ヘッドホンカバーを自作する・作り方は簡単/代用品は和柄と着物で♪

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)赤い生地 桜柄

◆自作した木綿生地のヘッドホンカバー

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)を自作してみました。

ボロボロしてきたヘッドホンのカバーを好きな布でおおうだけなので、簡単です。

生地は長時間つけていても「蒸れない」ものがよいですよね。

ということで、シルク(絹)木綿の生地を使ってます。

スポンサーリンク

自作したヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)和柄 三種類

◆ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)和柄 三種類

まずは自作したヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)を紹介。

  1. 赤いイヤーパッドカバー:小さい桜の柄・木綿
  2. 黒いイヤーパッドカバー:細い赤い線入り・絹(シルク)
  3. 青いイヤーパッドカバー:和柄・木綿

1)赤いイヤーパッドカバー

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)赤い生地 小桜模様

◆自作したヘッドホンカバー 赤い喪ねん生地

生地は木綿で吸湿性・通気性がよい生地です。

2)黒いイヤーパッドカバー

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)黒い生地 絹シルク 着物生地

◆ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)黒い絹シルク

これは細い赤線が入った黒い絹(シルク)生地から作りました(着物生地からのリメイク)。

シルクなので吸湿性・通気性ともバツグン。

そして肌触りも気持ちいい。

3)青いイヤーパッドカバー

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)青い生地 和柄

◆ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)青い生地 木綿

こちらの和柄は、浴衣などに使う凹凸のある木綿の生地です。

さらっとした肌ざわりなので、汗かきさんによいと思います。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)和柄 三種類 自作完成

◆自作した三種類のイヤーパッドカバー

こんな感じでできあがるので、気に入ったら作ってみてね。

作り方はとっても簡単です♪

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)作り方

用意するもの

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 用意するもの

◆用意するもの

  • 生地(12センチ×36センチ)を二枚
  • 針・縫い糸・糸切ばさみ
  • ものさし・メジャー
  • アイロン

先に紹介した絹(シルク)の生地で説明しますね。

表が黒で、裏が赤色です。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)作り方・手順

1)生地を切り端を始末

たて12センチ×よこ36センチの長方形に切ります。

そして中表(なかおもて・内側を表にする)に合わせて、たてを縫い代1センチで縫い、端をしまつします。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 作り方説明

◆中表にして端を縫いしまつしたところ

縫い代はどちらかにたおしてアイロンをあてておく。

2)横方向三つ折り

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 作り方説明三つ折りしたところ

◆三つ折りし、しつけ糸をかけたところ

横方向は、上下とも三つ折りにしてゴム通しするところを作ります。

三つ折りは5ミリ折ってから、1.3センチほど折ります。

折り目にアイロンをあてます。

絹(シルク)なので折り目がつきづらいため、しつけ糸をかけています。

3)三つ折りの端を縫う

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 作り方説明三つ折りの端をぬう

◆三つ折りの端をぬう

三つ折りした端の方を縫います。

(上の写真は上が裏側、下が表側)

そのとき1.5センチほどあけておきます(ゴム通しのため)。

4)ゴムを通す

ゴムの長さは、イヤーパッドの外周と内周の長さと同じにします。

イヤーパッドの外周と内周をメジャーではかり、そのサイズでゴムを用意します。

ゴム幅は5~6ミリのものがよいと思います。

私は上の写真のように、5ミリ幅(6コール)のゴムを使用しています。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 作り方説明 ゴムのつなぎ目処置

◆ゴムのつなぎ目処置

ゴムのつなぎ目は1センチ重ねて糸で縫いとめます。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 絹シルク 着物生地からリメイク完成品

◆ヘッドホンカバー完成

5)蒸れない!イヤーパッドカバー完成

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 絹シルク 着物生地からリメイク完成品

◆イヤーパッドカバー自作 完成品

いかがでしたか?

とっても簡単にできましたね。

ヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)自作 絹シルク 着物生地からリメイク完成品

このヘッドホンは普通のタイプだと思います。

イヤーパッドの外周は23センチ・内周は16センチでした。

あなたのヘッドホンの目安にしてくださいね。

ヘッドホンカバーを自作する・作り方は簡単/代用品は和柄と着物で♪まとめ

好きな色柄の生地で作れば、気分によって取り替えでき、傷みもすくない。

布は木綿と絹がおすすめですが、肌にふれる面積は少ないのであるものでどうぞ。

今紹介したものは、いずれも息子が気に入ってつかってくれています(20代)。

当初は本人、既製品を選んでいたのですが、「布でもけっこういいじゃん」という感じです。

ちなみに例として作り方を紹介した生地は、着物用コートの生地です。

耳への感触、とってもいいですよ。

(きらこ よしえ)

<関連ページ紹介>

◆発表会の髪飾り(リボン)の作り方・絹シルクで手作り白リボン

発表会の髪飾り(リボン)の作り方・絹シルクで手作り白リボン
発表会の髪飾り(リボン)を手作りしてプレゼントしました。 ピアノの発表会のドレスに、白いリボンがぴったりでした。 光沢のある絹(シルク)の生地を利用。 とても着物生地のリサイクルとは思えない見栄えです(自画自賛^^...

◆鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方・着物生地からのリメイク

鼻緒キーパー(ぞうりキーパー)の作り方・着物生地からのリメイク
鼻緒の型崩れ予防に、旅行などに草履を持ち運ぶのにも都合のよい「鼻緒キーパー」を作ってみました。色無地の着物生地を利用してのリメイクです。アクセントに同じ生地でくるみボタンをつけました。では材料・作り方をどうぞ。鼻緒キーパー(ぞう...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました