メンズ(男性)の帯結び「貝の口」「浪人結び」を紹介・結んであげる

男性浴衣着付け、浪人結びを結んだところ

メンズ(男性)の浴衣(着物)の帯結びのうち、

「貝の口」と「浪人結び」を紹介します

旦那様や彼氏に結んであげる方法で説明します。

(上の画像は「浪人結び」です)

着付けボディは、女性のボディを男性用に補正したものです、その点ご了承ください。

スポンサーリンク


メンズの「角帯」で「貝ノ口」を結ぶ

男性浴衣着付け、貝の口結び完成

◆貝ノ口結び

男性の角帯の結びの中でも、もっともポピュラーな帯結びの「貝ノ口」結びです。

浴衣にも普通の着物にも、よくする結びです。

「手」と「たれ」の長さを決める

男性浴衣着付け、貝の口結び手とたれの長さを決めたところ

「手先(巻き始め)」は半分に折ります。

「手」の長さを35センチとり、胴に二巻きします(細い人は三巻き)。

「たれ先」を30センチの長さにします。

余分は最後の巻きの内側にいれて、長さを調整します

「手」を下にしてひと結びする

男性浴衣着付け、貝の口結びひと結びしたところ

◆手を下にしてひと結び

胴に巻いたら、「手」と「たれ」をもって一度引き締めます。

その後「手」を下にしてひと結びします。

「たれ先」を下げて斜めに折りあげる

男性浴衣着付け、貝の口結びたれを折りあげたところ

◆たれ先を下げてから折りあげる

「たれ先」を下げてから斜め左上に折り上げます。

「手」を右上にあげて通す

男性浴衣着付け、貝の口結び完成

◆手を右上にあげて通す

そこに手先を右上に折り上げるように通して、引き締めます

形を整えて「貝ノ口」の出来上がりです。

結び目は背中の中心より、左右どちらかに少しずらした方が粋な雰囲気になります

メンズ浴衣帯角帯で「浪人結び」を結ぶ

次は「浪人結び」の結び方を紹介します。

男性浴衣着付け、浪人結び完成

◆浪人結び

「手」と「たれ」の長さを決める

男性浴衣着付け、浪人結び、手とたれの長さをきめる

「手先」は半分に折ります。

「手先」を35センチとって、胴に二巻きします(細い人は三巻きします)。

「たれ先」を25センチの長さにします。

余分は最後の巻きの内側にいれて、長さを調整します。

「手」を下にしてひと結びする

男性浴衣着付け、浪人結び、手を下にしてひと結び

◆手を下にしてひと結び

胴に巻いたら、「手」と「たれ」をもってしっかり引き締めます。

その後、「手」を下にしてひと結びします。

「たれ先」を折りさげ差し込む

男性浴衣着付け、浪人結び、たれを下げて胴に挟む

「たれ先」を折り下げて胴帯の一枚下に差し込みます。

「手先」を「たれ」の内側に通して完成

男性浴衣着付け、浪人結び、手先をたれに通して完成

その「たれ」の山の部分に「手先」を入れて、右上方に上げ引き締めます。

浪人結びの完成です。

<関連ページ紹介>

男性の帯結びには、「片ばさみ」という結びもあります。

これも難しくないのでお試しください。

先に浴衣の着付けを説明・紹介してから「片ばさみ」の説明をしています。⇒「メンズ(男性)の浴衣の着付けと帯結び「片ばさみ」を画像付きで説明

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました