白でもよいですが、

 

若い方なら、涼し気なレース素材もいいですよ。

 

雰囲気がガラッと変わりますし、 着ていく場所も変わります

 

屋外の遊びではなく、 旅行や食事会なども十分に対応できます。

 

夏の外出の機会が増えるはずです。

 

(下駄ならカジュアル感が、写真のようにぞうりにすると上品な印象に)

 

 

帯結びを変える

 

帯結びを変えると、印象がずいぶん変わります。

 

ちょっとハードルが高いかもしれませんが、挑戦してみてはいかがでしょう。

 

半幅帯や浴衣帯なら、 新に帯結びをひとつ覚えてみましょう

 

帯結びを変えたうえに、帯周りの小物をさらにプラスすると、 一層雰囲気が変わります

 

薄手の兵児帯をプラスしてみるのも良いですね。

 

お出かけ用の夏着物として、半襟と足袋をつけた場合は、「お太鼓結び」をするようにします。

 

帯揚げや帯締めがプラスされることになりますが、浴衣のイメージを大きく変えて上品な装いになりますよ。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する