「長板中形」の染色方法(藍染め)・着物用語
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「長板中形」の染色方法(藍染め)・着物用語

日本の風景・竹林

「長板中形」とは藍染の木綿浴衣地のこと

 

型染めする染色方法のひとつです。

 

中程度の大きさの柄の型紙を使いて藍染めしたことから「中形」ともよばれます。

 

江戸時代から伝わる伝統技法で、手作業で製作されます。

 

「江戸中形」「長板本染中形」ともいいます。

 

さらに詳しくお話します。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

長板中形の藍染め

 

「長板」とは、木綿の浴衣地を張り付ける、長さ約6.5メートル、巾45センチの張り板

 

「中型」とは、浴衣の柄の大きさのことです。

 

型友禅などの大きな柄よりも小さく、江戸小紋よりも大きい柄、つまり中くらいの柄が多いというのが由来であるといわれます。

 

 

「長板中形」の染め方

 

染め方は、長い板に白生地を張って、その上に型紙を置き、へらで防染糊を置いて乾かします。

 

その後裏からも表とぴったり重なるように糊を置き、一反ずつ手で染めます。

 

そして藍のかめに数度つけて乾かしてから、水洗いを繰り返します。

 

乾かしてから幅出しなどの整理を行い、反物として完成です。

 

 

贅沢禁止により木綿しか着られなくなる

 

江戸時代の将軍吉宗公の時代に、度重なる贅沢禁止令が出ます。

 

一般町民は絹のような贅沢なものを着てはいけない、

 

絞りのような手の込んだものを着てはならない、とされました。

 

一般の人は、「木綿を着ること、しかも色は藍」と決められました。

 

そのため「長板中形」は江戸庶民の湯上り着、夏の常用着である浴衣に用いられました。

 

 

藍だけのおしゃれを極めた染め

 

不満は大きかったものの、町民や職人は奮起します。

 

緻密な柄を反物の表と裏に同じ柄を染めて、権力者に粋な心意気で反発したのが、長板染めです。

 

 

技術的には武士の礼装である裃(かみしも)小紋より、はるかに難しい技術のものを、町人が着ていた時代でした。

 

ゆかたの長板染めの方法から、絹布に染める「江戸小紋」が生まれたともいわれています。

 

 

時代の変遷

 

明治末期には浴衣の大部分が化学染料を用いた注染中形(あるいは籠付け中形)の技法が用いられ、江戸中形の需要は減少。

 

昭和に入りさらにその傾向が強くなり、江戸中形は伝統技術として保護されるようになります。

 

昭和30年江戸時代からの伝統技法で染める長板中形の技術保持者として、松原定吉、清水幸太郎の両氏が重要無形文化財に指定され、その技術は今日までうけ継がれています。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。