男帯の種類・男性の兵児帯と角帯(着物用語)

男性の帯・紺色の角帯

男性の使う帯は、「兵児帯」と「角(かく)帯」があります。

兵児帯は普段のきもの用、

角帯は普段用~礼装用まで幅広く用いられます。

スポンサーリンク


兵児帯の由来

男性の帯・灰色の兵児帯

◆男性のへこおび

普段用に使う男性の兵児帯ですが、兵児(へこ)というのは、

薩摩の若い男性(15歳以上25歳以下の男子)を指す「兵児」からきています。

薩摩の若者が普段使いの帯として締めていたものです。

兵児帯の形状

兵児帯の形状は、

大幅(約74センチ)もしくは中幅(約50センチ)の縮緬地で、

部分絞りか総絞りが一般的です。

兵児帯の使い方

腰に2~3巻きして、しごいて結びます。

手軽に結べることから、明治以降広まり、

子どもの浴衣の帯にも、この兵児帯が用いられるようになっていきます。

角帯(かくおび)

男性の帯・灰色の角帯

◆男性の帯・両面使いの角帯

角帯も普段使いとて用いられるほか、

他のどの場面でも、角帯を使用します。

角帯の形状

角帯は最初から袋状に織られたものと、

二つに折って、仕立てるものがあります。

角帯の長さは4メートル前後、幅は10センチくらいです。

角帯の帯結び

胴に2~3巻きして、引き締めてからむすびます。

  • 「貝ノ口」
  • 「片ばさみ」
  • 「神田結び」
  • 「一文字」

が一般的な結び方です。

角帯の素材について

角帯には、博多織、綴織、紬、錦織などがあります。

両面使えるリバーシブルタイプもあります。

また夏物の着物には、帯も夏素材の、

絽、羅、麻、ぜんまい、紙糸織りなどを合わせます。

そのほか着物・和装の気になる用語、知りたいことはトップページの検索窓に文字を入れてみてください⇒「きもの物語」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました