「東(あずま)袋」の作り方・布一枚の基本形を/画像あり
スポンサーリンク

「東(あずま)袋」の作り方・布一枚の基本形を/画像あり

東袋(あずまぶくろ)木綿・本10冊いれておいてある様子

◆あずま袋に本数冊

 

東袋・あずまぶくろはとても便利で経済的な袋物です。

 

「風呂敷」が使われていた時代から、西洋のバッグの文化に移行するまでの間によく使われていました。

 

そのため風呂敷とバッグの両方の良さを兼ね備えています

 

<東袋(あづまぶくろ)の良いところ>

 

  • 持ち手を結ぶだけで入れ物の形が完成
  • マチをつければ収容量が増え、ショルダーにもなる
  • 布で作るのでかさばらず、たたんで収納できる
  • 長方形の布一枚と縫い糸があればできる

 

大きさや布の色柄を変えてそろえておくと、いろいろな場面で活躍してくれますよ。

 

では基本の東袋の作り方を、詳しく説明しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

東袋(あづまぶくろ)の作り方(基本形)

 

<用意するもの>

 

  • 長方形の布(木綿・ポリエステル)
  • ミシン
  • 糸切りばさみ
  • 定規
  • アイロン

 

東袋作成図

 

東袋(あずまぶくろ)製作図

◆東袋の制作図

 

必要な布は長方形の布だけ

 

図のように、横の長さが縦の3倍の長さになる布を用意します。

 

この例は、縦33センチ、横99センチの大きさの木綿の布です。

 

この大きさは着物の反物で作るのとほぼ同じ大きさになります。

 

 

具体的な作り方

 

1)周囲を三つ折りししつけを

 

東袋(あずまぶくろ)、周囲を三つ折りして縫う

◆周囲を三つ折り

 

生地のほつれを予防するため、周囲を三つ折りします。

 

三つ折りの幅は、7~8ミリがよいです。

 

アイロンをあてて折り目はきっちりと。

 

東袋(あずまぶくろ)、周囲を三つ折り、しつけ糸を

◆しつけ糸をする

 

三つ折りしたところを押さえるのに、しつけをかけます。

 

 

2)袋の形を整えて縫う

 

東袋(あずまぶくろ)、たたみ方説明

◆東袋 たたみ方説明

 

布を内側が表になるようにして、アとア´、イとイ´を重ねて縫います

 

その他の三つ折りのところをミシンで縫います。

 

(布のわになったところは縫いません)

 

 

3)縫い代を倒し表に返して完成

 

東袋(あずまぶくろ)、表にかえしてアイロンをあてる

◆表にかえしてアイロンあてる

 

縫い代をアイロンで倒して、表に返したらできあがりです。

 

全体にアイロンをあてて形を整えます。

 

完成!

 

このままでも十分ですが、「マチ」をつければ幅ができ収容しやすい東袋になります。

 

 

「マチ」をつけ収容量を増やした東袋にする方法

 

東袋(あずまぶくろ)、マチの付け方

◆マチのつけ方

 

マチのつけ方は、底の両端を同じ寸法だけ内側で仕切るように縫います。

 

ここでは5センチ内側にしました

 

マチをつけた東袋、内側の様子

◆マチをつけた内側

 

マチをつけた内側の様子はこんな風。

 

 

本が10冊入った

 

本10冊

◆本10冊

 

今作ったマチ付きの東袋、本の10冊程度なら入れて持ち運びができます。

 

 

本10冊をマチ付きの東袋にいれたところ

◆本10冊をいれる

 

本10冊を入れて、持ち手を結んで。

 

これくらいのものが、楽におさまります。

 

もちろん本10冊は重いです・・・持ち運ぶには重量ありすぎですが。

 

軽いものならかさばるものもOKです。

 

 

基本形の一例・反物で作る東袋

 

木綿黒格子柄の東袋マチなし

◆東袋 基本形 マチなし

 

基本形で作ったもう一例を紹介します。

 

木綿の反物で作った東袋(あづまぶくろ)です。

 

さきほどのものとほぼ同じサイズになります。

 

元が反物なので、長い辺の方は縫い代の始末(三つ折り縫い)をしなくてもよく、より簡単に作ることができます。

 

これはマチをつけていませんが、

 

木綿黒格子柄の東袋マチなしにジョギングシューズ水筒などをいれたところ

◆基本の東袋にシューズなど入れて

 

ジョギングシューズ、お手拭き、水筒を入れても十分な大きさです。

 

袋としての使いやすさは、これくらいがベストかなと思います。

 

 

大きく作れば収納力のある買い物袋に

 

縦横のサイズ比を同じにすれば、大きい東袋ができあがります。

 

丈夫で大きな布を利用すれば、スーパーでの買い物袋にも。

 

大きく作ると肩にかけることもできるので、軽いけどかさばるものを運ぶのにいいですよ。

 

 

「東(あずま)袋」の作り方・布一枚の基本形を/画像あり・まとめ

 

基本形にマチをつければ、収容量が増える。

 

素材は丈夫なもの、木綿またはポリエステルが適している。

 

反物サイズの幅で作ると、片手で持ち運ぶのにちょうどよい収納力。

 

お出かけにひとつ持っていると何かと重宝。

 

<関連ページ紹介>

 

着物の生地でリメイクした「袋もの」を、他にも紹介しています。

 

巾着袋⇒「巾着袋(着物生地からのリメイク)の基本の作り方・画像付きで簡単

 

小物入れ⇒「着物のリメイク・小物入れ四寸サイズ/ペンや扇子を 詳しい作り方


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。