夏マスク・涼しげなおしゃれマスク/夏着物や浴衣に(透け感のある生地)

夏用マスク・夏着物にあうおしゃれマスク(透け感のある生地で)小顔に見えるマスク

夏用マスクを透け感のある生地で作ってみました。

きっと夏着物や浴衣に合うと思います。

使っている生地は洋服地ですが、夏着物の透けた生地を利用できればさらに雰囲気よくなるでしょう。

※見た目を重視して透けて涼しい感じの素材を使いました。

ウイルス感染の予防を目的にしてるわけではないので、その点はご理解ください。

「マスク着用」を条件にしているお店の利用はこれでもよいはずです。

スポンサーリンク


夏用マスク・夏着物や浴衣に

夏用マスク・夏着物にあうおしゃれマスク(透け感のある生地で)小顔に見えるマスク

◆透け感のある紺色生地の夏用マスク

涼し気な色と生地を選び夏向きのマスクに。

裏生地は「さらし木綿」を使用しています。

透ける夏マスクの作り方

作り方は「小顔にみせたい女性のためのマスク」と同じです。

このマスクは、あごのラインがとてもシャープに見えるので小顔にみせることができます。

小顔に魅せたいマスクについては⇒「小顔の女性用マスク!小顔にみせたい女性のためのマスク」

白いレース生地で作ったもので作り方を紹介します。

小顔に見えるマスクをつけたところ 横顔

◆出来上がり・横顔

小顔にみせたい女性のマスク、小顔の女性用マスク、レース白ワンポイント付き

◆白いレース生地で作った小顔にみせたい女性用マスク

夏用ということで、涼し気な生地を選びました。

<必要なもの・単位はセンチ>

  • 表生地:たて17.5横16.0を2枚
  • 裏生地:たて17.5横13.0を2枚
  • 耳ゴム

型紙を用意

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、型紙

◆小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、型紙

まずは型紙をおこしてくださいね。

1センチの縫い代が含まれています。

作り方・ステップ1・生地裁断

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、型紙を置いて切断

◆表生地に型紙を置く

中表にした表生地に型紙を置きます。

線にそって裁断します。

裏生地は耳ゴムの部分(3.0×7.5)をつけずに裁断します。

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、裏生地裁断の注意

◆裏生地裁断の注意

裏生地は裁断するとき、下(底)の直線部分を3ミリほど内側で裁断します。

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、表2枚裏2枚

◆表2枚裏2枚

表生地が2枚、裏生地が2枚できました。

作り方・ステップ2

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、中央縫い合わせる

◆中央縫い合わせる

表生地の中央を縫い代1.0センチで縫い合わせ、縫い代をわりアイロンをあてます。

裏生地も同じようにします。

作り方・ステップ3

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、表と裏生地合わせて上下縫う

◆表と裏生地合わせて上下縫う

表生地と裏生地を中表に合わせて、縫い代1センチで上下を縫います。

このとき上下を間違わないように気をつけてね

作り方・ステップ4・表に返す

表に返してアイロンをあてます。

アイロンをあてるとき、裏生地を少し控えるようにして形を整えます。

作り方・ステップ5

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク、耳ゴム通し部分を縫う

◆耳ゴム通し部分を縫う

最後に耳ゴム通し部分、三つ折りにして縫いとめます。

小顔用マスク・小顔にみせたい人用マスク 完成品白レレース

完成!

長くマスクを使っているとゴムが肌に刺激になるという人は、ストッキングの耳ゴムはおすすめ。

<ストッキング耳ゴムの作り方>

  • ストッキングを幅4~5センチで切る
  • たてに引っ張るとまとまる

小顔用マスク完成品

小顔にみせたい女性のマスク、小顔の女性用マスク、レース白ワンポイント付き

◆小顔用マスク完成品・夏向き

真っ白なので花飾りでワンポイントとしました。

夏用マスク・透けるマスクの注意点

夏用マスク・夏着物にあうおしゃれマスク(透け感のある生地で)小顔に見えるマスク

作るとき、生地が薄いことでミシン縫いができない場合があります。

その場合は手縫いで行ってくださいね。

また生地がすべりやすいので、表に返してから中央の線にそって、表と裏の生地を縫いとめると扱いやすいです。

夏マスク・涼しげなおしゃれマスク/夏着物や浴衣に(透け感のある生地)おわりに

見た目が涼しそうな、おしゃれな夏用マスクを考えている女性向き。

ウイルス感染を予防する目的のものではないので、その点ご了解ください。

「マスク着用」をうたっているお店などではこれで大丈夫と思います(あくまで私が思うだけです)

夏着物にゆかたに、もちろん洋服のときも涼し気な印象になりますよ。

レースの生地もおすすめです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました