藍染め「長板中型」の染色技法(着物用語)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

藍染め「長板中型」の染色技法(着物用語)

昔からある浴衣の染めの技法は、「藍染め」です。

 

糸を藍色に染めてから織る藍染の浴衣が多いですが、

 

江戸時代に「長板中型」という染色技法が発達します。

 

これは、中型の型紙を使いて藍染めしたことから「中型」ともよばれます。

 

スポンサーリンク

 

長板中型の藍染

 

「長板」とは、木綿の浴衣地を張り付ける、

 

長さ3間半(約6.5メートル)、巾1尺5寸、厚さ8分の張り板のことです。

 

「中型」とは、浴衣の柄の大きさのことです。

 

型友禅などの大きな柄よりも小さく、江戸小紋よりも大きい柄、

 

つまり中くらいの柄が多いというのが由来であるといわれます。

 

 

「長板中型」の染め方

 

染め方は、長い板に白生地を張って、その上に型紙を置き、

 

へらで防染糊を置いて乾かしたあと、

 

裏からも表とぴったり重なるように糊を置いて、

 

一反ずつ手で染めます。

 

 

藍染しか着てはいけない

 

江戸時代の将軍吉宗公の時代に、度重なる贅沢禁止令が出ます。

 

一般町民は絹のような贅沢なものを着てはいけない、

 

絞りのような手の込んだものを着てはならない、とされました。

 

一般の人は、「木綿を着ること、しかも色は藍」と決められました。

 

 

藍だけのおしゃれを極めた染め

 

不満は大きかったものの、町民や職人は奮起します。

 

緻密な柄を反物の表と裏に同じ柄を染めて、

 

権力者に粋な心意気で反発したのが、長板染めです。

 

 

技術的には武士の礼装である裃(かみしも)小紋より、

 

はるかに難しい技術のものを、町人が着ていた時代でした。

 

 

ゆかたの長板染めの方法から、

 

絹布に染める江戸小紋が生まれたともいわれています。

 

熟練した技術が必要な染色方法のため、

 

重要無形文化財に指定されています。



スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する