着物のリメイク・ほどかず筒袖の割ぽう着(上っ張り)に・超カンタン

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)を着た管理人

着物をリメイクして、割ぽう着(上っ張り)にしました。

ほどかずにそのまま利用し、袖は「筒袖」で丈を短くしただけ

洋服の上に羽織る仕事着のようになります

部屋着としても、朝夕の涼しい時間帯にさっと羽織るのにもよいですよ。

ひざ上丈にしたので、チュニックとしても使えます。

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)を着た管理人

◆筒袖の上っ張りを着て椅子に

椅子に座ったときの様子です。

着物の上に着たいときは、袖口にゴムを通したこちらをどうぞ⇒「着物リメイク・ほどかず衿をいかして割烹着(上っ張り)に・(和洋兼用)

袖幅を長くして、ゴムを通したタイプを紹介しています。

では、リメイク方法です。

・・・といっても、これ簡単すぎてしかられるかも?

スポンサーリンク


難易度「やさしい!」超初心者向け着物リメイク

難易度的には「やさしい!」です

着物はほどきません。

そして直線断ちの直線縫い

<用意するもの>

  • 裏地のないウールまたは木綿の着物一枚
  • ものさし
  • 裁ちばさみ
  • ミシン
  • アイロン

「いしきあて」がついているものはそのままでOKです。

筒袖の割烹着(上っ張り)へのリメイク・やり方

では詳しく説明します。

1)筒袖にする

最初に「たもと」を切り離して「筒袖」にします。

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)に袖を裁断

◆そで下を切り離す

袖付の2センチ下で切り離します。

端のしまつをします(ジグザグミシンをかける)。

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)に袖の始末をした

◆縫い代をしまつ

縫い代1センチで縫い、割ってアイロンをあててたおし、縫い代を袖にとじ付けます。

端は少しだけ折り曲げておくとよいです。

2)裾を始末する

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)に裾を裁断した写真

◆裾を裁断

次は裾です。

肩山から90センチの出来上がりにするため、縫い代を4センチとってまっすぐに裁断します。

裾を三つ折りにしてしっかりアイロンをあて、端ミシンをかけます。

3)紐四本を作って留める

ひもは、切り離した布からとります。

今回は幅7センチ、長さ40センチに裁断してつくりました。

紐は最低でも、幅4.5センチ、長さ32センチで裁断した布から作ります。

またポケットがほしいときは、同じく切り離した布からとります。

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)に紐四本とポケット二個の布

◆ひもとポケットの布

左がひも四本分、右がポケット二ケ分です。

ひもの作り方

着物リメイク・筒袖の割烹着(上っ張り)に紐の縫い方と表に返した

◆端の処理をし、半分幅にして5ミリ内側を縫う

紐は端を裏に折って押さえミシンをし、半分幅にして5ミリはいったところにミシン(写真上)。

それを表に返します(写真下)。

そしてアイロンをあてます。

ひもの取り付け

紐の取り付け位置は、肩山から41センチの位置に取り付けました。

(私の身長は160センチ)

身長に合わせて、取り付け位置は調整してください。

ポケットが欲しかったので取り付けましたが、なくてもOKです。

取り付けたポケットの大きさは、出来上がりで縦20センチ横15センチの大きさです。

着物のリメイク・ほどかず筒袖の割ぽう着(上っ張り)に・超カンタン・終わりに

袖と丈を直線断ちして、紐を取り付けただけの着物リメイク。

服の上から羽織りやすく、家庭着・作業着として重宝する。

紹介した丈(90センチ)は、ひざ上まであってお腹や腰周りがかくれます。

これは着物の袖が納まらないので洋服向きです。

<関連ページ紹介>

和洋兼用には、袖幅を少し広くし袖口にゴムを通したこちらのリメイクをどうぞ。

 「着物リメイク・ほどかず衿をいかして割烹着(上っ張り)に(和洋兼用)」

紹介したものはウールの着物のリメイクです。

木綿の着物からでも同じように重宝します。

丈の長さはお好みで変更してくださいね。

(きらこ よしえ)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました